2017年 4月 の投稿一覧

毎日の工夫が大切!我が家で日常的にやっている節約方法

1、ポイントを貯めて嗜好品にはお金をかけない

お菓子が好きでよく食べてしまいます。

しかし、それではかなりの出費になってしまいます。

そこでお菓子を自分で買う時はポイントを使用する様にしています。

ポイントは色んなポイントを貯めています。楽天スーパーポイントは毎日こつこつアンケートに答えたり、アプリを用いて月に800ポイント程稼いでいます。

ポンタのポイントは東京電力に申し込み、その使用料金に応じてポイントが受け取れる様にしています。

月に寄りますが30ポイント位になります。

他にもホームページ内のゲームをしては一日数ポイント、月に80ポイント位貯めています。

ポンタポイントは1ポイント1円で使用できますが、私はローソンのお試し引換券でしか使用しません。

その方が1ポイント3円位の価値になるからです。

出来るだけお菓子食べる時はただで手に入れらる様にしています。

他には仕事場の休憩室にあるお菓子もよく頂きます。

よくお菓子を持ってきてくれる人がいます。

その方はお坊さんをしているので檀家さんから時期になるとかなりのお供えを頂きます。当然ですが、家族では食べきれないので持ってきてくれます。

他のスタッフも食べますが、量が多いので余ります。

私が無類のお菓子好きだと言う事を知っているので最終残ったら私に譲ってくれます。

かなり高級なお菓子等も多いので喜んで頂いています。

これでお菓子代を節約しています。

2、他の家庭の公共料金もまとめて払ってクレジットのポイントを貯める

クレジットカードのポイントを貯めています。

そのポイントを効率的に貯める目的で我が家だけでは無く他の家庭の公共料金も一旦私が立て替えています。

その後その家には請求金額分を頂いています。

我が家の他に2軒、計3軒分の公共料金をクレジットカードで支払っています。

合わせると月に10万円近くになります。

10万円分だと月に1000円分の価値のポイントが付きます。

その分は私が頂いています。

ポイントは貯めて商品券にしたり、楽天スーパーポイントに換えて必要な物を購入するようにしています。

ポイントだからと言って無駄な物を買わない様に努めています。

3、徹底した節約で我が家の電気代は一年中3000円

我が家ではあまり電気を点けません。

一年を通して電気代は3000円程度です。

子ども二人の4人家族です。

冬も夏もエアコンはよっぽどでないと使用しません。

冬はそれでは寒いので服を沢山着ます。

子どもももこもこになって動き辛そうです。服は上も下も3.4枚着ています。

靴下も2枚はいています。

こたつもありますが、ほぼ使用していません。

家族皆基本的には同じ部屋にいるので電気も一か所の分しか使いません。

お風呂に入る時には家族全員で移動します。

その間は他の部屋は真っ暗にしています。

冷蔵庫の中もほぼ何も入っていません。

ご飯は飲食店を経営している主人が作ります。

店で作ってくるので冷蔵庫の中には常に何か食材を入れておく必要が無いからです。

ついでにいいますと、料理をあまり自宅でしないのでガス代もかなり安いです。

代わりに冷凍庫には比較的物は入っています。

冷蔵庫に何も入っていないので開閉も少なくて済みます。

夏場もほぼ冷房は使用しません。

平日昼間は仕事、保育所に行くので点けている必要はありません。

休みの日にはほぼ毎日庭でプールをします。

それで涼んでいます。

大人は水を浴びて体を冷やしています。

夏場はアイスなどが入っていたり冷たいお茶を飲む為に冷蔵庫の開閉は増えます。

それを阻止する為にお茶は魔法瓶に入れて外に出しています。

その水筒から飲む事で冷蔵庫の開閉を減らしています。

4、友達と節約・お得情報を共有!

友達とは主人の悪口を言うのではなくお得情報の共有をしています。

お得に過ごせる情報を入手したら連絡をします。

お互いに情報を交換する事で自分の知らない情報を手に入れる事が出来ます。

一緒にモニターに参加して企業の商品を頂いたり、商店街で行われるイベントや地域のフリマの情報を教えたり教えてもらったります。

又一緒に参加して楽しんでいます。

自分一人で色んな事を知るのには限りがありますが、色んな人のツテを借りると沢山の情報が入ります。

基本的にそんな話をするのが好きな人と一緒につるんでいます。

旦那の悪口を言っても何も生産しませんが、お得な情報を入れ合う仲なら貴重な時間を過ごす事が出来るからです。

地域の広報誌なども目を通します。

昔は全く興味ありませんでしたが、節約に目覚めてからは興味深い情報が沢山載っています。

特に子どもと参加する事の出来るイベント等があればチェックしています。

子どもとの遊び場所はお金を払えば沢山ありますが、お金を掛けずに子どもに色んな事を学んでもらったり思い出になる様な事をするのも大事だと思っています。

その様な情報が載っているのが地域の広報誌です。

その地域の情報ですのでまず、交通費がそんなにかかりません。

可能な範囲で自転車で行きます。

地域が主催でしているので安い場合が殆どです。

良い情報は沢山載っています。

又、最終手段は図書館です。本から色んな事が学べるし、新たな趣味を見付ける事もできます。

何と行っても無料なのがいいです。

本によってかコアな新刊も取りよせで読む事が出来ます。

買うかどうか迷う様な本は特に図書館で取りよせ予約をすれば読む事が出来ます。

本代を浮かす事が出来ます。

フリマの活用、固定費見直しやアンケート回答!お得な情報で節約生活!

すぐに着られなくなる子供服は頂き物か中古

子どもの服は知り合いからの頂き物が殆どです。

たまに新品もありますが、それは祖父母が孫可愛さに購入した服のみです。

私の友達、主人の友達はほぼ子育てがひと段落した人が多いので、私の子どもに丁度いいのです。

数人の友達がシーズンごとに数着ずつくれるのであっという間に沢山の服になります。

子どもは直ぐに成長するのであっという間に着られなくなります。

その為、ワンシーズンだけの服も多くかなり助かっています。

自分で購入する服保育所の制服位です。

本当は制服も中古でいいので安く手に入れたかったのですが、まだ新しい保育所だったので卒園している園児がいなかったので譲ってもらう事は出来ませんでした。

それでも、指定の制服の中のYシャツは個人で購入しました。

保育所指定のYシャツだと一着1200円しましたが、同じデザインのYシャツを探してきて450円で済みました。

買う服はフリマサイト若しくはフリマで探す

どうしても購入しないといけない物や欲しい物もあります。

その服は殆ど中古で購入します。フリマアプリのメルカリやラクマ、フリル、ジモティーを愛用しています。

そこで欲しい物、必要な物を購入しています。

なかなか仕事が忙しく買いに行く事も出来ませんが、郵送をしてもらえるのでかなり助かっています。

中には新品の物を誤って購入してしまったと言う人もいます。その様な商品を積極的に探しています。

又、私の服もこのアプリかフリマを使って購入しています。

好きなブランド服も安く購入出来るので沢山買っています。

子どもの服もブランドの物を購入しますが、中古の方が子どもに服を汚すなと言わずに着せる事が出来ます。

子どもは走り回って、沢山食べ物をこぼして大きくなります。

大金を出して買ったブランドの服だと冷や冷やしてしまいますが、中古を安く買った場合は全く何も感じずに着せる事が出来ます。

元手はタダ?!不要になった物は売る!

子ども服で着られなくなった物は売っています。

タダで頂いた物を売っていますので儲けしかありません。

元々元手が無料ですので、かなり安く売っています。

購入する人にも安く売ってもらえ感謝されます。

服をくれる友達にも紹介しましたが、その子はその様に商品を発送するのが手間なので使った後は売ってくれても何してもいいと言ってくれています。

寛容な友達に感謝しています。

又、服だけではなく家の中の不要な物は売っています。

家の中がすっきりするし、それがお金になるのでいいシステムだと思っています。

私の着無くなった服や読まなくなった本、履かない靴や使わない鞄、化粧品など色んな物を売りました。

捨てるには忍びないですが、売ってしまえば心おきなく手放す事が出来ます。

TVを見ながらアンケート回答でポイントを稼ぐ!

ポイントも積極的に集めています。

TVを見ている時には必ずパソコンを開いています。

耳はTVを聞きながら目でパソコンを見ながらアンケートに答えたりゲームをしたりしています。

そのお陰でポイントが入ってきます。

そのポイントを使用してローソンやダイコクでお菓子を購入しています。

ただで食べられるお菓子はかなり美味しいし普段食べない様な物も購入しようかと思います。

お菓子等の嗜好品は出来るだけポイントを消化して購入する事にしています。

電気、ガスの自由化の情報を見逃すな!固定費はこまめに見直しを!

今年から始まるガスの自由化、昨年から始まっている電気の自由化を改めて検討しています。

今の公共料金が安いのか、高いのか、もっと他に安くなる方法はないのかと言うのをチェックしています。

電気代は昨年、電気会社を変えて多い月には5000円も安くなりました。

今後ガスと電気の同時契約でもっと安くなるかもしれません。その様な情報に目を光らせる必要があります。

インターネット料金の契約を変更して月2,000円節約!

マンションで住んでいます。今までマンションのインターネットは個人が契約する形式を取っていました。

しかし、この度一社に絞って一括で契約できるようになりました。

その様な情報をくれたのは管理会社でした。

変えてもいいし変えなくてもいいと言われました。

解約して変える時には解約料7000円と3000円の事務手数料がかかります。少し大きな出費になります。

しかし、変更後は毎月のインターネット代が2000円安くなります。

少し手間はかかりますが、長い目で見るとかなり安くなるのは直ぐに分かります。

少しの手間で安くなるなら積極的に固定費を見直しています。

通信費はソフトバンクから格安スマホに変更して通信費大幅ダウン!

今までソフトバンクで契約していました。

毎月スマホ代は8000円になっていました。それに合わせてインターネットも敷いていたのでかなりの通信費になっていました。

月に8000円払う程使いこなしてもいないと思い、格安スマホに変更しました。

少しの抵抗はありましたが、実際使ってみると格安スマホで十分です。

Eメールアドレスは無くなりましたが、今の時代Eメールをしている人は殆どいません。

ラインがあるので問題無く使用出来ています。

これで通信費は月に1500円以下になりました。

趣味の株で株主優待をゲット!

好きな事は株です。株主優待が貰えるからです。

NISA枠で購入出来る所をチェックながら優待が届くのを毎月楽しみにしています。

これからもお得な情報を仕入れながら生活をよりよくしていきます。

カバンの中にはいつも「Bic オレンジ」ボールペン!その魅力とは?

私にとっての唯一無二のボールペンBicの「オレンジ」

鮮やかなオレンジ色のボディに、青・赤・黒のキャップ、Bicのロゴマークの刻印が映える、唯一無二のボールペン「オレンジ」。

学生時代、シンプルながら洗練された雰囲気を持つこのボールペンに私は出会い、すっかり魅了され、以後長年愛着を持ち続けてきました。

もちろん他のボールペンも使ってみたりするのですが、最終的にはまたオレンジに戻ってきます。

カバンの中にはいつもBicオレンジ。

オレンジを持っていると、なんだかうきうきした気持ちにさえなります。

その魅力はいったいどこにあるのでしょうか。

時代を超えて愛されるボールペン、六角形オレンジの外観

特徴的なオレンジ色のボディに、六角形のフォルム。

どこか鉛筆にも似た、レトロな懐かしさとセンスの良さが光る

フランスの世界的筆記具ブランド、Bicの「オレンジ」。

意識はせずとも、誰でも一度は目にしたことがあるボールペンではないでしょうか。

長年愛され続けるBicオレンジが誕生したのは、なんと1961年。

フランスの世界的ポスター画家、レイモン・サヴィニャックがデザインしたブランドキャラクター「ビックボーイ」と共に、半世紀以上の長きにわたり、世界中で愛されてきました。

このBicオレンジの根強い人気の理由は、まず第一に、この愛らしい、飽きのこない見た目にあると言えます。

世の中には数多、便利で高性能なボールペンが存在しますが、このキャップ式の、レトロでクラシックなオレンジに、私は他には無い魅力を感じてしまいます。

キャップを付けたり外したり…少々の不便さまで含めて、オレンジの持つ佇まい全体が、美しく、愛らしいと思うのです。

実際、オレンジは2010年に「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」まで受賞している実績の持ち主。

文房具の世界にも、流行廃れはつきもののようですが、そんなものはおかまいなく、変わらぬ姿であり続けるBicオレンジは、ライバルがひしめく文房具の世界で、キラリと独自の光を放ち続ける存在と言えるのではないでしょうか。

見た目だけじゃない実用性がある「オレンジ」のなめらかな書き心地。

クラシックでレトロな外観からすると、書き心地などあまり期待できないのでは…

と思いきや、Bicオレンジの書き味は驚くほどなめらかです。

日本語の文字の書き順は、左から右に向かって書くのが基本。

筆者を含め、左利きの人にとっては、紙に逆らうように書くことになるため、ボールペンによってはインクが出ずにかすれてしまったり、ペン先のつっかかりが非常に気になるものなのですが、Bicオレンジは違います。

油性ボールペンでありながら、「イージーグライドインキ」を採用することで、書くというよりただ滑らせているような、スムースな書き心地を実現させているのです。

たとえ、表面がぼこぼことした凹凸のあるような紙の上でも、Bicオレンジで書けば、左利きの私でもつっかかることなく、さらさらっとなめらかに書けてしまうから不思議です。

一度味わうとクセになる書き心地です。

速記によし、絵を描くにもよし、本当に万能なボールペンなのです。

「オレンジ」のもつやわらかな文字の風合いがいい!

Bicオレンジのペン先は、1mm&0.7mmと、ちょっと太め。

そのため、インクの優しい色味と相まって、書いた文字がやわらかくて温かみのある印象に仕上がることも、お気に入りの理由のひとつです。

実用的な極細のペンが重宝がられている時代に、この太めのやわらかい風合いの文字が、逆にちょっとおしゃれだと思うのは私だけでしょうか。

Bic「オレンジ」のコストパフォーマンスの高さ。

ひとくくりにボールペンといっても、とびきり高級なものから安価なものまで、価格は様々です。

その中で、値段が高いものを買えば、質の良いボールペンが手に入るというのは、言うなれば当然のこと。

Bicオレンジは1本80円(税抜)という、なんともリーズナブルな価格で、デザイン性と実用性の両方を実現している、驚くべきコストパフォーマンスの高さが大きな魅力です。

誰でも手にしやすい良心的な価格で、質の良いボールペンを提供する、という変わらぬ理念を貫き続けていることが、Bicという筆記具ブランドが

今も世界中で広く認められている所以ではないでしょうか。

定番として長く愛されているのも納得の「オレンジ」のバランスの良さ

ここまでBicオレンジの素晴らしさを紹介してきましたが、

もちろんオレンジ以上に実用性が高く、書き味の素晴らしいボールペンや、デザイン性が高く、高級感溢れるボールペンは、巷に数多く存在するでしょう。

しかし、オレンジのような「デザイン性」と「書き味の良さ」、「誰でも手にしやすい良心的な価格」の見事なバランスを実現させているボールペンは、実はそう多くありません。

本当に良いと認められたものは、最先端の流行などとは関係なく、定番として人々に長年愛用され続けるもの。

Bicオレンジはまさに、世界中のボールペンの長年の定番です。

「Bicオレンジ」の魅力、お分かりいただけたでしょうか。

キャップを被ったオレンジ色のボールペンを見かけたら、ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

貯金が苦手な人でも実践できる!かんたん節約術

節約は日常での積み重ねが大事!

日常でできる小さな小さな節約ですが、積み重なった時の喜びは大きいものです。

私が日々、実践している節約術はこんな感じです。

1、電化製品を省エネ商品に買い換え&使い方を変える

以前は、家にある電化製品はどれも必ず、完全に壊れ切るまで使っていました。

エアコンや冷蔵庫など、昔の電化製品ほど意外に丈夫でなかなか壊れたりしません。

しかし古い製品は、ここ最近のものと比較すると、省エネ設計になっていないものがほとんどです。

そこで2~3年前、冷蔵庫、エアコン、掃除機、テレビ、トースターなど、思い切って同時に買い替えをしました。

結構な出費で痛かったのですが、結果的に、その後の電気代はかなり節約できています。

そこでもうワンランク節約しようと、電化製品そのものの使用頻度を最低限に抑えることにしました。

例えば、

・冷蔵庫は、設定温度を「強」にしない。冬はもちろん、夏でも「中」におさえる。

・掃除機は、来客を迎える時以外は使わない。基本、使うのは、ほうき&ぞうきん。

そのおかげで掃除する回数も増えて、実はこれで2キロ体重が減りました。

・今まで持っていなかった食器乾燥機を購入する。

以前は水道を流しっぱなしで洗っていたのが、乾燥器を使うことで水道代も安くなりました。

まとめて洗えるのもとても便利で、時間の節約にもなっています。

2、手当たり次第に入っていた保険を見直して不要なものを止める

私は以前、自分の老後が心配でたまらず、手当たり次第に保険に加入していました。

それも深く考えず、友人・知人に言われるままとか、会社の上司に勧められてとか、改めてパンフレットを見直してみると、かなり無駄な掛け方をしていたようです。

そこで、自分に本当に必要な保障は何かを再考し、保険もダイエットすることにしました。

・けがの保障や死亡保障から、見直ししてみる。

子どもがいないので、死亡保障を必要以上に高額設定する意味はないようです。

・社会保険でフォローできる場合があるかをチェックする。

けがによっては、社会保険でまかなえるものもあるようです。

重要度の低いものをカットすることで、私の場合は年間2~3万円の差が出ました。

3、給料日前のお助けレシピは、トースト三昧

給料日前で苦しい時、私はたいてい1日のうち2食をトーストで過ごします。

レシピというほどのものではなく、とりあえず何でもトーストしてしまうのです。

残り物おかず、野菜、フルーツなど、なんでもかんでものせちゃいます。

丼にするのもグッドですが、トーストの方がトッピングのバラエティは広いかも。

チーズをたっぷりのせてトースターでこんがり焼くだけで、たいていのものは美味しくなってしまうのがスゴイところです。

私がお気に入りの、リピート率が高いレシピはこんな感じです。

・キャベツの千切り + バジルソース + とろけるチーズ

さくさくキャベツをたっぷりのせれば、歯ごたえ最高で美味しいです。

バジルがない時は、マヨネーズでもケチャップでもOKです。

・納豆 + おしんこ + とろけるチーズ

人気の納豆トーストに、おしんこのパリパリ感が加わってクセになる味です。

・残り物野菜 + ゆで卵スライス + マヨネーズ + とろけるチーズ

野菜は何でも、冷蔵庫の残りもので。ゆで卵とチーズを加えるとまろやかに。

・水菜 + うす揚げ + とろけるチーズ

しゃきしゃき水菜に、炒めた細切りうす揚げをのせてチーズをちらします。

水菜に塩をかけると味がしまって、美味しい和風トーストになります。

うす揚げは、できるだけカリカリに炒めると歯ごたえがよくなりますよ。

4、旅行はシーズンオフに行くと決める

私は旅行が大好きですが、悲しいかな旅行は節約生活には大敵の、もっとも大きな出費です。

でも、日頃のストレスを発散するには、やっぱり旅行は欠かせません。

もちろん、金銭的にも時間的にも、1年に行く回数は限られていますし、せっかく行くのに旅行内容をギリギリに抑えるのもつらいです。

そこで私は、行くならシーズンオフという1点節約にしぼることにし、あとは、できるレベルでなるべく贅沢な旅行をすることにしています。

そのためにするのは次のことです。

・ネットの予約サイトを利用する

旅行代理店より安いのはもちろんのこと、ネット限定のお得なプランも結構あります。

・旅行代金はクレジットカードで払う

旅行予約を早めにするだけで早割の特典が得られるのはもちろんのことですが、旅行代金をクレジットカードで払うことも、なかなかの節約につながります。

ポイントがつくことに加え、カードによっては旅行傷害保険がプラスされています。

サービスはカード会社によって違うので、調べておくと節約につながります。

・旅先のクーポンを事前にゲットする

ネットで、行く先のお店やサービスのクーポンをゲットしておきます。

あらかじめ行く場所やお店を決めておくと、計画的な旅行プランも立てられます。

5、ベランダ菜園で家計の助けに

友人がベランダ菜園にハマっていて、私も真似してみました。

やってみるとこれが意外に楽しくて、食費の節約にもなるのでおすすめです。

全くの初心者ですので、簡単にできる野菜から始めています。

毎日、ぐんぐん育っていく野菜を見るのって、かなり感動しますよ。

私のようなビギナーでも、手軽にできたのがこれです。

・きゅうり

プランターに苗を植えるだけ。つるが伸びる方向をうまく誘導するのがポイントです。

花が咲いてから2週間もすれば収穫できます。スーパーで買うより味が濃くて美味しいです。

・トマト

リコピンが豊富なトマト。サラダやパスタソースに使っています。

大きなトマトの苗でも、200円以内で買えると思います。早朝に収穫すると栄養分が多いそうです。

初心者でも、十分にまるまる大きいトマトができます。とってもジューシーで美味しいですよ。

生涯挑戦!海釣り、海キャンプ、FX三つの挑戦から得た物

多趣味な人生でハマっている最近の3つの趣味

私の趣味は多趣味で色々ありますが、その中でも最近ハマっている3つの趣味をご紹介します!!!

1.90cmのシーバスを釣り上げて海釣りにハマる!

1の海で釣りはとてもわくわくドキドキの遊びです(笑)

なぜなら何が釣れるかわからないからです。

初心者の頃はマグロを釣ろうと本気で思っていて釣竿とリールとライフジャケットを約10万円(奮発しました!)で買い揃え海に行ったものです。

しかし、マグロは陸から釣る事はほぼ不可能だと知りガックリしていました。

3回ぐらい釣りで初めての魚を釣ったのは今でも昨日のように覚えてます。

あ~根がかり(針が引っかかること)かと思った瞬間・・・釣竿から伝わる振動、リールから出る糸の速さ、撓る釣竿、キター!!

魚が頭を振って必死で逃げようとする行動が釣竿からよく伝わってきて無我夢中でリールを巻いたものです。

人生初めて釣った魚はなんと90cmにもなるシーバス(スズキ)でした。

釣った時は足もガクガクで本当に忘れない10分間になりまいした。

釣った魚は知り合いの板前さんに捌いてもらって食べたのですが、その時の味は世の中にこんな旨い魚があるのか!と思ったほどの味でした。

こうやって私は海での釣りにハマってしまったのでした。

2.大学時代に学校にも行かずに6ヶ月キャンプ生活!

このキャンプは海でのキャンプです。

大学時代からキャンプが好きで、大学入学して6ヶ月間一度も大学に行かず海でソロキャンプをしていた親不孝ものです(笑)。

6ヶ月の間はテント、寝袋、シュノーケル、フィンを持参してキャンプをしていたのですが海での一番の魅力はやっぱり夕日だと思います。

なにも考えなくてもいい時間。。。

あたり一面がオレンジ色になり、いいリズムで音を奏でる波の音、裸足で波打ち際を歩きながらただひたすらもくもくと歩いて疲れたら座ってを繰り返す本当に幸せな時間です。

海でのキャンプはこれだけではないのです。

出会いがあるからまた面白いのです!

海で知り合う漁師さんは本当にやさしい!

なぜかというと食べ物をくれるからです!

今までで一番うれしかった食べ物ははカキ!

これは本当においしかったです。

カキにバーターをいれてバーベキュウコンロで焼いた時のカキの香りは本当に食欲をそそります!味も天下一品!!

新鮮なカキなので何個も何個もぺロリと食べ見事30個食べたのはいい思い出です。

あと海の星空もいいですね、何万個という星を見ながら眠りにつくのは贅沢の一言!

海での流れ星などは何回も見ることができるんですよ!

大学時代にこんな贅沢な6ヶ月を過ごしてキャンプにハマったのですがごみがあちらこちらに散らかっていて本当に海が好きな私にとって残念な気持ちでした。

キャンプの心得としては自分で出したごみは必ず持ち帰るのがルールです!

一時期よりはごみの数は減ったと思いすがルールを守って楽しんでもらいたいですね。

3.FXで最初は10万円の損!勉強してやり直した2ヶ月後に巻き返す!

アウトドアの話からいきなり資産運用の話になりますが、FXは友人から面白いからやってみなといわれて興味本位で最初は始めました。

何も知らずに売買を繰り返し、たった1カ月で運用資金で用意した10万円を溶かしました・・・。

これじゃダメだと思いFXの参考書を3冊買い勉強したところ、なんと1ヶ月後には最初に溶かした10万円が利益として戻ってきました。

2ヶ月後には40万円の利益、3ヶ月後には90万円の利益になりました!

もうウハウハです。なにに一番気をつけて売買をしたかというと基本中の基本、損ぎりです。

人間の心理では絶対損失を出したくないという心理が働くみたいですが、大きな損失になっているのに決断が遅いせいで最初の損失よりも何倍もの損失になってしまう事が多々あります。

人間って本当に欲深いですね・・・(笑)。

私は自分なりのルールを決め、売買をすることで利益がでたのではないかなと思います。

ただ呆然として売買をしていては利益ってでないものだなと沸々と感じております。

あとFXには賞金がでる大会がありこれにも出場していますこれは参加費無料で参加ができることが最大のメリットただで稼ぐ事ができるんです!

実はこの大会で得た賞金はもう5万円ぐらいになってまさにウハウハ!

もしリスクゼロでFXをやってみたい人には大会を開催しているFX業者をさがしてみるのもいいと思いますよ。

人生は楽しんだ方が良い!生涯挑戦し続ける

さて、私の趣味3っつをあげてみましたが、どうだったでしょうか?

多趣味だな~と思った方もいるかも知れませんが、人生は楽しんだ方が絶対いいです。

人生はどのくらい楽しむかが良い人生を歩むコツだと思いますよ何事も挑戦です!

趣味で色々な事を学び、色々な人と出会う喜びは人生にとって大切な財産になること間違いなしです。

私はこれからも興味をもったものに対しては挑戦を続けていき、何年後に振り返ってあの時これをやっておけばよかったなと後悔してしまう人生を送らないようにボキャブラリー豊かな人になり生涯挑戦を目標に色々な事を学べていけたらなと思います。

理想的なボールペンに出会った!ゼブラのジェルボールペン「SARASA」

ボールペンはどれも同じじゃない!「SARASA」に出会って考えが変わった!

こんにちは。

突然ですが、あなたは筆記具って何を使っていますか?

鉛筆、シャープペンシル?フリクションですか?

社会人でしたら、消えないボールペンという方が多いのではないでしょうか。

ボールペンなんてどれも同じ、なんて思っていませんか?

全部同じだから、100円ショップで大量買い・・・。

それ、とてももったいないです!

昔から文房具が大好きだった私。

その頃っていわゆる「油性ボールペン」しかなくて、

確かにどれも似たような書き味でした。

ノック式かキャップ式かぐらいの違いしかなく、とにかく安いものを選んでいました。

しかし。

成人してから、ボールペンを2本もらいました。

その中の1本が「SARASA」でした。

「ボールペンなんてどれも同じ」

そう思っていた当時の私は、もらったのに放置していました。

今思うと非常にもったいないです。

でも、当時使っていたボールペンのインクが切れ、ようやく使ったのですが、書きやすい!サラサラ文字が書ける!何これ!今までのボールペンとぜんぜん違う!

すっかり魅了された私。

なんだか普段のボールペンと違う「SARASA」について、調べました。

ゼブラのジェルボールペン「SARASA」はサラサラした書き味が特徴

「SARASA」は、あの文房具メーカー、ゼブラ株式会社の商品でした。

ジャンル名は、あまり聞きなれないジェルボールペン。

ジェルボールペンとは何だろう?と思って、調べました。

ジェルボールペンとは、ゲルインクのボールペン。

ゲルインクのボールペンの特徴として、サラサラとした滑らかな書き心地と耐水性、インクが乾きやすく、紙がにじまないことがありました。

使っていくうちに、思ったことがあります。

まず、書き心地がぜんぜん違う!

シャープペンシルなど、力を入れないとうっすらとしか書けませんよね。

でも、「SARASA」はそんなことありません。力を入れなくても、しっかりとした文字が書けます!

次に、発色がいい!

黒をもらった後ブルーブラックという、少しだけ青い黒を購入したんです。

正直、そんなに期待していませんでした。

黒に近いなら、何でもいいと思って購入したんです。

しかし、思ったよりきれいな濃紺。黒とは違うものです。

ネイビーといって売ってもいいのでは?と思う程でした。

デメリットももちろんあります。

それは、インクの消耗が早いこと。

私はそうでもありませんが、毎日文字を沢山書く方ですと、すぐになくなってしまうのではないでしょうか?

ですが、本体はもちろんのこと、替え芯も安いので、まとめて購入してもいいのかなと思います。

ラバークリップがついていますので、握っても疲れにくく、楽に長文が書けます。

電話を聞きながらメモを取る際、たまに無理な体勢で受けることもありますよね。

長電話がお好きな方も多いです。

そんな時におススメなのが、「SARASA」です!

名前どおり、サラサラ書けます。

ペン先の太さだって沢山あります。

0.5が主流ですが、0.7や1.0、なんと0.3だってあります。

個人的な話で恐縮ですが、0.3って文字がきれいに見えて好きなんですよ。

ボールペンで細い気に入るものってなかなかないので、これはとても貴重だったりします。

さらにさらに、沢山の色があります。

学生さんはそうだと思うのですが、私は今でも手帳をカラフルにします。

主人の予定、私自身の予定、日記と、最低でも3色は使い分けていますね。

本当は献立も今週の目標も違う色で書きたいので、まだ増やしたいです。

たくさんの色のバリエーションがある「SARASA CLIP」

いろんな色なんてボールペンではあまり見ないのですが、「SARASA CLIP」というシリーズがあるのですが、そちらはなんと46色もあります!

こまめに色分けしやすく、嬉しいです。

その「SARASA CLIP」、可動式バインダークリップを採用しています。

つまりどういうことかというと、分厚いファイルにもはさみやすく、折れにくいんです。

大きい手帳にはさんで使っているのですが、たまにはさめないボールペンもあります。

「SARASA CLIP」、私はとても助かっています。

手帳にはさむだけではないんですよ。

書類入れにペンをはさんで、いつでもサインできるようにしているのですが、そのときにも「SARASA CLIP」が重宝します。

私はあまり、紙に挟んだりしないので、普通のボールペンのクリップでは挟みきれないか、はさめたとしても折れてしまいがちなのですが、「SARASA CLIP」は折れることなくはさめます。

これって意外と便利なんですよ、ボールペンはすぐどこかにいってしまいますから。

郵便屋さんが来て、「あれ、ボールペンがない!」とバタバタするなんて、ちょっと恥ずかしいですよね。

かといって10本、20本と玄関に置いておく気にはなれないし。

近所に文房具屋さんがないので売っていないことがネックですが、地元へ帰ったときに、あるいは出先で買ってきたいと思います。

実家は、近所に文房具屋さんが多いんですよね。

あなたも1本、ためしに購入してみるのはどうですか?

子育てで必要な費用は節約しない!性格に合わせた物を選んで無駄を省く

節約家から一転!子供のためなら費用を惜しまなくなった

子どもが生まれて不思議だったのが今まで節約家というかケチだった私が、「子供のために何かしてあげる喜び」を感じていました。

すぐにサイズアウトしてしまうのに購入してしまう洋服や、本人が興味を示す前から積み木やプラレールなど喜びそうなものを選ぶことも楽しくていろいろと買ってしまっていました。

次女が生まれて、長女が興味を示さなったものに次女が食いついたりして多少は無駄にならずに済みましたが、次女が使わなくなったものから、きれいなものはオークションで販売するようにしていました。

特に入学式や発表会など1度着ると着なくなる衣装などはすぐにオークションに出して買値で売ることが出来たことも何度かあります。

姉妹でも興味を示す習い事が全く違った

習い事に関しては、私が苦手としていたものを中心に習わせるようにしていました。

水泳・ピアノ・習字教室、長女はこの3つをとても楽しみ長年続けてきました。

次女には「長女が習い始めた年齢から、同じように経験させるべきか」と思い習い始めましたが、次女には地道な練習が必要なピアノのおけいこは向いておらず、お金を払ってるのにイヤイヤ通わすことは、私の「もったいない」精神に反するのですっぱりと辞めさせて、次女が大好きなお絵かき教室に通わせるなど姉妹で別の習い事を今はしています。

ただ、無理やり続けさせなかったので、次女は自分が好きな曲をピアノで弾くことは好きなので、辞めて2年たちますが学校の学習発表会でピアノ伴奏を引き受けてくるなど、本人なりにとても楽しんでいます。お金をかけずにピアノ伴奏で活躍なんて、まさに私の理想です。

私が小さい頃、習い事が本当に嫌いで適当に通っていましたので、今思うと通わせてくれた両親に申し訳ない気持ちになります。

NHKラジオを活用して自宅で気軽に英語の勉強

家で出来る勉強は積極的に取り入れてきました。

特に英語に関しては、必要とされる中学校の時点で初めて習うとなると、外で学習している友達との差も最初からあるでしょうし、かといって今の習い事はすべて気に入ったうえで通っているため、それをやめて英語の時間を取ることは出来ません。

これ以上習い事を増やす余裕もありませんでした。

そこで無理やり勉強する必要のない小学3年生から、「聞くだけでいいよ~」とNHKラジオ基礎英語を毎日聞かせることにしました。

テキストだけは用意し、「意味が分からなくても15分間聞くだけで良い」とハードルがほとんどない状況に、長女は英語というよりはそのお話の内容を楽しみ1年間やり通すことが出来たのです。

かかった費用は1か月テキスト代数百円のみ。

とても楽しかったようで、それから6年間ほぼ欠かさず続けています。

レベルは毎年4月に本人に確認して、3年間は変わらず同じ基礎英語1を4年目以降は基礎英語2を聞いています。

そのおかげか、英語の成績はとても良く中学校のスタートに後れを取ることはありませんでした。

ただ、残念なことに下の子は続けることが無理なタイプ。

長女と同じようにスタートすることは出来ませんでした。

押し付けることはしたくないのでテキストは一度も買わずじまいです。

でもテキストを購入していたら、「もったいない」と押し付けてしまうかもしれませんね。

必要なところでは『節約』しない!受験のための塾の費用は惜しまない

長女が中学生になり、塾に通い始めると塾代が重なり少しずつ節約が必要となってきました。

ありがたいことに長女はもともと出来が良かったので、2教科のみの受講としてあとは自分の力で頑張って学力を向上してくれて、塾代も最低限の価格で済んでいました。

中学2年生の冬になり、受験に向けて本人の希望で進学塾に転塾したことをきっかけに、私も塾代をすべて受け止める覚悟をしています。

これからの1年間は本人が希望する塾のイベントには、「節約」という文字を消し去り、すべて参加させる決意です。

ただ、学費の面+時間的な問題もあり、本人の納得の上でピアノ教室は一時的にお休みさせてもらっています。

マイペースな次女は塾より進研ゼミが合っていた

今までいろいろ聞いていただいていた通り、我が家の姉妹は全く違うタイプで、長女の出来は良いのですが、次女はかなりマイペースなタイプ。

長女はやり遂げた喜びを大切にするタイプですが、次女は「やっていて楽しい」ことが彼女のすべて。

苦手な教科はありませんが、各教科に苦手な項目があります。

国語の読み取りや算数の文章問題は大好きですが、「漢字や計算問題は大の苦手」という具合に授業が次女にとって楽しめるかどうかが次女にとっての課題なのです。

そんな彼女には、私が与えるものではなく彼女が興味を持ったものでないとお金をドブに捨てるようなもので、小学5年生の今更ながら本人の強い希望で進研ゼミを始めました。

聞くと周りの友達は進研ゼミを辞めて、塾に移行していく中での受講スタート。

ただ本人のやる気は満々で、今まで宿題以外の勉強はしませんでしたが、しっかり1か月のやらなくてはいけないことをこなしています。

下の子は塾にお世話にならないまま高校受験を迎えそうです。

出さないといけない場面で惜しまないこと、それだけを心がけて子供の希望に沿った節約をしていきたいと考えています。

羊毛フェルト入門編!フェルトボールだけで作れる作品アイデア

ハンドメイド初心者に勧めたいフェルトボールのレシピ

最近はハンドメイドがブームになっていて、手作りをする人が増えていますね。

布を使った洋服や小物、粘土をつかったスイーツなど、ハンドメイド作家によって使う素材は本当に様々です。

中でも羊毛フェルトを使った作品はとても人気がります。

羊毛フェルトとは羊毛をフェルト化したものを、フェルティングニードルという窪みのついた針を使い、自分の好きな形を作ることができるハンドメイドクラフトのひとつです。

最近では百円均一などでも見かけるようになって、お手軽に始められる身近なものになっていますね。

しかし、やってみたもののうまくできなかったり、ちゃんと形になるのか自信がないという方もいらっしゃるかと思います。

そんな初心者の方におすすめしたいレシピが「フェルトボール」です。

フェルトボールとは羊毛フェルトを丸く形成するだけなので簡単にできますし、フェルトボールを使って色々な作品が作れますよ。

1、フェルトボールの基本の作り方

《材料》

・お好きな色の羊毛フェルト 適量

(石鹸水を使う場合)

・ぬるま湯に洗剤やシャンプーなどを1~2滴入れたもの

《作り方》

①羊毛フェルトをくるくると巻いていきます。この時、巻きはじめをなるべくきつく巻いておくと形成しやすくなります。

羊毛の量は作りたいサイズに合わせて調節してください。

②フェルトがほどけないようにフェルティングニードルで何ヵ所か刺し、軽くまとめておきます。

③ニードルで作る場合はそのまま丸くなるように意識しながら色々な方向からまんべんなく刺していきます。

サイズを大きくしたい場合は、羊毛をまわりに巻いて継ぎ足して同じように刺して形成しながら大きくしましょう。

《石鹸水で作る場合》

②まで同じように作ります。

③軽くまとめておいたフェルトボールに石鹸水をかけて、手のひら挟んではじめは軽くコロコロと転がししながら形成していきます。

サイズが小さい場合はニードルで形成する時と同じようにフェルトを巻いて継ぎ足し、転がしながら大きくします。

④だんだんと硬く毛羽立ちが少なくなって形が整ってきたら石鹸を洗い流し、軽く絞ったあとタオルの上などで2~3日しっかりと乾かします。

2、フェルトボールを使ったアクセサリー

フェルトボールに金具をつけることで簡単にアクセサリーを作ることができます。

フェルトボールの色や大きさを変えるだけで印象ががらりと変わる作品ができますよ。

《フェルトボールのピアス》

フェルトボールに金具をつけ、パーツにつけるだけで可愛いピアスが作れます。

パールやビーズなどの違う素材と組み合わせたり、2色以上のフェルトボールを組み合わせて、ポップなものやシックなタイプなどシーンにあわせてつくるようにしても良いですね。

《フェルトボールのバッグチャームやストラップ》こちらもピアスと同じように金具をつけ、パーツに取り付けるだけでできます。

フェルトボールの丸みを生かて、葉っぱの形の金具を着けて果実のようにみせるのも良いですね。

《フェルトボールのヘアゴム》

フェルトボールに目打ちで穴をあけ、ゴムを通し結びます。

アクセサリーなどに使う際は金具がすり抜けるのを防ぐためにしっかりとフェルト化させましょう。

また、フェルトボールに別の色の羊毛フェルトで模様をつければ、また違った雰囲気になりますし、簡単にできるアレンジです。

3、フェルトボールで作れちゃうインテリア雑貨

フェルトボールを使うことでインテリアもフェルトの持つ優しい雰囲気にできます。

《フェルトボールのガーランド》

フェルトボールに紐を通すだけのガーランド。長さや大きさも自分の好みに出来ますし、お部屋に合う色の組み合わせを考えるのも楽しいですね。

《フェルトボールの写真立て》

既成の写真立てのまわりにフェルトボールをグルーガンで張り付けていきます。

出来上がりはとても可愛いく、貼り付けるだけで簡単にオリジナルの作品が作れますので、子供と一緒に作るプレゼントなどにはぴったりですよ。

《フェルトボールのマット》

フェルトボールを糸で隙間なくつなぎ合わせて、マット状にします。

熱すぎるものを乗せるのには向きませんが、ポットマットなどとして使うのはいいですね。カラフルで厚みもしっかりしているのでとても存在感があります。

《カーテンにつける》

フェルトボールをカーテンの裾の部分に縫い付けるだけのアレンジでもお部屋の印象が変わりますよ。

カーテンにつける歳はカーテンを開けたときのことも考慮してフェルトボールの大きさを選ぶのが良いでしょう。

《透明の瓶に入れる》

お気に入りの透明の瓶などに入れて飾るだけでも可愛く飾れます。

隣り合う2つの瓶に補色のフェルトボール入れて飾るととてもきれいなインテリアになります。

羊毛フェルトはコツがつかめるまでは形を作るのが難しい場合もありますよね。

フェルトボールでしたら初心者の方でもとても簡単に作ることができますし、フェルティングの練習にもぴったりですね。

フェルトボールだけでも様々な作品が作れますし、今まで羊毛フェルトは難しいと敬遠していた方もフェルトボールから是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

全身に使える!セタフィル・モイスチャローションが大好き!

おすすめなスキンケアメーカー「セタフィル」

「セタフィル」というスキンケアメーカーをご存知でしょうか。

アメリカのスキンケアメーカーで、もともとはアトピー肌の人向けに開発された肌に優しい商品をたくさん発売しています。

有名な商品は、モイスチャライジングローション、モイスチャライジングクリーム、クレンザーです。

クレンザーは泡立たない洗顔料で、クレンジングもできる商品です。

どの商品も人気なのですが、中でも特におすすめなのがセタフィル・モイスチャライジングローションです。

セタフィル・モイスチャライジングローションの魅力ベスト4

ベスト4 大容量

一個のボトルに約600ミリのクリームが入っています。

顔と体全身に毎日たっぷり塗っても半年以上は確実に持ちます。

顔だけへの使用だと一年は持ちそうな量です。

なかなかなくなる事が無いので、買いに行く手間がかなり省けます。

ベスト3 安い

会員制スーパー、コストコで購入することが出来るのですが、2本セットで約二千円で売られています。

1本約千円ということになります。

千円で半年~一年使用することが出来ます。

これは本当にコスパ最強の商品なのです。

主婦など自分にあまりお金をかけられない方にももってこいの商品です。

ベスト2 使いやすさ

モイスチャライジングローション、という名前ではありますが、テクスチャーは一般的な保湿クリームと変わりありません。

肌にすーっと伸びやすく、べたつかないのにしっかり潤います。

また、ポンプ式の容器に入っていて、とても使い勝手が良いです。

お風呂あがりなど、使いたいときに手にさっと出すことができます。

中身が空気に触れることが無いので衛生的でもありますね。

容器はとてもシンプルな白を基調としたデザインで清潔感があるところも良いです。

またポンプ式なので小さな子どもでも自分でクリームを手に取ることができます。

家族みんなで使えます。

ベスト1 肌に優しい

余計な成分が入っていなくて肌にとても優しいです。

無香料で着色料も入っていないため赤ちゃんのお肌にも使うことが出来ます。

小さなお子さんがいるママは、自分の保湿クリームなどが赤ちゃんにつくことを気にする人が多いですが、このクリームなら赤ちゃんもOKなので心配いりません。

そして成分にマカダミアナッツが入っていて肌がほどよくしっとりします。

以上セタフィル・モイスチャローションの魅力ベスト4でした。

肌に優しくてコスパも良い、誰にでもおすすめできる商品です。

セタフィル・モイスチャローションのすごい効果

セタフィル・モイスチャローションを使い始めてから、肌が内側から潤っているように感じるようになりました。

もともと乾燥肌で、特にお風呂上りはスキンケアなしではかゆくなるほどでした。

色々なメーカーの保湿クリームを試したのですが、使い心地と効果、コスパを考えてこのセタフィル・モイスチャライジングローションがダントツで一番お気に入りの商品です。

お風呂上がりのまだ濡れたままの状態の肌にクリームをたっぷり塗って、馴染んでからタオルドライしています。

そうするとほどよく肌がしっとりして、べたつかないのに潤いが残っていてまるで赤ちゃんのような水分量の多い肌になっています。

さすがに翌朝には肌の水分量は減っていますが、使い始める前よりもかなり潤いのある肌になれました。

背中や胸などは、保湿クリームを塗るとニキビが出来てしまうし、何も塗らないとカサカサ肌だったのですが、このクリームを塗ると不思議とニキビも出来ずにカサカサ肌を改善してくれます。

本当に全身に使える万能なクリームです。

セタフィル・モイスチャローションのマイナス点

かなりのお気に入りの商品なのですが、マイナス点が二つあります。

その1 コストコで購入しないと高い

外資系のメーカーの商品なので、一般的なドラッグストアなどで購入することが出来ません。日本国内で購入するとなると、コストコかインターネットになります

。コストコでは上記した通りのプチプラで購入することが出来ます。

しかし、インターネットになるとコストコの値段より1.5倍か2倍ほどの値段になってしまうのです。更に送料もかかってしまったりします。

コストコが近くにないので、2時間ほどかけてコストコまで行かなければならないのがマイナス点です。

もちろん、セタフィル・モイスチャライジングローションはコスパ最強なのでそれほど頻繁に買いに行く必要はないのですが、半年に一回か一年に一回の無くなるタイミングでコストコまで買い出しに行かなければなりません。

その2 持ち運びが不便

上記した通りのかなりの大容量のため、旅行や実家への帰省へ持って行くのが不便です。

重いですし、ポンプ式なので持ち運びには全く向いていません。

わたしはどうしてもこのセタフィル・モイスチャライジングローションを持って旅行などへも行きたいので、別の容器に移し替えて持って行っています。

ずぼらなわたしには、この別の容器に入れ替えるという行為が面倒くさく思えてしまうため、マイナス点です。

もちろん毎日家で使うことには何の問題もありません。

以上、セタフィル・モイスチャライジングクリームについてもご紹介でした。

注目してほしい!自転車ロードレースUCIワールドツアー!

自転車ロードレースが面白い!観戦のポイントを解説

私は自転車ロードレースが大好きです。

この競技は日本ではかなりマイナーですが世界的には超有名なスポーツで、一番有名なレース「ツール・ド・フランス」はオリンピックやサッカーワールドカップに次ぐスポーツの大会といわれており、ツールの放送の視聴者は全世界で40億人いるといわれています。

この競技の魅力は選手と観客の近さ、迫力のスプリント、天候やアクシデントで一気に展開が変わる驚きだと思います。

今回は、まだ観戦初心者の私が動画情報も交えながら私が思う自転車ロードレースの魅力をお伝えしたいと思います。

私がロードレースにはまったきっかけは漫画の「弱虫ペダル」

私が自転車ロードレースにはまったのは「弱虫ペダル」という漫画を読んだことです。

皆さんも名前は聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

この作品は自転車素人で運動音痴の主人公が仲間と共に高校インターハイを目指すという物語なのですが、とにかくアツい!

作者がロードレース大好きということで作中での用語解説やレース展開も基本的には実際のものと同じです。

作中では、自転車選手の名前やチームの名前が小ネタで登場しています。

そういうのを知ったのは、自転車レースにどっぷりつかった後のことでした。

この作品を見て実際のロードバイクを買うという方も多いそうですが、ロードバイクなんて到底私が買える金額のものでなく、私はレースにはまっていきました。

UCIワールドツアーとは?

UCIワールドツアーは日本のサッカーでいうJ1リーグです。

UCIというのは国際自転車連合のことで、ここが、ロードレースを含めたMTBやトラック競技などの自転車競技全般の管理をしています。

UCIの管理下にあるロードレースは3つのカテゴリーに分けられていて、UCIワールドツアーはその一番上のカテゴリーです。

何のためのカテゴリー分けかというと出場チームを分けるためのものです。

例えば、J1リーグも地域のサッカークラブすべてが出場できるわけではないですよね。

チームの規模や実力によって地域リーグがら昇格していきます。

UCIワールドツアーもそういった規模・実力を兼ね備えた一流チームのみが参加を許されています。

このレースなら大きな価値があるということで日本でも放送されています。

サービス精神旺盛な選手たちが魅力!選手と観客の近さ

なんと自転車ロードレースの多くは、観戦料がかからずタダで見ることができてしまうのです!

プロスポーツがタダで見れるなんてかなり珍しいと思います。

また、コースのほとんどに柵がなく、レース中の選手の背中を押すなんていう熱狂的なファンもいたりします。

(もちろんいけないことなんですが)また、選手たちがサービス精神旺盛でレース直前でも気さくにサインに応じたりしてくれます。

きっと小さいときからそういった選手の姿を見ているから自分もやってあげようと思ってくれているのでしょう。

こういった近さが魅力の一つです。

迫力のスプリントに感動!

2つめの魅力は「スプリント」です。全力で自転車を漕ぐことです。

普段こんなことする人はいないと思いますがレースとなるとやはり別です。

全力でちゃりこぐだけでしょ?と思われるかもしれませんが、その通りです。

ただ、条件が異常なんです。

プロのロードレースでは1日で100何10キロの距離を当たり前のように自転車だけで集団で移動します。

しかも、時速は40キロ前後。信じられないですよね。

そして、レース展開によっては消耗した選手たちはラスト数キロになるとチーム最速の選手「スプリンター」をスタンバイさせます。

各チームのスプリンターたちはラスト数100メートルで、チームから離れ時速6~70キロでゴールに向かいます。

全員が全力で走るのでゴールの差は数秒。車体を揺らしながら走るので誰かとぶつかり転倒することもあります。

そうすれば全身を打ち付けて打撲・骨折です。それでも、勝利のために走る彼らのスプリントは迫力しかないです。

感動さえしてしまいます。

決して読めないロードレースのレース展開

自転車ロードレースは、文字通りスタジアムなどではなく路上を走ります。

また、1日ではなく何日もかけて行う「ステージレース」があるんですがそうなると天候が安定しない場合晴れていたのに翌日は雨なんてことも当たり前です。

すろとスリップをはじめとしたトラブルに合う確率が多くなります。

過酷なレースなので体調が安定しないし、転倒でケガしてリタイヤもあり得ます。

そうなると実力がある人だけが勝利できるわけではなく、回復力が高い人・運がある人なんかも勝利の可能性があるんです。

2016年のツールドフランスでは優勝候補の一人が序盤で転倒し、その後リタイヤしてしまいました。

2015年のツールドフランスに次ぐ規模のステージレース「ジロ・デ・イタリア」では優勝なんてありえないとされていた選手が最後まで優勝争いを繰り広げるというどんでん返しがありました。

そういった、先の読めない展開は見ていてワクワクします。

いまのうちにロードレースを予習してオリンピックにそなえよう!

ロードレースは日本ではマイナーですし、テレビ放送も海外のレースは深夜ばかりで中々敷居が高いと思います。

しかし日本でも海外の超有名チームが来日するレースもありますし、DVDもたくさん出ています。

東京オリンピックの自転車ロードレースを走る選手の多くは今20台後半で主要レースで結果を出し始めたというような若手ばかりです。

今のうちに詳しくなっておくとオリンピックで楽しめる競技が一つ増えますよ!

是非気に入っていただければと思います。