2017年 6月 の投稿一覧

同人ゲームって知ってますか?遊んでみて分かるその魅力を紹介

実際に遊んでみると驚かされる同人ゲームの面白さ

みなさんは同人ゲームというとどのような印象を持ちますか?

オタク、怪しい、気持ち悪い…

かつて、私もこのような考え方をしておりました。

しかし、実際にいくつかの同人ゲームを遊んでみて、この印象が必ずしも正しくないと思うようになりました。

今回は「同人ゲームの魅力」についてその誤解を失くしつつ解説したいと思います。

そもそも同人ゲームってなに?多種多様な同人ゲームの世界

そもそも、同人ゲームとはどのようなものなのでしょうか?

一般的には、アマチュアゲームクリエーターが作成したゲームを指します。

しかし、近年プロのクリエーターの方でも特定の企業に属さず、個人の名前でゲームを売り出すこともあります。

そのようなゲームも同人ゲームとして普通の量販店で販売されることがありません。

つまり、「個人やサークルなど、企業に属さない者が作り販売するゲーム」というのが同人ゲームの最も正しい理解だと思います。

同人ゲームにはいくつか種類があるように思えます。

上記の説明で言い表すには同人ゲームは多種多様すぎるのです。

そこで、私は同人ゲームを「ゲームを個人やサークルで出す理由」に基づき分類してみました。

まず、第一の同人ゲームは過激な表現を含むものです。

多くのゲーム会社は社会的な批判を浴びる、過激なゲームの作成に慎重です。

第一の同人ゲームはゲーム会社が満たすことのできないニーズを満たすために存在します。

おそらく、こういった同人ゲームへの印象が「気持ち悪い」なのでしょう。

第二の同人ゲームは趣味で作られるものです。

趣味でゲームを作ろうとする方はゲーム会社に所属できません。

それは本業があるためだったり、能力が足りない為だったりします。

第二の同人ゲームは基本的に企業が出すゲームに比べ劣るものが多いですが、中には質が高いものがあります。

第三の同人ゲームはプロのクリエーターが自分の理想を追い求めるものです。

過激な表現と同様にゲーム会社は挑戦的なゲームも嫌います。

つまり、いくら優秀なクリエーターが提案した企画であれ、一般向けでないならばゲーム会社では通らないのです。

そういった状況に不満を持つクリエーターが企業に属すのを嫌い、同人ゲームを作ることがあります。

これが第三の同人ゲームです。

この記事では主に第二、第三の同人ゲームの魅力について解説します。

埋もれた才能を見つけ出す!「第二の同人ゲーム」の魅力

第二の同人ゲームは趣味で作成されたもののことでした。

こういった同人ゲームを作るクリエーターの中には素晴らしい才能を持った方がいます。

事実、元公務員のクリエーターの同人ゲームが大ヒットし、アニメ化、コンシューマー化、映画化などのメディア展開した例はあまりに有名でしょう。

自らの手で隠れた才能を探し出す。

これが第二の同人ゲームをプレイする魅力です。

圧倒的なクオリティと作品への情熱が魅力の「第三の同人ゲーム」

第三の同人ゲームはプロのクリエーターが自らの理想を追い求めて作った、クセの強いものでした。

これらのゲームの特徴はクオリティが高いこと、作品への情熱が感じられることです。

プロが作る同人ゲームはどれも圧倒的なクオリティを誇ります。

確かに、ゲームシステムや3Dグラフィックなど人海戦術が必要な部分はゲーム会社が作るものに劣るかもしれません。

しかし、それを補っても有り余るストーリーや楽曲などの魅力があります。

これは、ゲームクリエーターの自らの力を発揮できる環境にいることに起因すると私は考えています。

上司のいない環境はゲームクリエーターにとって理想的なものでしょう。

また、第三の同人ゲームからはクリエーターの強い情熱を感じます。

クリエーターにとって企業を去ることは安定した生活を手放すことになります。

ゲームが売れず、シナリオなどの依頼がなければ収入がなくなることさえあり得ます。

こういった状況に自らを追い込むクリエーターは、ゲーム作りに強い情熱を持っているものです。

その情熱がゲームをより魅力的なものにします。

同人ゲームのクリエーターに直接会える!即売会の魅力

同人ゲームを入手する手段は即売会、同人ゲーム専門店、ネット通販などがあります。

私は即売会へ行くことを強くおすすめします。

そのゲームを作ったクリエーターの方から直接ゲームを購入することができるからです。

野菜は農家の方から栽培方法を聞いた方が信頼して買うことができるものです。

これはゲームについても当てはまります。

クリエーターの方からどういったコンセプトのゲームなのか、何を工夫して制作したのか、どういった方におすすめなのかを直接聞いて買った方がよいに決まっています。

それができるのが即売会なのです。

また、自分の好きなゲームを作るクリエーターの方に直接会うことができるのはファンにとって大きな魅力です。

即売会の会場では有名なクリエーターの方と長時間お話しすることも可能なことがあります。

足しげく通っていれば、クリエーターの方に顔を覚えていただけることさえあります。

クリエーターの方に直接会ってゲームを買うことができるのは同人ゲームだけの魅力です。

いかがだったでしょうか?

もし、同人ゲームに興味を持っていただけたなら、まずはインターネットで有名な作品を探してみてください。

かなり過激な表現を含むものもありますが、そうでないものもたくさん見つかるはずです。

中にはあなたが知っているクリエーターの方が作ったものもあるかもしれません。

もし、面白そうなものがあれば試しに購入してみてください。

今までプレイしたゲームにはなかった魅力がそこにはあるかもしれません。

沖縄料理店「てぃあんだー」の隠れた逸品!ゴーヤピクルス

盛岡のショッピングビルの裏にある沖縄料理店「てぃあんだー」

今回紹介したい一品が食べられるのは、盛岡市大通にある「てぃあんだー」。

賑やかなアーケードから南に下り、更に複合ショッピング施設を通り過ぎ、路地を少し進んだところにあります。

沖縄風の絵柄のある白い暖簾のかかった階段を上り2階の引き戸を開けると、沖縄の空気と店主が迎えてくれます。

私は初めて来店した時から一人、カウンター席に座ります。

店主や店員さんと向き合う格好になりますが、こちらが話しかければ応えてくれるものの不必要に話しかけられることはないので、「あまりお喋りしたくないんだよなあ…」という方もご安心を。

料理やお酒について相談しやすい(声をかけやすい)、厨房の様子がちらっと伺える(あれは自分のかな、とワクワク度が増す)という楽しみもあります。

特に、「泡盛は飲んだことがないけど挑戦してみたいな」「沢山は食べられないけど、ちょっとこの料理摘まんでみたい」など、ドリンクや料理(食材・調理法・量など)に要望があれば是非相談してみてください。

店主は勿論、バイトの店員さんでも気さくに教えて下さいます。

勿論テーブル席もあるので、グループでも大丈夫ですよ。

私自身は利用したことはありませんが、個室もあるそうです。

数あるメニューの中でおすすめは前菜の「ゴーヤピクルス」

こちらのお店、ジャンルとしては「居酒屋」なのですが、「お通し」はありません(当然お通し代もかかりません)。

代わりにメニューには、提供時間が短い料理が「前菜」として並んでいます。

定番の「枝豆」や「もずく酢」にも惹かれつつ、やはりここは沖縄感を味わえる物をいただきたいところです。

「島豆腐」や「豆腐よう」、「ミミガー」に「アンダンスー」……文字を見るだけで好奇心と食欲をそそられます。

中でも私が毎回訪れる度に頼む、お勧めしたい一品は「ゴーヤピクルス」です。

ゴーヤの独特の食感と味付けの妙が冴える「ゴーヤピクルス」

カウンターの奥にずらりと並んだ泡盛の瓶やラベルを眺めながら待つこと数分、小鉢でピクルスが到着します。

透明感のある冴えたゴーヤの緑色、白い松の実のコントラストが目にも綺麗です。

食材は殆ど沖縄から直送しているとのことです。

最近は北国でもゴーヤが育てられるようになりましたが、このゴーヤは沖縄の太陽を浴びてすくすく育ったものなのかな、と考えるのも楽しいものです。

早速1,2切れを箸で摘まんでみましょう。

3ミリくらいの厚さ、しんなりしているけど柔らかすぎない、言わば「アルデンテ」な手ごたえです。

箸を持つ手が喜んでいるような、そんな感触です。

「さくっ」とした食感で中心部に歯ごたえがあり、「ふにゃふにゃ」ではないのですが、噛み締めると「じゅわっ……」と口の中に味わいが広がります。

ピクルスだからもちろん酸味が主体なのですが、酸っぱすぎず、塩味も甘みも感じられます。

カウンターからは冷蔵庫らしき扉を開けて、タッパーのようなものから料理を取り分けているような動きも垣間見えるので、あらかじめ仕込んで味をなじませているのではないか、と想像します。

つんとした酢の爽快感はあるけれど尖った感じはなく、市販のドレッシングにあるようなくどい甘みもありません。

味、痛みとしては感じないけれど、トウガラシの若干の辛味(刺激)が全体を引き締めているのでしょうね。

後味にほんのりと漂うゴーヤの苦み、これがまた泡盛によく合うのです。

まろみ、深み、若干の苦さ、とにかくお酒の旨みをよく引き立ててくれます。

あまりに相性がいいので「もしかしてお酒も入っているのかな?」と思いましたが、店主に尋ねると「いや、入れてませんね」とすっぱり一刀両断にされました。

朴訥で素直なご店主です……でも控えめで温かく、親切ですよ。調理方法を詳しく知りたい、この味を自宅で再現したいと思っているのですが、そこは明かしてくれない、やはり店主としての意地でしょうか。

ついつい後を引いて、もう一切れ、もう一切れ……と、箸を伸ばしたくなります。

その一方で、すぐに無くなってしまうのは惜しいからゆっくりちびちびやりたい、そんな気分にもさせられます。

ラフテーやチャンプルーなど、他の料理の味を邪魔することもありません。

ノンオイルでさっぱりした一鉢なので、どちらかというとこってり、濃い味の者も多い沖縄料理に合わせるとホッと一息つけます。

飽きの来ない、かつ平らげるのが惜しまれる、量も味付けも「箸休め」として、「肴」として、本当に丁度いい小鉢です。

お値段も優しい設定なのがありがたい「てぃあんだー」

先程「お通し代が要らない」と述べましたが、「てぃあんだー」は本当にお財布に嬉しいお店です。

ゴーヤピクルスは300円代、それ以外の前菜も大体400-600円以下です。

メニュー表の中で最も価格が高いものでも1人前1000円以下ですし、メニュー表にはありませんが、頼めば量も値段もハーフサイズで提供していただけます。

忘れてはいけない・ピクルスがよく合う泡盛も、新酒は勿論、古酒と言われる長期貯蔵したものも1杯400円以下からオーダーできます。

是非両方ともオーダーして、相性の良さを確かめていただきたいです。

「実りの百選シリーズ」の冷凍ミックスベリーの美味しい食べ方をご紹介

四種のベリーを楽しめて大容量!お得で美味しい冷凍ミックスベリー

カルディファームで販売されている「実りの百選シリーズ」の冷凍ミックスベリーがお気に入りです。

この商品は苺の他にブルーベリー、ラズベリー、クランベリーの四種類のベリー類が冷凍保存されています。

第一印象は赤と暗紫がミックスされていて、パッケージの上部がラズベリーレッドになっているデザインなのでお洒落な印象です。

袋入りになっていて450gと大容量で商品の価格が税込597円という値段なので、他の店と比べるととてもお買い得です。

冷凍ミックスベリーはこんな所が良い!おすすめする理由

他の店でも冷凍のブルーベリーや苺を販売している所はありますが、ラズベリーやクランベリーまで手に入る所は多くありません。

果物も食生活に欠かせませんが、果糖の摂りすぎを防ぐために「実りの百選シリーズ」を利用しても良いと思います。

シリーズの中でもこの冷凍ミックスベリーは一番利用する頻度が多いのではないでしょうか。

色も綺麗で体に良くて美味しい、この三拍子が揃っている製品はそれほど多くありません。

苺は市販のお菓子と比べるとさっぱりとした口当たりで胃腸など内臓を損ねる事はなく、間食に適しています。

中くらいの大きさの物を5粒食べても約60キロカロリーなのでダイエット中でも食べられますし、女性に良いとされている葉酸を多く含んでいます。

苺と一緒にミックスされているラズベリー、クランベリー、ブルーベリーにはビタミンC、ビタミンE、亜鉛などの成分が含まれているので、手軽に栄養のバランスが良い食生活に近づく事が出来ます。

配色の美しさと美味しさは完璧!冷凍ミックスベリーの魅力

このミックスベリーを利用したスムージーと卵やベーコンなどのたんぱく質、緑黄色野菜のスープ、トーストを組み合わせれば完璧です。

一度解凍した物をもう一度冷凍すると味が変化する事があるので、購入した後は小分けにしておくか、予め使う量を決めておく事が重要です。

チョコレートやアイスクリームを作る時に冷凍ミックスベリーを利用すると、新鮮な味わいになります。

「苺とチョコレート」という題名の小説がありますが、タイトルにされる程相性ぴったりで定番お洒落の代表とも言える組み合わせでしょう。

昔からこの組み合わせには抗いがたい美味しさと配色の美しさがあり、誰もが認める事だと思われます。

苺の上にチョコレートをコーティングしたお菓子も不動の人気を誇っていますし、ほろ苦いカカオと苺の甘酸っぱさがお互いを引き立てるため、各メーカーやパティシエにも人気が高い食材となっています。

個人的にはラズベリーやブルーベリーの小さくてコロンとした丸い形の果物も気に入っているので、苺にそれらのベリー類が配合されたこのミックスシリーズはそんな私に合っていると言えます。

料理研究家の栗原はるみさんのレシピやイラストレーターの大橋歩さんが毎朝朝食に食べているヨーグルトに使用されている生のラズベリーとブルーベリーは以前からの憧れですが、私の住んでいる地域の店では売っていないため冷凍の物にしています。

他のベリー類と比べると苺が大きいので大きさを統一するためにカットタイプになっているのかもしれません。

全て小さめに切ってあるので自分で切る手間が省けて便利です。

スーパーの店頭で販売している果物には甘味がある物が多いのですが、甘い味の物ほど腐るのが早いので急いで食べなければなりません。

冷凍保存された果物は体を冷やすという説がありますが、解凍して使えば美味しく食べられます。

アレンジしてもおいしい!冷凍ミックスベリーのオススメの食べ方

体が冷えやすい人は常温にして利用する方法があります。

スムージーを温めて作るホットスムージー、苺大福がすっかり定着した今はベリー類をお汁粉に入れても美味しく食べられる事が分かっています。

ワインビネガーやお酢に漬けておくと良い香りの調味料として活用度が高くなりますし、カレーなどの煮込み料理に加えると、風味が増してフルーティーな味わいになります。

クルミやアーモンドなどのナッツ類とも相性が合うので、ケーキやクッキーに合わせて入れても良いでしょう。

原材料は全てモロッコやアメリカで収穫された物ですが、味自体は甘すぎない味なので料理の隠し味やお菓子の材料、スムージー、ヨーグルトのトッピングなど様々な活用が可能です。

解凍した物は様々に活用出来ますが、あっという間になくなります。

前述の利用法の他にもミックスベリーのジャムやドレッシングを作ったり、北欧のように肉や魚料理のソースにしたりすると、献立のバリエーションが増えて毎日の食卓が楽しくなります。

私の場合は主に朝食用のヨーグルトのトッピングにしていますが、パンケーキを作る時に生地に混ぜたり紅茶に入れて香りを楽しんだりするなど、時々別のバリエーションを試して楽しんでいます。

こんがりと焼けたパンケーキの黄色に赤系統と黒のベリー類の色が映えて食欲をそそりますし、いつもストレートで飲んでいる紅茶もベリー類を入れると香りが加わって苦味がマイルドになる気がします。

保存さえ気を付ければいつでも美味しいベリー類がいただけるので、お勧めです。

ふわふわ感のあるお好み焼きに感動!大宮駅近くの「あいろん亭」

大宮駅の西口から少し歩いたところにある鉄板焼きのお店「あいろん亭」

上品な味付けの前菜からパンチのあるステーキやおいしいスイーツまである大宮駅周辺で一押しのお店。

お店の中は落ち着いた雰囲気で、鉄板の前のカウンター席やいろりを囲んだ掘りごたつ席、テーブル席など様々なシチュエーションに対応できるお店。

小さい子供がいても大丈夫、大勢の飲み会も大丈夫、使い勝手もよいお店です。

そんなあいろん亭では何を注文してもおいしいけど、なかでもお好み焼きが最高!

おいしい前菜があって、ステーキもあって、スイーツもあって…なのにお好み焼き?と思ったあなた。

どんなに最高かって?

それはそれは・・・。

お好み焼きがテーブルに出てくると必ず驚くボリューム!

メニューには普通にお好み焼きって書いてあるだけなんだけど、実はそれがすごい。

お好み焼きのメニューは豚玉と海鮮の2種類。

どちもおいしいからどっちでも大丈夫。

お好み焼きを注文して、テーブルに来た時にまずびっくり!

何がびっくりって、いままで見たことのないお好み焼き。

高さ5センチ以上はあるであろう、ホールケーキみたいなお好み焼きが運ばれてくる

見た瞬間に笑顔がこぼれちゃう。

ケーキみたいなお好み焼きはソースにマヨネーズ、かつお節に青のりと表面はいたって普通な感じだけど、全体がふるふるしてる。

焼きたてのスポンジケーキみたいに、見た目からふわっと感が伝わってくるのです。

高さがあるからボリューム感もすごい。

この時点で笑顔がこぼれない人はいないはず。

見た目は100点満点といわず、120点!

見た目を裏切らないふわっふわの食感がお好み焼きとは思えない!

見た目でビックりしたお次は、食べてびっくり!

見た目の期待を裏切らないふわっふわの食感。

ふわっふわで口にいれるととろけるようなやわらかさ。

もうお好み焼きを食べてるとは思えない食感。

もちろん味はお好み焼きなんだけど、お好み焼きのスフレをたべてるような、ふわごこち~

お好み焼きとしてもおいしいけど、もはやあたらしい食べ物って感じ。

幸せを感じる一口なのです。

そこできになるのはふわっふわの正体。

なんでお好み焼きがこんなにふわっふわなことになっているのか気になる

何回かお店に通っているうちにその謎は判明

オープンキッチンでお好み焼きを焼いているのをみたときに見てしまった。

その正体は卵白のメレンゲ。

卵白を泡立ててメレンゲになったところで生地に混ぜてふわふわのお好み焼きにしていた。

なるほど!

ん?待ってよ。

家でもまねできるかも~!!

と思って、テンションが上がったものの、家であの高さのお好み焼きをやくにはちょっと無理があるかも。

お店では、お菓子作りで使う大きなセルクル型と鉄板焼きのお店でよく見る半球状の蓋をつかって

蒸し焼きのような状態で焼いてました。

う~ん、やっぱりあいろん亭で食べるしかない!

食べ過ぎ注意!お好み焼きの食感に感動してどんどん食べちゃう!

ふわふわ食感を堪能しながらもう一口、もう一口と味わっている間に、どんどんたべられちゃう。

ちょっとしたホールケーキ並みの大きさのお好み焼きなのに、ペロッと食べられちゃう。

しめに頼むことが多いけど、ふわっふわなことと味も濃すぎないからどんどん食べて、気が付くと食べすぎちゃってる。

複数人で行くと、もう一つ頼もうかとなって待っている間におなかが満腹になっちゃうから食べ過ぎ注意!

スイーツも食べたいのに、お好み焼き食べたらいきつかない…なんてときは小さいサイズも頼めばつくてくれるみたい。

かわいい一人サイズだけど、もちろん厚みたっぷりのふわふわはそのまま。

ちいさなケーキが運ばれてきます。

いえいえ、お好み焼きでした。

お好み焼きのお持ち帰りもできる!まだ食べたいときはお土産にしよう!

それでもまだ食べたいときはお土産!

お好み焼きはお土産で持って帰ることができるのです。

お土産用にお好み焼きを注文すると、帰るときに大きなケーキボックスに入れて用意してくれる。

夜食に食べたいな…とか、おなかいっぱいだけどまたたべたいな…とか、家族にも食べさせてあげたいな…とか

そんな時はお土産がおすすめ。

甘いものが嫌いな人のお誕生日にサプライズのバースデーケーキに代わりになっちゃうかも。

家に帰ってもう一度、お店での驚きとおいしさを堪能できちゃうのがうれしい。

家ですぐ食べないとさすがに冷めちゃいますが、電子レンジで温めればおいしく食べられました。

まるで禁断症状のように食べたくなってしまうお好み焼き

衝撃から1週間も経つと、あのケーキみたいな見た目とふわっふわ感とを思い出す日がやってくる。

思い出してしてしまったら、もういくしかない。

目で楽しんで、口の中で味わって、脳が記憶していて、ちょくちょくおもいだしちゃう。

食べたくなっちゃう。

それがあいろん亭のお好み焼き。

一度体験したら、一度じゃ終われないのがあいろん亭のお好み焼き。

いつもお客さんでにぎわっているお店ですが、大宮駅から少し歩くので、知らない人も多いかも。

なかなの隠れ家的なお店ですが、予約がおすすめ。

友達といってもデートで行っても、飲み会につかっても自信をもって連れていけるお店なこと間違いなし。

理想の広島焼きが食べられる!大阪府茨木市のお好み焼き屋さんがお気にい入り

ボリュームたっぷりの懐かしい味!最高のお好み焼き屋さん

私は、大阪の茨木市にあるお好み焼きやさんが大好きです。


こじんまりとしたお店であり、15人程度しか入れないお店ですが、いつもお昼前後、夕方は込み合っております。

決して安いわけではありません。金額もそこそこするのですが、ボリュームはあり、何といっても懐かしい味が最高です。

初めて言ったときは、どんなお店なのかも分からず入り、お好み焼きを注文するにしても、どれがいいのか分かりませんでした。とにかく、メニュを見て、選んでおりました。

私は中国地方出身のため、関西風のお好み焼きより、広島風のお好み焼き(最初に生地を引き、その上で具材をのせて最後に生地で挟むお好み焼き)が大好きです。

初めていったそのお店で広島風のお好みがあったため、ここぞとばかりにチャレンジしました。

子供のころ食べていたお好み焼きが出てきてくれればとてもうれしいなと期待しつつ、待っておりました。

何と、私がイメージしていたお好み焼きとまったく同じお好み焼きが出てきたのです。

私はそれだけで気持ちが高揚し、とても満足だったのですが、食べてもびっくりしました。

私が思い描いている以上のおいしさだったのです。

食べたかった広島風お好み焼きが出てきて感動した!

私は社会人になって関西在住となったのですが、普段食べるお好み焼きは関西風で、決してまずいというわけではないのですが、ボリューム感が感じられず、私の気持ちはあまり高まりませんでした。

ただ、味は関西風であれ広島風であれ、差はさほどないことから普通に食べてはいたのですが、やはり、物足りないといった感じがあった状態でした。

特に広島風でも私は中に焼きそばをいれるのが定番となっており、関西風で焼きそばをいれたものを注文すると、焼きそばの麺もお好み焼きの表面に出てきてしまうため、やきそばの麺が焦げてぱりぱりとなります。

一方、広島焼きではやきそばは必ず生地に挟まれて中に入っているため、関西風みたいに硬くなることはありません。

私にとってその麺が固くなるかならないかが重要であり、ここが関西風のお好み焼きと広島風のお好み焼きの違いだと考えております。

そのため、味はさほど変わらないにしても食感がことなることから、私には広島風があっておりました。

しかし、その広島風のお好み焼きに、関西ではなかなか出会うことができなかったのです。

もちろん、大きなお店に行けばあるのかもしれませんが、少なくとも私は出会ったことがありませんでした。

そのなかなか出会うことができなかった広島風のお好み焼きに、何と茨木市の小さなお店で出会うことができ、感動したのです。

サイドメニューも良い!お好み焼きと一緒にごはんセットが定番

そのお店では、私は広島風のお好みと必ずご飯セットをお願いします。

ご飯セットには、お茶碗一杯のご飯と、サラダ、お味噌汁、漬物がついております。

このセットをお願いする理由は、お味噌汁がついているからです。

このお味噌汁がとてもおいしいのです。

普通、飲食店でついてくるお味噌汁はたいてい、インスタントか、具があまり入っていないお味噌汁が大半です。

ですが、ここのお味噌汁は具がちゃんと入っており、そして手作りであることから私はとても気に入っております。

このお味噌汁の食べたくてこのお店に通っているのかもしれません。

あと、キムチポッカもお勧めです。

ビールのおつまみに最高の一品です。

これはキムチとイカと野菜を鉄板で傷めたものなのですが、非常においしくやみつきになっております。

特に夏の暑い日に冷えたビールとキムチポッカを最初に頂くのですが、夏の疲れをいっきに吹き飛ばしてくれます。

少々からく、鉄板でいためているため熱いのですが、ビールと一緒に頂くことで汗をかきつつも、最高の余暇を味わうことができます。

私は数名で行った場合、必ずこのキムチポッカを2つ頼みます。

そしてビールで乾杯しながら、みんなでお好み焼がくるまでのひと時を会話と共に味わっております。

そして食べ終わったころに、定番の広島風のお好み焼がくるのです。

予断ですが、私はいつもマヨネーズ多めでと頼みます。

味もお店の空間も最高!テーブル席でお昼からお好み焼きとビール!

このお店は地元に密着したお店であり、そのため、地元の方もよくご存知であることから、なかなか行っても満席といわれることが難点です。

お酒も飲めることから、年配の方も多く、そのため、私は、週末は11時の開店と同時に行くようにしております。

そうすれば、必ず座れますし、ゆっくりと食べることができるからです。

せっかくのおいしい広島風のお好み焼きをゆっくりと味わって食べれないのはとてもさみしいことです。

私は、このお店に行く場合は、必ず3名以上で行きます。

3名以上であれば、奥のテーブルでゆっくりと食べることができます。

そしてのんびり食べながら、ビールをのみ、会話を楽しんで2時間近くかけてその場を楽しむようにしております。

金額的には、ビール、お好み焼き、つまみを頼んで、一人当たり2000円弱です。

決して高くはないと思います。

高くなく、そしておいしく楽しめる空間を味わえる茨木市のお好みやさんは私の一番のお気に入りの場所です。

大阪肥後橋にあるラーメン屋「座銀」は鶏そばがおすすめ!

ラーメン屋らしくない雰囲気のラーメン屋「座銀」

最寄駅は肥後橋だが、梅田からでも歩いていけなくはない距離ではある。

TVで紹介されていて、会社の近くだったので行ってみた。

お昼時は行列ができており、サラリーマンの限られた休憩時間では行けないので、休みの日にあえて14時ころに行くようにしている。

それでも待つことが多いが、待っている間に冬には温かいお茶、夏には冷たいお茶を出してくれる。

店内はカウンターのみ15席ぐらいか。

音楽は少し急かすような和楽器の音楽が流れており、カウンターが高いため、お客さんの目線では厨房はほとんど見えないようになっている。

全体的に少し暗く、周りのお客さんが気にならないので女性でも入りやすそう。

こぎれいでラーメン屋というよりも懐石料理が出てきてもいいんじゃないかという感じもする。

座銀はスタッフの接客も印象的!全体の雰囲気がよく行き届いている

ここはスタッフの声掛けが非常に印象的である。

非常に心地よい声で挨拶してくれ、おそらくだいたいのお客さんの顔は覚えているのでしょう。

初めて行ってから、二回目までの間に一か月ぐらいあいたはずだが、「毎度いらっしゃいませ」と言ってくれた。

また、店を出るときの挨拶が非常に気持ちが良い。

「いつもありがとうございます」はもちろんだが、スーツで行ったときには「お仕事がんばってください」、私服で行ったときは「よい一日をお過ごしください」となどなどお客様に応じてそぞれ異なった声をかけてくれる。

フレンドリーで話しかけてくるというわけでもなく、お客さんに挨拶以外で話しかけているのは見たことがないので、カウンターでよくある話しかけてくるスタッフが苦手な人にはとても良い。

店の外で食券を購入するスタイルなので、食べ終わってから店を出るときは勝手に出ていくことになるが、今までお客様が帰るのを見逃して何も声をかけられなかったお客さんをみたことがない。

しかも一人のスタッフだけではなく、スタッフ全員が同じように声をかけてくれるので、教育というか方針がしっかりと確立されているのだと感じる。

また、お客さんに対してだけではなく、スタッフ同士の会話も気持ちがいい。

私は一人で行くことが多いので、流れている音楽もインストで歌詞がないため自然とスタッフ同士の会話が耳に入ってくるが、お互いに丁寧な話し方をしている。

それが業務的なものではなく、礼儀としてきちんとなされている気がして、非常に気持ちのいい空間ができあがっている。

少し分厚めのおしぼりが出てくるのも好印象だ。

座銀のおすすめは泡系のラーメン「鶏そば」!一口目で分かるその違い

さて、肝心のラーメンだが、ここの名物は「鶏そば」と言う、最近関西では多くなってきたが、泡系のラーメンである。

スープは鶏白湯。器が小さいように見えるが底が深く、出てきた時の印象よりもたくさんあるなと感じてしまう。

器もきれいなトレイというか、お盆というかそれの上に乗って出てくるので、見栄えもすごく良い。なんかおしゃれだ。

初めて食べた時は一口目で衝撃だった。

それは食べた時というより、飲んだ時だった。通っぽくスープから飲んでみたのだが、これが衝撃的で、誰かを連れていくときは必ず、スープを初めに飲んでもらうようにしている。

もれなく、びっくりしたようなリアクションをしてくれる。

想像以上のクリーミーさ。

カルボナーラか!?と思うほど。

少しとろみがあるため余計にそう思うのだろう。

彼女を連れて行った時も、麺からではなく初めはスープを飲んでみてもらったが、彼女はスープに入りたいと言ってしまうほどだった。

とにかく、濃厚。

そして、クリーミー。

麺をすすりながら、レンゲでスープを飲みながら、本当にスープが飲みたくてしょうがなくなる。

女性がよくやるのを見るが、レンゲにスープと麺を乗せて、ミニラーメンとして食べたくなる。

とにかくスープが飲みたいのです。

何度行っても、必ずスープは全部飲み切ってしまう。

おなかいっぱいになっているのに、スープがとまらない。

それぐらいクセになるのだ。私の彼女は、この店に行きたいときは、ラーメン食べに行こうではなく、スープ飲みに行こうというぐらいドハマりしている。

そして、具材にも珍しいものが入っている。

存在感があるのがゴボウの素揚げだ。

これがめちゃくちゃいい香りを出しており、濃厚な鶏白湯のスープに負けない風味がある。

チャーシューは2種類入っている。

豚の若干レアっぽいチャーシューと、もう一つの鶏のチャーシューはほどよいコリコリ感がたまらない食感である。

私自身は、ここの鶏のチャーシューが大好きなので、いつも最後まで置いておき、最後に食感を楽しみに食べます。

基本的にはトンコツは匂いがダメだし、魚介系のつけ麺屋に行くことが多いですが、ここの鶏白湯を知ってしまってから、今まで行っていたラーメン屋はスープの味が薄いような気がして、若干中毒状態になっております。

カルボナーラが好きなら、ここの鶏そばは嫌いになるはずがない。

全ての人に大阪に来た際にはぜひとも行っていただきたい、お勧めのラーメン屋です。

軽量かつ使いやすい!ポーターのタンカーショルダーバッグ

使い方いろいろ、ポーターのショルダーバッグ

ちょっとしたお出かけに便利な斜め掛けバッグ。

ブランド、形も豊富で東急ハンズに行けば迷うほどの品ぞろえですよね。

私もショルダーバッグをいくつも持っていたうちの1人ですが、ショルダーバッグの中でも特にヘビロテしていた1つをご紹介します。

おすすめ!「ポータータンカーショルダーバッグ」

アメリカ空軍のMA-1ジャケットをモチーフにしたショルダーバッグ。

私が持っているものは表地がブラックで、裏地がオレンジのもの。

このタンカーシリーズは1983年に発売されてから30年近く経ちますが未だに人気のシリーズとなっています。

吉田カバンならではのディティールと丈夫さも人気な理由です。

私は数ある斜め掛けバッグの中で、このショルダーバッグをダントツに使っています。

きっかけは周りの友人が使っていて、とてもスタイリッシュだったことへの憧れで購入。

使ってみて初めてこのショルダーバッグの魅力に気づきました。

まず、このポータータンカーショルダーバッグはポケット収納が豊富。

サイドポケットが2つ、メイン収納には内ポケットが1つ、さらにもう1つのポケットは、ブリーフケースのようにぐるりとジップが開くようになっており内ポケット2つ、ペンポケット1つ、透明ポケット1つと収納力抜群です。

こんなに収納力のあるショルダーバッグはこれまで使ったことがありませんでした。

このポケットをフル活用すれば、小さい小物もなくさずにすっきり整理することができました。

特に女性は小物類を持ち歩く事が多いので、なくしやすいハンドクリームやリップクリームも、このサイドジップの内ポケットに入れていれば滑り落ちて失くすことなどもありません。

また、本体はナイロン素材なので約320gととっても軽量です。

ナイロン生地はある程度撥水するので、雨の日に気兼ねなく使えるところもタフな要素。

旅行のサブバッグとしても最適なポーターのショルダーバッグ

特に海外旅行など貴重品を身に着けておきたいときにも、このショルダーバッグが大活躍。

パスポート、航空チケット、電車の切符など。。

旅先では失くしたくないものがたくさんあります。

これらを透明の内ポケットに入れておけば水に塗れることも防げます。

透明ポケットにはジップもついているので、硬貨や紙幣を入れても漏れることはありません。

とりたいものが一目見てわかる、という使いやすさもあって旅行の時には大活躍しました。

探し物が見つからずごそごそしてしまう時間が、旅行中には一番もったいないですからね。

もちろん、本当にとられて困るものは服の内側に収納していました。

万が一のこともあるので、大事なものはまとめず分散させることも重要と思います。

そしてサブバッグを使わないときはキャリーバッグへ収納。

硬いフォルムのバッグではかさばってしまいますが、柔らかいナイロン素材なので、キャリーバッグの中でもかさばらずに収納できます。

見た目のスタイリッシュさ、シンプルさでどんな服装にも合わせられて旅行中のファッションを邪魔しないところもポイントが高いです。

スポーツ過ぎず、カジュアル過ぎない。

デイリーユースにぴったりなビジュアルです。

こういったさりげない存在感のショルダーバッグはなかなかないのではないでしょうか。

ポーターのショルダーバッグはライブにも大活躍

これだけ高機能でコンパクトなので、ライブ会場のサブバッグとしても活躍しました。

身軽でライブを楽しむためには斜め掛けが最適だったので、横245mm×縦160mm×マチ55mmのコンパクトなサイズ感が気に入っています。

ライブ中に持ち歩くものは主に下の4点です。

・500mlペットボトル

・現金、カード類

・チケット

・ばんそうこう、リップクリームなど

(・外のライブであれば日焼け止め、サングラスなど)

これらが無理なく収納できます。

特に500mlペットボトルを入れてジップが閉まるというのはとても助かります。

ライブと言えば最前列で観たことがある人はお分かりと思いますが、周りの熱気がすごいです。

アーティストによってはもみくちゃです。

ペットボトルをパンツのポケットに入れたり、ジップを開けたままバッグに入れようものなら、押しつぶされてどこかに吹っ飛ぶこと間違いなしです。

ポーターのショルダーバッグならペットボトルも守られ、

万が一中で漏れることがあってもナイロン生地なので、拭き取り楽々。

周囲の汗も尋常じゃないので、そういった水分からも中の荷物を守ってくれます。

これだけヘビーな場面で使用していても、いまだにほつれや破れがないのは吉田カバンの技術あってのことだと思います。

丈夫な素材という点からも、ヘビロテ間違いなしです。

また、このタンカーショルダーバッグはサイズ違いで展開されているので、用途によって使い分けもできます。

カメラレンズを収納する前提のバッグや、お泊り用品をごそっと収納できるような大容量サイズもあります。

ビジネス鞄として使用している方も見かけますよね。

通常の斜め掛けバッグより少しお値段張りますが、私はお値段以上に使えるバッグと感じています。

まさに一生もののショルダーバッグと巡り合えました。

これからも壊さないよう大事に使いたいと思います。

もし斜め掛けバッグでどれにしようか迷っている方は、店頭で試しに手に取ってみてはいかがでしょうか。

品質をその目で確かめられるはずです。

理想の手帳を手に入れた!一生使っていきたい高橋の手帳

理想の手帳!高橋の手帳と運命の出会い!

何年前になるでしょうか。

高橋の手帳を初めて見つけた時、これだ!と思ったのです。

手になじむちょうどいい大きさ、重さ、厚さ。

表紙カバーの革(合皮にしても)の触感、やわらかさ。

ページをめくった時適度にしなり、表紙カバーは固すぎずぺらぺらすぎず。

バッグに入れてもじゃまにならず、ちょうどいいおさまり感。

それから早数年、いやもしかして十数年。

高橋の手帳以外は目に入らなくなりました。これから私が愛してやまないその理由を書いていきたいと思います。

高橋の手帳はレイアウトが日記代わりにちょうどいい

高橋の手帳には、中身のページのパターンがいくつかあるのですが、私は毎年いつも同じパターンです。

最初にカレンダー表示タイプの月ごとのページがあります。

前年12月から翌年3月までという細やかさ。

年末が近づいてくると、翌年の1月~3月くらいは予定が入ってきたりしますよね。ちょうどいいページ数です。

カレンダー右上には、ご丁寧にも誕生石とその月の花、それぞれの誕生石の言葉と花言葉が。

正直、あまり目に止めることはないのですが、ご愛嬌ですね(笑)

そしてカレンダー表示が終わると、見開き1週間、1日あたり6行の書き込みページがあります。

私の一押しはここです!

いつしかこのページは、私は日記欄として使い始め、日々こなしている予定や友達とのランチ、できごとなど簡単に書いていくのですが、後から見返すと大変役に立つのです。

いつも私は1年前、2年前くらいの手帳も手元に置いておくのですが、昨年のこの行事の時は・・・など見返すと一目でわかります。

数年分のストックもあるので、見返すと何年前の何日に何をしていたか、何を夕食に食べたかまで一目瞭然です(笑)

私は主婦なので、その日の夕食の献立もここにメモしておきます。

すると、「カレーは2週間食べてないからそろそろ作ろうか」「オムライスは先週作ったばかりだから、今日の子供ごはんは親子丼で」など確認するのにも、大変役に立つのです。

その日記ページの隅には当月と来月のカレンダーが小さく添えられています。心憎いばかりの心遣いです。

高橋の手帳の巻末のフリースペースがちょうどいい

そして巻末には多すぎず少なすぎずのフリー記入スペースがあります(罫線のみのノート形式)。

ここには、お祝い事はお年玉など、頂いたり送ったりしたおつき合い金額の覚書や、さまざまなメモごと、今年の目標と振り返りの「今年がんばった!ニュース」、フリースペースの一番末尾ページからは逆に前ページに向かって、いろいろなネット会員のログインIDやパスワードなどのメモを書いています。

そして本体最後には年齢早見表や東京・大阪の鉄道路線図などがあり、薄めの別冊としてアドレス欄、切り離せるメモ欄、郵便料金表や慶弔についてのメモなどがあります。

最後のページには定規の目盛り線まであります。(13cm分)

こうした付録についても、厳選に厳選を重ねた無駄のない情報という感じです。

高橋の手帳はカラーバリエーションが多いのが嬉しい

いつも10月頃になると来年の手帳が並び始めるので、のぞきに行きます。

そこでの楽しみが、来年の表紙は何色にしようかな?というものです。

その時ハッピーな気分ならピンク、ちょっと落ち込んだことが続いた年は濃紺を選んだりするのですが、実際1月を迎えてみると気分が変わっている時もあります(笑)

色のバリエーションも、ブルー系ならブルー系で、濃紺だったり青に近かったりと、微妙に違うようです。

私は毎年気分で選んできた結果、赤・黄・ピンク・紺(青)を順ぐりに使っている感じですが、手帳を開いて記入する時に、表紙カバーの色が縁取りとして目に映るので、開いてみた時の感じは、表紙カバーの色によって結構印象が違うものです。

これからも高橋の手帳一筋でずっと使っていきたい!

改めて手帳を最初から最後までしげしげと眺めてみれば、とにかくどこを取っても、かゆいところに手が届く心配りのすばらしさ。

いったいどういう人達が作っているのだろう?と職場をのぞいてみたくなります。きっと手帳を愛してやまない人達なのだと思います。

そして、高橋の手帳を使う人達も、きっと私のように何年も何年も高橋を使い続けている人達に違いない、中身のページパターンもやはり私のように、きっと何年も一緒のものを選び続けているのではないかと思うのです。

洗剤とか歯磨きとか、身の回りのものについては新しもの好き、心変わりが激しく変化するものが好きな私ですが、何年も手帳については高橋ひと筋、高橋さんの底力かなと思います。

手帳をスマホで代用する人も多いのかもしれませんが、やはり私は手帳に毎日、自分でちまちまと手書きしていきたい。

手帳を開かないと気持ちが落ち着かず、日記が2日も3日も空くような日は、心がささくれだっていることが多いのです。

きっと高橋の手帳とのおつきあいは一生になるような気がします。

おばあちゃんになった私が、この手帳に毎日ちまちまとどんな日常を記すのか・・・これから1冊ずつたまっていくだろう数年分の手帳達に対して、いとしいような楽しみなような気持ちがわいてくるのです。

ネクサス7のタブレットが仕事でもプライベートでも大活躍!

ガラケー使いだけどタブレットはある!ネクサス7を愛用

今、私が常に身に付けているのがgoogleのネクサス7というタブレットです。

ネクサス7はOS がAndroidなんですよね。

Androidといえば普通アイフォン以外のスマートフォンに搭載されています。

ところが私はスマートフォンは持ってないんですよね。

いまだにガラケーです。

独身時代の私だったら、とっくにスマホは買っていると思うんですが、結婚して子どもが出来るとスマホひとつ自分の判断では購入できません。

夫婦間での協議という名の妻の独断で却下されました。

タブレットに関しては、外でも仕事に使う必要がある事を根気よく話し、納得させ購入しました。

2013年に発売してすぐ購入!googleのネクサス7を選んだ理由

私のネクサス7は2013年モデルです。

新製品で発売されすぐに購入しました。

値段にして3万ちょいだったと思います。

タブレットは、他の機種もあったのですがgooogleというブランドが好きだったんです。

アンチアイパッドというのもあります。

日本製では、ソニーや富士通、NECとかもあったんですけどね。

ネクサス7は、私が購入した2013年モデルのひとつ前のモデルは、カメラが前面しか付いていなかったんです。

という事は、自分の顔を映しながらスカイプにはいいのですが、普通のカメラとしては、まったく使えなかったのです。

それでネクサス7は諦めかけていた頃に背面カメラ付きが登場したんですよね。

ただ、残念なのがカメラが背面に付いた時点で嬉しくて購入したのですが、実はマイクロSD等のカードスロットが搭載されていないんですよね。

後になって気づいた私の落ち度ですが、付いてて当たり前と思っていたのが付いてないと分かると結構ショックでした。

それでも内蔵のメモリーが32Gあるのでまあ良いか!

とそこは多少無理やり自分を納得させています。

ネクサス7の良いところは?スキマ時間を活用できる手軽さ

私は、ウィンドウズ95が発売された時からパソコンは持っています。

20年以上パソコンを使い続け今は、レノボの14インチのノートパソコンを使っています。

でも、いくらノートパソコンとはいえ、やっぱり外に持ち出すのは面倒なんです。

どうしてもパソコンでしか出来ないようなフォトショップやドリームウェーバーのソフトを使った仕事は家でやります。

しかし簡単な文書作成、メールチェック等は、スキマ時間を見つけて外出先でも出来るんですよね。

そんな時にタブレットはそうとう役に立ちます。

また、ネクサス7の7インチというサイズが良いんですよね。

女性には、難しいかも知れませんが、私にはちょうど片手で握れるサイズで良いんです。

これが、8.9インチのアイフォンだと、片手でも持てない事はないですが、今にも落としそうで安心は出来ません。

それと同じ7インチでも枠の部分が広くて結構デカいタブレットもあるんですよね。

実際に触ってみないと気が付かなかったので購入前に試して良かったです。

ネクサス7の活用方法!普段こうして使っています

歩きスマホが危険で良くないように歩きタブレットもしてはいけません。

ただ、私は公園でジョギングをする時は、タブレットを見ながらやっています。

500mの皆が同じ向きで歩くジョギングコースなので人とぶつかる事もそうないでしょうから安心して使っています。

だってただ歩くのってヒマじゃないですか?

それだと、どうしても長続きしません。

以前は、MP3プレーヤーで音楽を聞いていたんですが、それだと飽きがきてしまうんです。

その点、タブレットはユーチューブで映画や私の好きなお笑い芸人を見たりしてジョギングが出来るので疲れがありまり感じません。

しかも私は視力が悪いので、これがスマホの小さい画面だったら絶対見るのが大変だったと思います。

7インチだからこそ出来る、歩きタブレットという事です。

また本来、家でパソコンで仕事をする場合ですが、疲れたら電源を切って寝るしかないですよね。

タブレットだと布団に入ってからも、軽くひと仕事出来るんです。

寒い冬は、簡単な仕事は布団の中でやる場合も多いです。

そんな時は、タブレット買って良かったな~とつくづく思うんですよね。

それに我が家では、デジカメもビデオカメラも使わなくなりました。

その替わりをネクサス7のタブレットがすべてやってくれるのです。

今までは、子どもの運動会もデジカメ持ってビデオカメラ持って行ってたのですが結構面倒だったんです。

結局ビデオカメラで撮った映像は普段ほとんど見ないですからね。

でもいつも持ち歩くタブレットだと、ちょっとした合間に見たりするのでやっぱりタブレットで良かったと再確認する場合があるんです。

もちろん、ある程度容量が溜まったらパソコンに移動しているので心配はありません。

そうそう、もうひとつ忘れてましたがネクサス7の良いところ、バックじゃなくて上着のポケットに、そのままスッポリ入るところです。

私は出来ればバックは持たずに手ぶらで行動したい派です。

ポケットにサッと入り、サッと取り出せるネクサス7だからこそいつも手放せないアイテムになっているんでしょうね。

海外の編み物友達もうらやましがるKAの竹製編み針の魅力について

私にとってのベストな編み棒、竹編み針の魅力について

編み物をする人なら「編み針の好み」があると思います。

編み針には竹製・金属製・プラスチック製・木製の種類がありますが、それぞれにいいところがあるのです。

私の好みは断然「竹製の編み針」、編み糸の滑り具合もいいし手にあたる感覚も心地いいものです。

長時間使っていても疲れるということがありません。

編み針が固くしっかりと作られたものは、糸が引っかかることもなく小さな編み目でも針を通しやすくて仕事がしやすいです。

竹のいいところは適度にしなり具合があるというか、純毛の重たい毛糸を編んでいても針の形が曲がってしまうということがないということです。

金属製の針も頑丈で曲がるということはありませんが、冷たくて手にあたる感覚が固すぎて長いこと作業していると疲れやすくなります。

プラスチックは軽くて糸滑りもいいですが、重たい毛糸を編むと曲がったりします。

木製は手にあたる感覚も温かいのですが、長い間使っているうちに針がささくれたりすることもあるのです。

そういった点から私にとってベストな編み針は「竹製」なのです。

竹編み針の中でもお気に入りの針は近畿編針「KA」

竹製の編み針はベストですが、「どれでもいい」というわけではありません。

私のお気に入りは日本国産の竹を使った近畿編針の「KA」という編み針です。

竹の繊維にワックスを染み込ませてあるので、特に糸滑りがいいことはもちろん納得できます。

私が編み針を選ぶときに考えるポイントのトップの条件ですが、セーターなどの大き目の作品を編むときには大切なことなのです。

この点に加えてこのKAの針は針を持ったときの手への馴染み具合がいい、肌アタリがいいとでもいうのでしょうか、という良さが際立っています。

編んでいても疲れにくいです。

しっかりと編んでも余分な力を入れて作業する必要がないから、ということがあると思います。

その他には使い続けていくと自分の手からの脂が付くという感覚でしょうか、もともとの美しい飴色の光沢のある表面がよりツヤツヤとしてくるようです。

編み針はどんなにいいものでも長く使っていると尖っている針先が丸くなってしまうと思いますが、KAの針はこの点の耐久性も長くあります。

私はたくさんの加工がされていない、自然なままの純毛毛糸を使って編むのが大好きなので、良質の竹製編み針は糸からの油分もうまくからめとってくれる気がします。

しっかりと作られた針なので、編み目のそろい方もきれいです。

編み物は大好きですが、プロ、というわけではないので良質の編み針を使って編むときれいにそろった編み目のおかげで腕前も上がった気がするのです。

何よりも「国産の竹」を使って作られているということで、素材に安心感と信頼感がおけるところもいいポイントだと思います。

編み物に使う道具は別に食べ物、というわけではないので材料の産地にはこだわらない、という人もあると思います。

でも竹や木など天然素材を使った道具は、材料とされている竹や木の素材が悪いと使っているうちに針先がささくれ立ってきたりして使いにくくなってきます。

高価な糸の繊維を引っ掛けてしまって糸の風合いを壊してしまうとかいうこともあるのです。

ひとつには自分の腕前のせいかもしれませんが、やっぱりいい素材を使った信頼のおける道具を使うことは高価な糸を無駄にしないためにも大切かなと思います。

KAの針を使って編み物を楽しむようになってから、針のトラブルで編むのがイヤになってしまった、というようなことは一度もありません。

私が愛用しているのは棒針ですが、シリーズにはかぎ針もあるのでこちらもぜひ使ってみたいと考えています。

そして何より、関西にある小さい企業ながらしっかりとした信頼のおける製品を作り続けているというところに好感が持てるのです。

近畿編針「KA」は編み物友達がうらやましがる針

竹製の編み針は日本国産の竹を使ったものばかりではなく、海外産の竹を使った針もあります。

私の編み物友達はイギリスに住んでいるのですが、やっぱり竹編み針のファンです。

彼女の手に入る竹製編み針は海外産の竹を使ったものです。

彼女に一度、「私のおすすめ」としてKAの針を贈ったことがあります。

針のしなり具合・糸滑りのよさ・針先がしっかりとしている点などどれをとっても自分が普段使っている竹編み針よりも断然優れている、と大喜びしてくれました。

彼女が使っているのは中国産・インドネシア産などの竹を使った竹針だそうです。

もちろん竹針本来の魅力はあるけれど、針先のつくりの丁寧さ・針のしなり具合などはやっぱり日本製のものが優れている、とコメントしてくれました。

残念ながら日本製の竹製編み針はイギリスの普通の手芸店ではなかなかみつからないそうです。

他のヨーロッパの国々では実店舗で扱っているお店もあるということなので、ネットを利用しない私の友達のためにもイギリスでもたくさん扱って欲しいと思います。