2017年 4月 の投稿一覧

整理の悩みが消えるかも?布ナプキン利用のすすめ

「布ナプキン」を知っていますか?

布ナプキンという言葉を聞いたことがありますか?

月に一度の生理、そのケアが煩わしいと思ったことがある方は少なくないと思います。

特に生理中の臭い、かぶれ、生理痛…。

こんな症状が、布ナプキンを使うことによって改善する方もいます。

紙ナプキンを使っている方、ぜひ一度布ナプキンを検討してみませんか?

今主流の紙ナプキンは、何といっても使ったら捨てられる手軽さにあります。

対して布ナプキンは汚れたら洗う必要がありますし、それが面倒だという方もいると思います。

しかし、布ナプキンにはメリットがたくさんあるのです。

例えば先ほど例に挙げた、生理中の臭い、かぶれ、生理痛に対してです。

経血は無臭と知っていますか?生理中の臭いの原因は、紙ナプキンによる蒸れによるものです。

もちろん最近は企業も研究がすすみ、通気性の良い紙ナプキンもありますが、頻繁に替えることができないとやはり蒸れてしまいます。

布ナプキンは湿気を逃し漏れを防ぐ、透湿防水布という素材を使っているため紙ナプキンよりも通気性が良く、蒸れを抑えるため嫌な臭いが発生しません。

かぶれの原因も、多くは紙ナプキンに使用している不織布が原因にあります。

不織布は化学的に繊維を組み合わせた布のことで、経血の吸収率は良いのですが、肌に優しいものではありません。

布ナプキンは天然のコットン素材ですので、下着と同じ素材で肌を痛めません。

かぶれるのを防ぐことができます。

次に生理痛ですが、生理痛は冷えを改善することで防げたり、軽減することができます。

紙ナプキンに含まれる吸収体は、水分を含むことによりゼリー状へと変化し、変化した素材は子宮を冷えさせてしまいます。

布ナプキンは、洋服を重ね着しているのと同じ効果を示し、子宮を温め包み込みます。こういったことから、生理痛の軽減になると考えられています。

布ナプキンって漏れる心配はない?外出時の交換は?

さて、良いことばかり述べた布ナプキンですが、漏れるのでは?と心配の方もいると思います。

吸収材を使っている紙ナプキンと比べ、布ナプキンでは不安という方も…。

しかし布を重ねただけに見える布ナプキンですが、上面と下面の間には吸収パッドと防水シートが重ねられており、量の多い2日目3日目でも漏れることは滅多にありません。

全ての布ナプキンの構造に当てはまる訳ではありませんので、購入する際は素材や構造を調べた上で、おりものシート替わりや生理の終わりかけの日は布のみ重ねたナプキンを使うなど、使い分けをしても良いかもしれません。

布のみのナプキンは、防水シートが使われている布ナプキンより更に通気性が良く、ナプキンを着けている感じがしないので一日快適に過ごすことができます。

さて、外出の時に布ナプキンを替えるにはどうしたらいいのだろうと思った方もいると思います。

外出時は使用済みの布ナプキンをジップロックなど密閉できるビニール袋に入れ、持ち帰って洗います。

臭いはほとんど出ませんが、もし気になる方はアロマ入りの袋なども販売されているので使ってみるのもいいかもしれません。

布ナプキンの洗い方・手入れ方法

持ち帰った使用済みの布ナプキンですが、軽く手洗いし、つけ置きをした後に洗濯機で洗います。

蓋つきの容器でつけ置きするのがやりやすいので、お気に入りの蓋つき容器を購入することをお勧めします。

愛着のある道具を使うことで、多少手間のかかる洗濯も楽しくなりますよ。

洗剤は重曹や、専用の洗剤が売られています。いくつか試してみて自分に合った方法を見つけてください。

つけ置きをしてしまえば後は洗濯機で洗うだけです。

初めは手洗いやつけ置きに面倒くささや手間を感じる人もいると思いますが、自分の経血の様子も確認できます。

経血がいつもと何か変化があれば、子宮に何かあったのかもと見つけることができます。

自分の体調の管理にもなりますので、目を逸らすことなく観察することも大事です。

見えないお洒落とも言える布ナプキン

実際に布ナプキンの売り場に行ったり、購入できるサイトを見たことはありますか?

見たことのない人はぜひ一度ご覧になってください。

商品の豊富さにびっくりされるかもしれません。

使いやすさの追求だけれなく、デザインが可愛いのです。

これは、紙ナプキンには出せない味で、布ナプキンの楽しみでもあります。

春なら桜柄、夏ならドットやストライプ、秋、冬…と、季節によってデザインを変えてみるのも楽しいと思います。

誰にも見せることない物ですが、下着と同じく付ける楽しみがあります。

自分の好きなデザインの布ナプキンを着けることで、毎月の憂鬱な生理が少し楽しい気分に変わる方もいるでしょう。

毎日のおりものの変化に気付きやすくなる方もいるでしょう。

快適に過ごせることに驚く方もいるかもしれません。

毎日をほんの少し楽しいものに変えることができるかもしれない布ナプキン、一度試してみてはいかがでしょうか?

手軽に買えちゃう!お肌とお財布に優しいハトムギ化粧水

ハトムギ化粧水を愛用中!その魅力を紹介

私は40代前半の主婦です。

私が今個人的に愛して止まない商品は、ハトムギ化粧水です。

何社からか同名の商品が出ていますが、成分も値段もそう変わらないためブランドにこだわりはなく、私は買う時の気分で商品を決めています。

肌状態にほぼノートラブルだった20代の頃から、様々なメーカーの化粧水を使い続けてきた私ですが、百貨店で扱っている国内ブランド→外国ブランド→オーガニック系と変遷を辿った挙句この商品に定着。

ここ三年ほどは全く浮気することなく使い続けている逸品です。

そういえば、そこそこ飽きっぽい自分がここまで一途に一つの商品を慕い続けるなんて。。本当に驚くべきことです。

私がハトムギ化粧水のどんなところにはまっているのか?

順を追って紹介していきたいと思います。

1.ハトムギ化粧水は成分がシンプルで安全

有名ブランド化粧水、瓶やラベルに書いてある成分を確認したことがありますか?

例えば、国内外を問わず百貨店のカウンターで買える一般的な商品の成分表示を見てみると、だいたい20項目を超えるくらいでしょうか。

基本、その成分は石油から作られた化学物質です。

個人的に気にしていることが、昨今明らかにされつつある経皮毒の存在。

化粧品、日用品の使用することにより商品に含まれる有害化学物質を皮膚から吸収。

以後9割が排出されることなく体内に蓄積、後に婦人科系疾患に繋がるとも言われています。

一日あたりに吸収する量はわずかだとしても、

毎日使い続けることで積み重なれば相当な量になり、場合によっては自分の身体に深刻な害を及ぼす結果になることがあると考えて良いでしょう。

その点、ハトムギ化粧水はだいたい10項目程度の成分だけでできていて非常にシンプル。

また、それぞれの成分を調べる限り肌にかける負担は非常にマイルドで、一般的な商品に比べ安心な要素が高いと思っています。

2.ハトムギ化粧水は全国のドラッグストアで手軽に買える

例えば、今朝私が使っているハトムギ化粧水が切れてしまったとしましょう。

昼間、近所にあるドラッグストアに行けばすぐに買うことができてしまいます。

わざわざ車や電車を使って街中まで出ていく必要がありません。

こんな時に焦らないよう買い置きをしておくという手もありますが、私は使わないもののために場所を確保しておくのは好きではないのです。

通販で商品を取り寄せるという手もありますが、その日中に手に入れることはなかなか難しいですね。(本当になくなってしまうまで買いに行かない自分もどうかと思いますが。。)

私は小学校低学年の子供がいる主婦ですが、乳幼児期の頃よりは手がかからなくなっているとはいえ、何かと学校に出向くことがあり、日中はなるべく家と学校の近くにいたいと思っています。

ですので、思い立った時に歩いて行ける距離に買いに行けることは大きな魅力です。

3.抜群のコストパフォーマンスのハトムギ化粧水

一般的なメーカーの化粧水(百貨店ブランド)は、200mlでだいたい3000円を超えるものがほとんど。

対してハトムギ化粧水は、容量500mlで400円前後です。

7本買ってもまだお釣りがきます。

このお値段ゆえ、朝夕のローションパック、顔以外に全身の保湿液として惜しみなく使えます。

高い化粧水をケチって使うよりも、たっぷり使ってあげるほうがお肌も悦ぶんです。

100均で買った小さなスプレーボトルに詰め替えて別の部屋に置いたり、外出時のポーチに忍ばせるなどして気がついた時にすぐお顔に水分補給をしています。

おかげでこの商品を使う前は若干カサついていた顔まわりも、今は大げさじゃなく毎日潤ってます。

以前、自分が半年に使った化粧品代を計算した時、特別贅沢なものを買っている覚えがないわりに高額になっていたことに驚いたことがあるのですが、この化粧水を使い始めてから随分金額を抑えることができ満足しています。

化粧水は値段ではない!視点を変えてくれたハトムギ化粧水

商品の安全さ、購入の際の手軽さ、コストパフォーマンスの良さ、以上の点から私は今すっかりハトムギ化粧水にはまっています。

結婚前に自分の稼いだお給料を遠慮なく自分のために使えていた頃、身だしなみとして、また自分のモチベーションを上げるために、結構な金額を費やしていた化粧品ですが、この商品を使い始めてからいろんな場所のいろんな商品に目を向けられるようになりました。

そんな自分も結婚して主婦となり母となり、以前のような買い物の仕方ができないことに相当なストレスを感じたり、一方で何気なく使っているものの成分が以前より気になり始めたり、という時期にこの商品を知ったのです。

社会人時代20代くらいの若い女性のブログを見て初めてこの商品の存在を知った時は、正直に言って「もっと自分の肌を大事にすればいいのに。」と思ったものですが、今やすっかり自分の視点が変わってしまいました。

この商品だけではなく、今や安い値段でも十分、それどころか期待以上の働きをしてくれる商品が今は市場に溢れています。

おかげで少し気持ちにゆとりを持って商品を吟味することがとても楽しくなりました。

自分のこれまでの狭い視野を広げ、よりよい商品を選ぶ楽しみを与えてくれたハトムギ化粧水に感謝しています!

ただ聴くだけじゃもったいない!音楽の世界を一派に感じる楽しみ方

音楽と寄り添う人生!音楽のない人生なんて考えられない!

昔から音楽大好きですが、私にとって音楽ほど心を潤したり、エネルギーチャージしたり、感慨が極まったりするものはありません。

サラーッと右から左に流すように「聞く」のではなく、ときには音楽に合わせて体が自然に反応するようにリズムを取ったり、音楽によってはただただ「どうしたら、どうしてこんな素晴らしい音楽が生まれるの・・・?」とか「ああ・・・」と胸を打たれてただ心洗われる想いで泪を流したりというように、染み込ませるように「聴く」ことで心を動かすことやその音楽の世界をいっぱいに感じることに意味があります。

聴く音楽ジャンルは日本や海外のポップスから雰囲気抜群のジャズ、ピアノ曲、映画などのサウンドトラック、懐かしの曲、アニメソング、伝統的な民族音楽というように多岐に渡りますが、今後も「いい!」と思える音楽に出逢うごとにそのバリエーションは増えていくことは間違いありません。

好きな音楽あってマインドフルに感じたり感動してこその人生なので、朝起きぬけの自宅カフェタイム中といい、通勤時間といい、スポーツやストレッチタイムから寝しなまで音楽と寄り添って生きています。

そんなバリエーションで日々音楽を聴いている私の愛用ウォークマンを人に見せたとき、「こんな曲のセレクトでウォークマンに入れてる人はあなたぐらいしかいないよ笑?」と言われたことがあったほどです笑。

サウンドエフェクトを駆使して音楽を堪能!

音楽を堪能するときの私の主な媒体は、パソコンや携帯ウォークマンです。

聴き馴染みの好きな曲も、音の高低の調節や響き具合など、このサウンドエフェクト操作一つで雰囲気がかなり大きく変わるため、サウンドエフェクトを駆使しないことほど損はないというほどに大変影響力の大きなものです!

なので、パソであれウォークマンであれ、あるものはジャンジャン使いこなすほかありません!

とくにカラオケモードで音を上下させると好きな曲も聴き馴染んでいる曲もいやおうなしに雰囲気が一変するため世界がガラーッ!と一瞬で変わります!

愛用ウォークマンの方も然ることながら、とくに最近のパソコンのサウンドエフェクトバリエーションには浴室だのコンサートホールだの、果ては洞窟や下水道という具合にとにかく音の聞こえ方響き方、その組み合わせ方がものすごく豊富なので世界の相当な変わりようを愉しんでいます!

何しろ、自分好みにいっそう好きになれるようにサウンドをセルフカスタマイズするのですから。

いわば、それぞれ音楽ごとに自分なりの「コア度」を設定しているわけです笑。

そうして、「この曲のベストカスタマイズはカラオケモードは-2か4ぐらいにして聞こえ方はこのモードにするとものすごくムーディだなあ!」とか、「この曲はカラオケモードで-1にすると物悲しげな感じがいっそう助長されていい」というようにその曲に打ってつけのカスタマイズを見つけること自体愉しくて好きですね!

なお、そのような自分で好きなように設定したならではの素晴らしいサウンドがくっきりと耳に残り、耳全体からその音楽の世界に入り込んで浸るにはインナーイヤー型のイヤフォンよりもオーバーヘッド型のヘッドフォンが打ってつけですね。長時間音楽の世界に浸るのならなおさらです!

お酒のお供に音楽!その世界がお酒をより楽しませてくれる!

音楽に合わせ、当然、その曲や世界の雰囲気にしたがって聴きながら飲むドリンクの方も変わってきます♪

お酒が旨くなる曲があるというように、まさに音楽は飲み物をいっそうおいしくする魔法のような存在ですね!

ボサ系やイージーリスニング系、癒し系の曲やピアノ曲なら主にカフェラテが常で、そのときにしたい気分や季節によっても変わってきますが、夏なら氷をポンと入れたアイスで、冬ならあったかくしたホットでいただいています♪

コアなボサや、ジャズ系のような色香を感じるムーディな曲なら自ずとドリンクセレクトも家に常備ストックしてあるリキュールを好みで調合したフルーツ系カクテルを、これまた置いてあるだけで雰囲気ある色つきのカクテルグラスに注いでしっぽりいただくともうたまりません?

休日前は音楽を楽しむ最高の時間

このような音楽との蜜月タイムは、休日前の夜がとくにテンションが上がり、際限がないぐらいにどんどん気の向くままに聴きたい曲のオンパレードで聴くのがやっぱり一番最高ですね!

翌日が休日であれば「明日は仕事があるから早く寝ないと」なんていう時間的な心配は一切無用ですから、思うままに音楽の世界に好きなだけ浸ることが許されます。

平日の夜にももちろんずっと聴いていたい強い欲求が起こることがしょっちゅうあり、寝不足を招く恐れがあるので気をつけなければいけませんが、もう音楽自体が自分の魂レベルで共鳴する伴侶のような共同体だからむしろ仕方がないものと思ってすらいます笑。

それぐらい、音楽との蜜月生活は今後も続きます。

いつどこにどんな思いがけないタイミングや形で出逢うか分からないのが音楽です。

これまでもいいなと思える好きな曲たちとは、思いがけないような形で多々出逢ってきました。これからも素晴らしい音楽たちとの出逢いを楽しみにしています!

カウンター席がおすすめ!また行きたくなる「おでん俺のだし」

最近、私たちのブーム「俺の○○」。

私はよく、職場の仲間と食事会というか、飲み会をしているのですが、職場が東京駅近くにあるということもあり、仕事帰りに気軽に寄ることが出来る銀座や新橋駅周辺のお店に行くことが最近は増えました。

少し前から有名で今でも予約がなかなか取りづらい「俺の○○」シリーズが私たちの間でブームで今までも、「俺のイタリアン」、「俺のやきとり」などに行きましたが、最近行って来たばかりの「おでん俺のだし」はその中でも一番のお気に入りかもしれません。

「俺の○○」シリーズ以外でも、最近私が行ったお店の中では一番と言っても過言ではないかもしれません。

本当に良かったです。またすぐにでも行きたいくらいです。

「おでん俺のだし」でカウンターに座るのはちょっぴりドキドキ

場所は銀座にあるのですが、裏通りにあるお店でカウンター席と向き合って座れる席が少しあるだけの本当に小じんまりとしたお店です。

そのため、正直言って予約を取るのも余裕を持って取らないとちょっと取りづらいかもしれません。

私たちは3人でお店に伺ったのですが、余裕を持って予約をすることが出来なかったため、カウンター席で3人横並びの席しか空いていなかったのですが、それがすごく良くて、かえって向き合って座れる席よりも会話も楽しめるし、目の前で調理している様子などもよく見えて雰囲気もなかなか素敵な感じでした。

おでんがメインのお店なので一品、一品少しずつ提供してもらえて、たくさんの種類を食べられるため、いろいろな種類を目で味わいたい女性にもとってもおすすめのお店だと思います。

もちろん、おでん以外にも新鮮な魚介、ジューシーな肉類なども幅広く味わえるのもなかなかいいと思います。

なかでも私はおでんのお店だけに「だし」に力を入れているんだなあと感じられる「茶碗蒸し」と素材の味で勝負しているんだなあと感じられる「焼きそらまめ」の美味しさには本当に感動しました。

一般的に「茶碗蒸し」といったら、中には鶏肉、かまぼこ、ぎんなん、みつばなどが入っているだろうと普通に想像して運ばれて来るのを待っていたら、見た目は中には何も入っていなそうなプリンのようなものが運ばれて来ました。

実際に食べすすめてみても何も中に具材を発見することが出来ず、結局は最後まで具材は見つけられず、本当に「だし」の味を味わうための「茶碗蒸し」でした。

自信があるからこそ提供できるものだと思いました。

優しくて深い味わいの「だし」の「茶碗蒸し」。

インパクトももちろんありますが、食べたことのない人にはぜひ、美味しさにも驚いてもらいたい一品だと思います。

そして「焼きそらまめ」もシンプルに焼き上げたそらまめに塩を付けて食べるだけのいっけん、自分にも出来そうに感じますが、それが全然違うのでしょうね。

程よくいい程度に焼き目の付いたホクホクのそらまめ。

お酒に良く合う一品でした。本当にどちらもとっても美味しかったです。

少しずついろいろな種類を食べたり飲んだりしたのでお腹も結構、満足でした。

その割には料金も比較的安いのもこのお店の魅力で、確かこのときも一人、4000円ちょっとくらいだったと思います。

お値段以上の満足を味わえた感じがしました。

この時はたまたま席が予約できずにカウンター席になってしまいましたが、逆にカウンター席で良かったのかもしれません。

ちょっと普段なら、カウンター席というのは個人的には敷居が高いような気がして、正直、躊躇してしまうところもあるのですが、なかなか雰囲気があって、普段ならあまり味わえなような大人の雰囲気を味わうことが出来き、なかなか良かったです。

次回、また行くときもあえてカウンタ席を利用したいとも思いました。

2時間制の予約だったため、最初は短いかな?とも思いましたが、カウンターでならこのくらいで飲んだり食べたりして長居をせずにサクッと帰るのが合っているのかもしれません。

これがまた行きたくなる。

何度も行きたくなるという気持ちに繋がっていくようにも思います。

すべてがちょうどいい塩梅のお店のように感じました。

居心地の良い2時間を過ごすことができました。大満足です。

「おでん俺のだし」は何度でも行きたくなるお店

一度だけではなくてこれからも何度もリピートしたいお店になりました。

友人や仲間たちを代わる代わる何度でも連れて行って自慢したいお店です。

もちろん、友人同士だけではなくデートなどにも使える落ち着きがあって雰囲気の良いお店だと思います。

私の場合は個人的に両親が地方に住んでいて、たまに東京にも遊びに来てくれ、一緒に食事をしたり、飲みに行く機会もあるため、今度はぜひともこちらのお店に連れていってあげたいと思いました。

年齢を問わず、誰もが楽しめるお店のように感じます。

きっと、両親も喜んでくれるのではないかと思っています。

そんなこちらのお店は大好きな「俺の○○」の中でも今は私はの中ではイチ押しです。

ぜひ、いろいろな方におすすめしたいです。

一度、行ってみてください。

連れて行った方にも自慢になると思います。

毎日の自転車移動がとっても楽!ママにおすすめの電動アシスト自転車

電動アシスト自転車のおかげで長距離移動がとっても楽になった

私には子供が二人いるのですが、二人を自転車の前後ろに乗せて移動するのは本当に大変です。

二人乗せるだけで自転車がかなり重たくなり、本当に移動するのが大変です。

自分の生活に自転車は本当に欠かせないものとなっているので手放すことが出来ません。

しかし普通の自転車だと二人の子供を乗せての移動はかなり辛いものがあるので、思い切って電動自転車を購入しました。

電動自転車だと二人の子供を乗せていても、本当にらくらく走ることが出来ます。

今までの苦労ってなんだったの、っていうほど全く乗り心地が違います。

先日思い切って坂道を走ってみたのですが、坂道でもスイスイ移動することが出来ます。

他の自転車の人は坂道の途中で歩いてしまったり、立ち漕ぎをして漕いでいる人もいたのですが、電動自転車の場合は座りながらスイスイ進むことが出来るので、この快適さは全く違います。

電動自転車に乗るようになってから長距離移動がすごく楽になりました。

風をきってスイスイ走れるので、すごく気持ちがよく、疲労感も全くなくなりました。

電動アシスト自転車は残りのバッテリーの量がわかるようになっている

電動自転車に乗る時は当然バッテリーを使用します。

最初このバッテリーがどのくらい持つのは不安でした。

快適に自転車に乗れるのは良いけれど、あまりにも頻繁に充電の必要があると電気代も勿体ないですし、手間がかかるんじゃないかと思ったからです。

実際に使用してみた感想としてはそれほど頻繁に充電はしていません。

ただ、これは乗る距離によっても全く異なってくるので、みんながみんなそうだとは限りません。

私の場合だと、そこまで頻繁に充電する必要がないのであまり面倒くささは感じません。

充電の必要がある時はハンドルについている電子モニターを見ればわかるので、すごく助かります。

モニターは自転車に乗る時に確認出来るので、こまめにチェックするようにしています。

電動アシスト自転車は高いけどその価格に見合った価値がある!

子ども乗せ用の自転車を買ったのは実はこれが初めてではありません。

実は二度目の購入になります。

一度目は電動ではないタイプの子ども乗せようの自転車を購入しました。

最初、電動タイプを購入しようか迷ったのですが、金額が高すぎてそこまでお金が払えないので諦めました。

しかもその当時は子どもが一人しかいなかったので、一人乗せるだけの場合はそこまで重さを感じませんでした。

だから電動じゃなくても良いと思ったのです。

ただ、やっぱり二人子どもがいるとなると、普通の自転車ではちょっと大変になりました。

重さが全然違うので、バランスを崩しがちになりましたし、とにかく自転車を漕いでいると疲れてしまうのです。

三人で頻繁に自転車に乗るようになった時に二台目である電動の子供乗せ電動自転車を購入しました。

正直値段はとても高かったです。

自転車の後ろに乗せる子供乗せのチャイルドシート込みでだいたい13万円ほどしました。

自転車で10万円以上の金額を払うのは本当に痛いです。

でもどうしても自分の生活には必要なものだと思いました。

購入前に電動アシスト自転車を持っている友人に試乗させてもらった

電動自転車を買うにあたって、漕ぎ心地などを事前に確かめておきたかったので、既に電動自転車を持っている友人に自転車を借りて、何度か練習させてもらいました。

電動だと漕ぎだしがすごくスムーズで、最初はバランスを崩しそうになりました。

普通の自転車だと漕ぎだす時にハンドルがフラッとするのですが、電動自転車だとハンドルがふらつかず、グイッとスピードが上がります。

慣れるまでにちょっと時間がかかりました。

ただ、動いてしまえばどんどんスムーズに焦げるのですごく楽でした。

もう一つ難点を言うとすれば、車体がすごく思いので漕いでいる時は良いのですが、自転車を押す時になると思過ぎて移動しづらいということです。

かなりの重さがかかるので歩いて押すくらいなら、自転車に乗ってしまったほうが楽です。

女性の力ではなかなか大変なので、そのあたりには十分に注意する必要があると思います。

電動アシスト自転車を買って良かった!値段だけのことはある!

子供乗せ電動自転車を買った感想としては、思い切って買って良かったということです。

最初お金を出す時には「随分と高い買い物しちゃったな」と後悔ではないですが、不思議な感覚がありました。

しかし普通に乗るようになると、思い切って買って良かったと思えるようになりました。

とにかく疲れないですし、子ども達と遠くまで行くのに億劫にならなくなったので、親子共にすごく楽しめるようになりました。

やはり値段だけのことはあると思います。

二台も子供乗せ自転車を買うくらいなら、最初から電動自転車を買っておけば良かった思ってるくらいです。

周りのママ友も最初は普通の自転車だったけど、最終的には電動自転車に買い替える人が増えてきています。

今、それくらいとても人気のあるものだと思います。

これからも電動自転車で子育てライフを楽しもうと思います。

プレゼントに最適!手作りのフラワーアレンジメントの技術

フラワーアレンジメントで生活に花を取り入れる

フラワーアレンジメントと言ってもいろいろな種類のものがあります。

生きたお花を水を含ませたスポンジのようなものに刺して形作っていくものもありますが、今私がやっているのは生花を使ったフラワーアレンジメントではありません。

生花を使ったフラワーアレンジメントは、長期に飾っておくことができません。

数日はきれいな姿を保てるのですが、一週間を過ぎたころからだんだん元気がなくなってしまいます。

そこがとても残念です。

せっかくできたアレンジメントを廃棄するときは、何だか悲しい気持ちになってしまいます。

生花を使ったフラワーアレンジメントも習ったことがあったのですが、一年くらい習ってからやめてしまいました。

ヨーロッパ式のフラワーアレンジメントで、材料費もけっこうかかりました。

それより前にやっていたのは日本式のフラワーアレンジメントで、華道といいます。

華道にはいろいろな流儀がありますが、私が習っていたのは草月流という名前のものでした。

ごちゃごちゃした感じではなくて、割合い清楚な感じのスタイルのもので、先生もおじいちゃんの先生でした。

今、私が気に入って続けているフラワーアレンジメントは生花を使うものではありません。

ドライフラワーやプリザーブドフラワーなどを使ってアレンジメントを作り上げるというものです。

アートフラワーにはブリザーブドフラワーがおすすめ!

他にはアートフラワーなども利用しています。

使う道具としてはグルーガンで、とても熱い接着剤をピストル型のグルーガンから絞り出して、材料をくっつけます。

グルーガンはとても熱くなるので、接着するときにうっかり触ってしまうとやけどをするので注意が必要です。

壁掛けを作るときには、例えばリングになっている土台に自分でデザインをしてアレンジしていきます。

葉っぱや枝のみどりとお花の色とのバランスを考えながらグルーガンで取り付けていくのですが、失敗すると簡単に取り外せないので、よく考えてからグルーガンを使います。

やりはじめた頃には、自分で見てもあまり上手にできていなかったのですが、いくつか作っていくうちにバランスの取り方などもわかってきました。

お花はアートフラワーは人工的に作ったものですが、プリザーブドフラワーは本物の花をプリザーブド液を使って作っています。

生きている花の茎からプリザーブド液を直接吸わせると、プリザーブド液が花の細胞にどんどん浸透していってまるで生きているような状態で維持できるようになります。

このプリザーブドフラワーを使うことで、本当の花を水をやることなく長く飾っておくことが可能になります。

生花を使ってプリザーブド加工をしているので、プリザーブドフラワーはとても高価なものが多いのです。

花の種類はバラやユリや菊などいろいろあって、色もたくさんの種類があります。

高価な材料なので買う時にはどれにするか、とても迷ってしまいます。

出来上がったフラワーアレンジメントは、プレゼントに使ってもとても喜んでもらえるので、作り甲斐があります。

季節に合わせて楽しめるフラワーアレンジメントの置物や壁掛け

壁掛けだけでなく、置物としても作っています。

少し太い枝にアートフラワーのグリーンをあしらって、そこにプリザーブドフラワーのバラなどをアレンジしていきます。

季節によってプリザーブドフラワーのバラの色を変えてみたりします。

例えばバレンタインデーのときには赤い色のバラを多く使っています。

暑い季節には清涼感が感じられる白や青のバラを使います。

ほんもののバラではまだ青色のものはできていませんが、プリザーブドフラワーでは青いものがあって材料屋さんで買うことができます。

秋になるとハロウィンのためのオレンジ色の花を多く使います。

クリスマスにはクリスマスの小さな飾りなども一緒にアレンジしてより雰囲気が出るようにします。

たくさん作っていると欲しいと言ってもらえるようになって、さらに作ることが楽しくなってきました。

教える楽しさも感じられるフラワーアレンジメント

教えてほしいという人もいるので、時間があるときには私流のフラワーアレンジメントを教えてあげています。

初めてフラワーアレンジメントするという人には難しいこともあるのですが、そんな時はちょっとしたコツのようなことを話してあげるとだんだん上手になっていきます。

ある人に教えてあげたときに、できあがった作品を持って帰って飾っていると、そのおうちのお嬢さんがとても興味を持ってやってみたいということで、その次の時に一緒にやってきました。

若いだけにお嬢さんのほうがセンスも良くて、上手に作品を仕上げることができました。

それからは親子で教えてあげています。

私もまだまだ勉強中なので、とくに教えてあげる料金などはもらわずに、作品に使う材料の実費だけをもらうようにしています。

そのかわり、週に何度とかいったやり方ではなくて時間のあるときにということにしています。

作ったり教えてあげたりすることが趣味なので、その時間は楽しくてあっと言う間に過ぎてしまいます。

これがレッスン料とかをもらうようになったら、趣味の段階ではなくなると思うので、もしかしたら楽しいと言ってはいられなくなるのかもしれません。

複合施設イオンモールは子連れに嬉しいサービスがいっぱい!

私が複合施設を選ぶ理由!子供連れでも楽しめるのが魅力

私には現在、1歳半になる子供がいます。

夫婦2人の時は自分たちが行きたいところや好きなところへ出かけたりしていましたが、子供が生まれてからはなかなかそうもいきません。

子供はまだ小さいので公園に連れて行っても訳もわからないという感じですぐに飽きてしまいます。

そうなると複合施設はとても良いです。

同じ子供連れもたくさん来ているので気を遣ったりすることがありませんし、子供も私たち夫婦も買い物できるのでよく行きます。

複合施設の中でもなぜイオンを選ぶのか

イオンモールは子供連れ家族のためにいろいろ準備がされています。

ベビーカートはもちろんあります。

授乳室やオムツ替えの部屋もあり、小さい子供を連れても安心して行けます。

うちは母乳ではなかったので授乳室は使ったことがないのですが、ミルクの人でもミルクを作るためにお湯が用意されています。

私はそれを使っていましたがとても便利でした。

お湯だけでも荷物を1つ減らせるというところが私にとっては有り難かったです。

オムツ替えの部屋も可愛く作られていますし、ベッドもしっかりしていますので子供にとっても安心だと思います。

ママ友とイオンの授乳室って良いよねなどと話すこともあります。

他にも子供専用のトイレが設けられています。

子供専用のトイレといっても大人のトイレの中にあるのではなく、男子トイレと女子トイレとは別に子供専用のトイレがあります。

大人のトイレが並んでいると我慢が苦手な子供だと親は大変ですよね。

漏れてしまっては困ります。そんな時とても便利だと思います。

うちはまだ子供が小さいので使ったことはないのですが可愛い作りだと思います。

もうすぐ使えるようになるので一度連れて行ってもみたいです。

子供たちが1人でよく行っているのを見るので子供も安心して行ける作りになっているようです。

フードコートでも子供用のソファがあり、大人には小さくて座りにくいと思いますが子供にとっては楽しい空間でご飯を食べることができると思います。

赤ちゃんや子供のためだけではなく大人にとってもたくさん良いところがあります。

日用品、食材、服、靴、雑貨、ベビー用品など何でも揃うイオンは素敵です。

子供連れだけでなく恋人同士のデートや友達とのお出掛けにも使えます。

私はいつもあちこち見て回った後に食材を買って帰るのがお決まりです。

帰りにスーパーに寄って帰らなくて済むので便利ですよね。

忘れ物をしても100均もありますしその都度買えます。

100均は重宝しています。

時間がある時は買う物がなくてもゆっくり見てしまいます。

あとは私たちみたいな子供連れのために子供が遊ぶ場所も設けられています。

子供には買い物に飽きたらそこで遊んで発散させます。

親は周りで座っていられるので近くで見ることができて安心です。

映画館もありますから予定がなくても暇になれば映画だって観ることができます。

子供が大きくなってきたら楽かなと思います。

私は何度も映画を観ましたが観やすいですし、最新の4DXも上映されています。

近くに映画館が今までなかったのでできた時は嬉しかったです。

レストランもたくさんあります。

贅沢したい時には食べて帰ったりします。

軽食もありますから簡単に食べて帰ることもできますよね。

イオンに行くとどうしてもお金を使ってしまうのが困りもの

ただ私が嫌だなと思う点は行くと必ずお金を使わないといけないところです。

今日は見るだけと言っても喉は乾きますし飲み物くらいはと思って買います。

最低でも1000円は使うので公園だと0円なのにと思ってしまいます。

駐車場が無料なのは有難いですが他に使っていては意味がないですよね。

子供を遊ばせる場所も有料と無料の場所があります。

今はまだ子供が小さいので選びませんがこれから有料の方を選ばれるとまたお金がかかります。

今ほど買い物には来られないですね。

今でもゲームセンターの前を通ると覚えているので行きたいと言い出します。

行ってしまうといつも帰るのに大変なのでなるべくゲームセンターの前は通らないようにしています。

避けて通るようにしています。

お金を使わないといけないという点はケチな私にとっては嫌だなと思うところです。

それ以外はイオンだとイオンカードも持っていますのでポイントも貯まります。

優待券も送られてくるのでそれを使ったり、それ以外にも曜日や日付で割引もよくあるので買い物はしやすいです。

子供服の専門店も多いので可愛い服もたくさんあります。

専門店でも割引がありますので安く買えることは有難いです。

私も主人も子供もだいたいイオンで服を買うので一気に買いに行けて良いです。

まだしばらくは子供も公園などは行けないのでイオンにお世話になるかなというところです。

子供が大きくなっても雨の日はイオンに行くと思います。

雨の休日は家族連れが溢れかえりますからうちもその1家族になりそうです。

ママ友同士でもよく行こうとなります。

ママ友に聞くと休日はやはりみんなイオンに行っているそうです。

最高のホワイトチョコレート!メルティーキッスのくちどけは抜群!

冬の楽しみ!特別なチョコレート「メルティーキッス」

メルティーキッスといえば、「チョコレートは明治」のキャッチフレーズもある明治が販売しているチョコレートのお菓子です。

それこそ、学生の頃から冬になると売り出されるメルティーキッスは、季節の楽しみのひとつでした。

学校でも美味しいよね、と話題になったりしていたものですが、大人になった今食べてみてもとても美味しいです。

そんなメルティーキッスに、メルティーキッス スリムキッス くちどけホワイト、という物があり、ものすごくツボにはまっています!

スリムというだけあって、いつもの箱の大きさとはだいぶ違ったミニサイズの箱です。

箱の大きさ、縦も15センチ位で、持ち運ぶのに楽なサイズ。

一人でちょっと楽しみたい時にも良い大きさだと感じます。

お店で売っているパッケージをみて、これはどうみても美味しそうだと思ってダイエットをしなくてはと思っていた矢先なのに我慢できず買ってみたのです。

味は本当に大当たりでした。

もちろん、痩せたい人には注意です。

ホワイトチョコ好きにはたまらないメルティーキッス

スリムキッスには種類があって、普通のチョコも美味しかったのですが、このくちどけホワイトは味が最高なのです。

チョコレートならホワイトチョコ派という私は、これをひとつ食べてみて、美味しすぎる!と幸せな気分になりました。

私の中のホワイトチョコレートの美味しさが、丁寧にギュっと感じられるというイメージでした。

パッケージに書かれている、す~っととろけるミルクのコク、というのが、まさにその通りだと思うのです。

濃厚なミルク感が口に広がり、でもしつこすぎない上品さもある甘さ。

口にいれるとすっと溶けて、飲み込んだ後味も良いので、人にもこれは美味しいとすすめています。

初めて口にした時のことをよく覚えています。

食べてみたら、あまりに好みの味だったので、一人でいたのに、つい顔がにやけてしまったのでマスクを出して、下を向いたのです。

一人で食べ物を食べて、美味し過ぎて顔が笑ってしまうというのは初めての事で自分でも、こんなこともあるんだなぁと驚きがありました。

一人でにやにやしていたらまわりから怪しいと思われそうなので必死にこらえるという、食べ物で今までになかった体験でした。

今まで食べてきた沢山のホワイトチョコレートのお菓子の中で、私の今のところのナンバーワン商品です。

チョコは好きだけど、ホワイトチョコレートはそこまで好きではない。

と言う旦那にも一つあげてみましたが、「ああ、確かに美味しいね。けど普通のチョコの方が好きだなぁ」と言われて、こんなに美味しいのにやっぱり人の好みってそれぞれなんだなぁと改めて感じました。

メルティーキッスはほどよい食べやすさ

内容量が41グラムだそうです。

10枚入りなので、食べ過ぎない量。

一つの大きさも、小さすぎず大きすぎずで、ちょうど食べやすいです。

メルティーキッスが正方形に近いのに比べると、こちらは平たい。

メルティーキッスは一つ一つがビニールに梱包されていますが、こちらは紙に包まれています。

銀紙とも違い、水色のちょっと光沢のある包み紙で、その見た目も気に入っています。

例えば、同じ明治のチョコ、ガルボミニのように袋にいくつも入っているわけではないので、人にも配りやすかったです。

もちろん、ガルボミニのミルクもまたこちらとは違った美味しさはあります。

まわりが少しかためられている感じで食感ら違います。

どちらも美味しいけど、やはりこちらのくちどけホワイトがより好みです。

最初からこのほろっと溶ける甘さはくせになっています。

メルティーキッスはパッケージも一工夫されている

冬の商品ということもあり、雪の結晶の模様がいくつもあって見た目も可愛く楽しいです。

私が気に入っているのが、取り出しやすさでもあります。

オープンと書かれた部分をひっぱると、その部分がぺたんとつぶれる形になるので、そこから中身であるチョコレートが取り出しやすいのです。

箱を閉じるときもまた持ち上がって閉じるようになるので便利だなと思いました。

つぶれたままになってしまうと持ち運ぶのに中身が飛び出してバラバラになるので。

こういう小さいけどアイデアで使いやすさがある商品は良いものです。

この一工夫には、なるほどと思いました。

他の商品もこうなってくれれば良いなとも思います。

メルティーキッスはちょっと割高!でもその価値がある味

私がよく行くお店では160円位でしたが、お店によって多少値段に違いはあります。

チョコレートのお菓子、100円でも色々あるのを考えると高めにも感じますが

この味を考えれば、もう少し値段が高くてもお金を出すだろうと感じるので満足しています。

使用するアレルギー物質も箱に記されていて、27品中、乳製分・大豆の二つが当てはまるとのこと。

これは仕方ないけど、自分には当てはまらなかった事がありがたいです。

賞味期限も余裕がありました。試しにと買った物でも、賞味期限は10ヶ月先でした。

美味しくてお気に入りのお菓子ですが、冬季限定ということで今しか食べられない事がとても残念です。次に冬がくるまで。

近いうちに買い溜めしようと本気で考えています。

心を掴んで離さない!絶対にハマるオススメ漫画

1、「ドリフターズ」島津豊久が暴れまくる!

まず、この作品タイトルからすると、ドッドッドリフの~と言う歌が聞こえてきそうな感じなのですが、第一巻の最初の見開きのページから、そんな気配はふき飛んでしまう、主人公「島津中務少輔豊久」(以後、島津豊久)の1600年関ヶ原烏頭坂の戦いのシーンが描かれています。

戦国最強の武士の一人、島津豊久の養父・島津義久を、戦場から薩摩へ逃がすため、わずかな兵と共に、徳川四天王の一人、井伊直政の軍に立ちはだかります。

そして、その体を無数の槍で貫かれながら、直政に痛恨の一撃を与え、敵を退散させる。しかし、大量の出血などで、「もはやこれまでか」と思ったその時、豊久の前に現れる、長い廊下の奥に座る一人の男によって、豊久は異世界に飛ばされてしまう。

異世界に飛ばされた豊久を救ったのは、同じくこの世界に飛ばされた、第六天魔王・織田信長、そして弓の名手としてその名を知られる、那須与一であります。

この3人が出会うことで、物語は大きく動き出します。

エルフやドワーフ、ドラゴンやゴブリン達が存在する世界で、人間を滅ぼし異形の者の世界を創造するという、廃棄物(エンズ)の王、黒王をはじめとする、土方歳三、ジャンヌ・ダルク、ラスプーチンなどのエンズ達、それを阻止するべく織田信長の計画により、この世界で「国盗り」を始めた豊久達、漂流者(ドリフターズ)。

二つの勢力で生き残るのは、ドリフターズか?それともエンズか?

戦の申し子、島津豊久の武士としての生き様、戦いの覚悟、信長の知力、与一の技。

ページをめくるたびに、ドキドキが止まりません。

さらに歴史好きにはたまらない、ハンニバル・バルカや、菅野直、ビリーザ・キッド、明智光秀など続々と登場します。

最後にこの作品の作者である、平野耕太先生の作品は、セリフが本当にカッコイイです。過去の作品の「ヘルシング」でもそうでしたが、この方の作品のセリフは、心をグッとつかんで離さないセリフが多いです。この「ドリフターズ」で私の好きなセリフは、第五巻P187~P190までの一連のセリフです。

これは実際に読んで頂きたいです。

2、「ハクメイとミコチ」は不思議な癒しの世界

ハクメイとミコチ、この作品を読むきっかけとなったのは1巻の表紙の絵でした。

私は、しっかりと細部まで、書き込まれた作品が好きで、この作品は、背景や人物がとても丁寧に書き込まれています。

タイトルの「ハクメイとミコチ」は、主人公の2人の女の子の名前です。

この作品には、人間(普通の人間)は登場しません。

描かれるのは、主人公達小人と昆虫、そして動物達が人間社会の様な生活をしている様子が描かれています。

特に大きな出来事があるわけでもなく、この世界で生きるハクメイとミコチの日常を通して、「この世界で自分も一人の住人として生活してみたい」と、思ってしまいます。

小人の親方が仕切り、動物たちが働く大工組合(大工組合のモットーは「迅速」「丁寧」「仲良し」)大きな老狼が率いるキャラバン隊、おしゃれなネズミが経営する服屋などが、まるで本当にどこかにある様な生き生きとした表現で描かれています。

各話の1コマ1コマがとても丁寧に、しっかりと描かれていて、読んでいる自分もいつしか作品の中の住人になったような感覚になって、読み終わる度にほっこりした気持ちにさせてくれる、私の癒しの作品です。

3、「高杉さん家のお弁当」大切な人に心を込めて

この物語は、大学の准教授である、高杉温巳(ハル)とハルの姉の忘れ形見の娘・高杉久留里(クルリ)との心温まる生活を描いた作品です。

この作品の大事なキーワードは「お弁当」です。

ハルが、中学生のクルリのために作るお弁当。クルリがハルのために作るお弁当。お互いが大事な人のために、色々な思いをつめこんで、お弁当を作ります。

この物語が進むにつれて、二人の関係も少しずつ変化していきます。

ハルは大学の仕事も徐々に認められ、海外赴任の話も出るようになります。

中学生から高校生、大学生へと成長するにつれてクルリは、ハルに対する淡い恋心から、一人の男性として、ハルに対する感情が変わってきます。

また、ハルも可愛い姪っ子から、一人の女性としてクルリを意識するようになります。

そして物語の中盤で明かされる、ハルとクルリの血縁関係。

クルリがこの後、はっきりとハルを一人の男性として思いを寄せることになる重要なエピソード回です。

各回登場する、数々のお弁当は実際に私も、作ってみようと思うものもありました。

そして、最終回、海外赴任から帰国したハルが、大学を卒業して女子アナウンサーとなったクルリに、自分の気持ちを伝えます。

その時のクルリの表情がとても可愛いです。

最後まで、優しい気持ちにさせてくれる作品です。

3、まだまだある!注目のおすすめ漫画

①夏目友人帳…

人には見えない者達が見える主人公・夏目貴志。

彼の苦悩と悲しみ。しかし、彼を取り巻く妖や温かい人達によって少しずつ成長していく主人公の姿が、描かれています。

夏目と行動を共にする妖・斑(まだら)の変幻した・ニャンコ先生がとてもカワイイです。

夏目の持つ友人帳と、祖母・夏目レイコの秘密が、これからどう解明されていくのか、注目です。

②宇宙兄弟…

弟・ヒビトに続いて、ついに月に降り立った兄・ムッタ。そして、ロシアでもう一度、月に行くために、ロシアで訓練を続けるヒビト。

兄弟で月に降り立つ日は来るのか?

③鬼灯の冷徹…

地獄の閻魔大王の補佐官・鬼灯のドSっぷりが、たまりません。

個性豊かな様々なキャラクターにも注目です。

④うちの大家族…

内野さん家の父と3男5女の賑やかすぎる日常を、4コマで描かれています。

個性の違う兄妹達の大家族ならではの関係性がみものです。

⑤甘々と稲妻…

妻を亡くした、高校の数学教師・大塚公平とその娘・つむぎ。そして、高校生・飯田小鳥の三人がつむぎ出す、心温まる、ハートフルごはんストーリー。

毎回、紹介される料理が、本当に美味しそうで、それを見るのも楽しみの一つになってます。

おまかせで揚げてもらうのがおすすめ!新宿の串揚げの名店「立吉」

私達夫婦の勝負レストランである「立吉」

新宿にある串揚げの「立吉」。

かつてとある有名女優と野球選手がこの店でデートしていたところを週刊誌にスクープされていたこともありました。

かなりの有名店です。

かつては現在の大塚家具(過去の三越南館)のすぐ横の店にありましたが、東日本大震災の後に、伊勢丹本館の明治通りを挟んだ向かい側に移転しました。

かれこれもう15年以上年に数回通っています。

本当は月1回ぐらいは行きたいのですが、本気で食べると結構なお値段になってしまうので、残念ですがそう頻繁に行くことができません。

しかし誕生日などのイベントごとや、友達を食事に連れて行くときなど、ここぞという時にはここを利用しています。

夫も大好きな店なので、2人にとっての勝負レストラン的な存在です。

立吉では普段食べられないものも食べちゃいます

「立吉」は大阪の串カツとは違い、東京風の串揚げです(大阪風の庶民的串カツも大好きですけどね)。

お好みで頼むのではなく、お店が次々と揚げてくれるものが出てきます。

最初に食べられない食材を聞いてくれますし、お好みで頼むこともできますが、やっぱりお店の人が色々と順番や今日のおすすめ食材を考えて出してくれるのを食べるのが一番です。

実は私は他の人よりも食べ物の好き嫌いがとても多いのです。

魚介類などはほとんど普段食べません。

しかし、「立吉」でだけはエビ、きす、サケなんかはいただきます。

シソが巻いてあったり、三つ葉と一緒になっていたりして仕事がしてあるので、なんとなく食べられてしまうのです。

一度連れて行った友達は、初めて私が魚介類を食べるところを見たと言ってものすごく驚いていました。

普段食べられないものも食べられるくらい美味しいということです(ただ、ウナギなどどうしても食べられないものについては、申し訳ないのですが店の人の目を盗んで夫に食べてもらっています)。

夫も同じく、普段は食べないアスパラガスなんかもここだけは美味しいと言って食べていますね。

お腹がそこそこいっぱいになるまではお店の人が揚げてくれるものを食べて、そこそこお腹いっぱいになったら、そこから2、3本お願いして好きなものを揚げてもらうのが私達夫婦のいつものパターンです。

立吉おすすめの串揚げは

串揚げの内容はだいたい40種類ほどでしょうか。

通年あるレギュラーの食材もありますし、その月ごとにかわる季節の旬の食材もあります。

春ならふきのとうなどの旬のものは、本当に美味しいですし、行ってみてどんなものがあるのか楽しみです。

レギュラーのものでもアスパラガスをまるまる1本揚げたものは、連れて行った人みんなが絶賛する人気のメニューです。

酸味があるタレがかかったハマグリ、子持ちコンブなんかも必ず食べたい逸品です。

野菜もレンコンはほんのりカレー味だったり、ペティオニオンにはウィンナーが一緒になっていたりして、食材そのままを切ってあげているというよりも、色々と工夫がされているので食べてみて驚かされますし、本当に美味しいのです。

またこちらはデザート串も5、6本用意されています。

夏場のブドウなどの果物の串揚げもあります。

ガトーショコラやアイスクリームなど珍しい揚げ物もあります。

他にはなかなか食べられないものなので、女性や子供なんかは頼んでいる人が多いですね。

ちなみに、夜遅くになると人気の食材なんかは品切れになっていることもありますのでご注意を。

立吉で美味しいのは串揚げだけじゃないのです

「立吉」は串揚げは美味しいのはもちろんのこと、他にも実は美味しいものがあります。

私のお気に入りはレモンサワーです。

酸っぱさと甘さのバランスが私の好みにぴったりで、串揚げの油をすっきりと洗い流してくれます。

レモンサワーだけでいったら、あらゆる居酒屋さんなどと比べても一番好きですね。

サクランボのシロップ漬けが入っているのも、なんとなくウキウキしてしまいます。

夫のお気に入りは、串揚げの後に食べるごはんとお味噌汁です。

漬物もついてくるのですが、この3点のバランスがすごくいいと言います。

串揚げを本当はもっと食べたいのだけれど、このごはんとお味噌汁を食べるために、若干お腹を空けて串揚げをストップするほどです。

漬物の塩加減が絶妙なんだそうです。

それから、串揚げの付け合わせで食べ放題のキャベツもいつもシャキシャキでみずみずしく、甘いものばかりです。

1本目の串揚げが揚がるまでについつい手を出してしまい、夫は全部食べ終えてしまうこともあるくらいです(それは恥ずかしいからやめてと、最近はお願いして自粛してもらっています)。

キャベツだけで1つのよいおつまみになっています。

食事が全部終わった後に出される梅昆布茶も、お楽しみの1つです。

お茶はほうじ茶か梅昆布茶か選べるのですが、私達は断然梅昆布茶派です。

串揚げ後の口の中が、ほんのりとして梅味と塩味ですっきりします。

以前はこの梅昆布茶が販売されていたので(現在は販売されているかわかりません)、よく購入して帰りました。

大食いに自信のある方はぜひ立吉に行ってみてください!

お店の中には串揚げの食べた本数番付が掲示されています。

大食いに自信のある方はぜひ挑戦してみてください。