2017年 7月 の投稿一覧

私が実践している一人暮らしの節約術の方法を紹介!

携帯電話のオプションを見直して通信費を節約

まずは携帯電話、よくわからないで使わないオプション等をつけていませんか?

買い替えて2か月ほど無料で使えるオプション。

意外と忘れがちですがこのオプションの解約をし忘れてそのまま使っている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

これで見直すだけで1000円くらいは違いが出てくると思いますので、一度確認していらないオプションは解約したほうが良いです。

自分で何がいらないのかわからない場合は各キャリアのショップに行って相談するのも良いです。

プランやオプション等の見直しを親切に教えていただけます。

次にネット回線やプロバイダーこちらも見直したほうが良いです。

一番良いのは携帯のキャリアに合わせて回線やプロバイダーも一緒にするとセット割引がお得になります。

こちらも一考の余地があると思います。

光熱費の節約のために実践していること

基本的な事になりますが光熱費の節約。

シャワーは出しっぱなしにしない。

トイレは何回かに一回流す事で水道代やガス代を節約できます。

他のガス代の節約は次の見出しで書きたいと思います。

その他にはエアコン等の冷暖房はつけたり消したりするよりも、温度を冬は20度、夏は28度に設定したほうが節約になるようです。

エアコンは電源を入れる時に一番電力がかかるのでつけたり切ったりしないように気をつけたいところです。

他には初期投資がかかってしまいますが、冬はコタツや絨毯や布団やホットカーペットの下に保温シートを引くとより暖房効果が得られます。

夏ですと日よけシェードを窓に設置すると直射日光を遮り室温が上がりにくくなります。

さらにシェード自体に水をかけて気化熱が発生させさらに涼しさを感じる事ができます。

アパートの最上階の屋根からの室温上昇はどうしようもないですが…。

一番の節約はクーラーを使わない事ですよね?

その場合は保冷剤を使って首や脇を冷やします。

幸い保冷剤を布に入れて首や脇に巻けるセットが売っているのでこれを使うと結構涼しくなります。

保冷剤はあるという方はバンダナに保冷剤を入れて首や脇を冷やしてもいいです。

後は窓を二ヶ所開けて風通しを良くすると良いです。無風の時は扇風機を窓に向けて回すと室内の空気が動き風通しがよくなります。

節約の基本中の基本!食費の節約方法

一番削れるのは食費だと思います。

究極の食費節約は某大規模掲示板にて拝見したのですが、友人や同僚との付き合いでいく外食以外は納豆・ご飯・味噌汁ですますというものです。

その方は1年ほどその食事ですませていたらしいのですが、健康上の問題はなかったようです。

私も4か月程実践してみたのですが問題はなかったです。

その方と私が特殊なだけで真似をして健康上問題がおきても責任は持てませんのでそういう方法もあるという程度にしておいてください。

ですがこの方法だと外食をしなければ月6000~8000円で抑えることができます。

一般的な食費節約方法としては、買い物によく行くと余計なお菓子や物などを買いがちになりますよね?

なので安いスーパー等でグラム数の多い肉類を買ってきて一食分にラップに包んで冷凍したり、保存の効きやすいジャガイモ玉ねぎ等を買っておいたり、ある程度の献立を想定して野菜やキノコを買いだめして買い物に行く回数を減らすと余分な物を買わなくなるようになります。

そして料理をしていると野菜などが余ったりしますよね?

そこで役立つ方法はクックパッドというサイトやスマホアプリです。

余った野菜からサイト内検索をすると色々なレシピがでてきますのでそこで足りない食材や調味料を絞り込み買い物をします。

そうする事で目的の物を探して余計な物に目を向けないように意識する事ができますし料理のレパートリーも増えます。

余計な物を買わないという事は間食も減り間食をよくする人にはダイエット効果もあるでしょう。

一石二鳥ですね!

そして調理する時野菜を切っておいたり、下準備をすませてなるべくガスを使う時間を短くように心掛けてガスを節約しましょう。

食材を手に入れて食費を浮かそう!山菜採りは運動にもなる

季節の物を採りに行き食材を手に入れる事で体を動かしダイエットにもなりますし食費がうきます。

手にはいる食材としては、山等で採れるものはツクシ・タケノコ・ツワブキ・フキ等は取りに行きやすいのではないでしょうか?

他にも山菜等も採れる場所もあるかもしれません。

ただし、物によっては山の持ち主がいるはずなので勝手にとらないように注意しましょう。

海で言えばアサリ・ビナ・ワカメ・カキ・シジミ等が手に入りやすいでしょう。

海でも漁業権がある場所もあるので取って良い場所かどうか調べて行きましょう。

こうしてタダで手に入る食材を手に入れると節約にもなりますし、体の良い運動にもなります。

健康にも良く節約にもなるし良い事づくめですね!

家族であれば潮干狩りや山に行って採る事は、子供にとっても良い経験にもなって楽しんでくれるでしょう。

再度言いますがとってはいけない所では絶対にとらないでください。

プランター栽培は節約だけではないメリットがある

トマトやキュウリ等を栽培すればその分食費はうきます。

成長していく過程を楽しめてなおかつ土いじりはストレス解消にもなるのかうつ病にも良い効果があるようです。

節約することは一石二鳥どころか3鳥にも4鳥にもなります。

これは節約しない手はないですね!これからも節約を実践していこうと思います。

節約のために必要なのは毎日の努力!実践している8つのこと

1.暖房はエアコンを極力使わずこたつを使用して電気代を節約

私がしている節約術の1つ目は、極力エアコンを使わないことです。

冬はさむくてどうしても暖房を入れたくなりますが、そこは昔ながらのこたつに頼り、エアコンは入れません。

こたつだと、足元が温いので体の芯まで温まりますし、保温性も高いので少しの電力しか使用せずに済むことです。

テレビを見るときや仕事をしているときはこたつに入って温まっています。

2.作り置きおかずで食費を節約!献立をしっかり考えるから無駄がなくなる

節約術の2つ目は、作り置きおかずで食費を節約することです。

私は旦那と2人で住んでいます。

お互い単身の時は日々の食事が外食や総菜に頼りがちでしたが、一緒にすむことに決めてから、食費の節約と健康のためにご飯を作ることを決めました。

私も仕事をしているので毎日ご飯を作ることは大変だから、週末に1週間分の朝昼夜の献立を考え、食材を買いに行き、作り置きをするようになりました。

すると、2人分で1週間6000円くらいですみます。

1か月でも25000円以内で朝食、お弁当(昼食)、夕食分のおかずが出来上がります。

作り置きなので、朝お弁当に詰めるだけで時短にもなりますし、毎日台所に立たなくてもよいので光熱費の節約になります。

また、シリコンカップやタッパーを使用することで、ビニール袋やお弁当用の細かな消耗品を購入する費用も削減することができます。

毎食3品くらい作っているので、健康的にもかなりいい食事ができます。

3.クレジットカードのポイントを有効活用!ポイントで消耗品を購入!

節約術3つ目は、クレジットカードのポイントを有効活用することです。

家賃や光熱費をクレジットカードで支払っているので、毎月相当なポイントがたまります。

そのポイントを家庭で使用する消耗品の購入に充てています。

たとえば、洗濯洗剤や柔軟剤、電池などは、必ず必要になってくるものなので、クレジットカードでたまったポイントで購入できるようにしています。

クレジットカードに入会する際は、ポイントの還元率と、ポイントを何に使用できるのか、1ポイントいくらで使用できるのかを見極めておくと節約になります。

私は、ポイントがたまったらすぐにそのサイトで1ポイント1円で使用でき、注文すると翌日には送料無料で届くクレジットカードに入会しています。

4.水の再利用しない代わりにお風呂に毎日お湯を張らないことで水を節約

節約術4つ目は、お風呂にお湯を張らないということです。

毎日お風呂にお湯を張ると相当な水道代とガス代がかかります。

私はお湯に一度入ったらそのお湯を再利用することが衛生的に苦手なので、残り湯を洗濯に使用することは考えられません。

なので、お湯は週に1度だけためるだけにし、平日はシャワーで済ますようにしています。

その方が、お風呂から出た後でも、仕事に集中できるようになるので、効率もよくなり節約にもなります。

5.実は意外と電気代がかかっている?!換気扇をこまめに消して節約

節約術5つ目は、換気扇をこまめに消すことです。

換気扇は24時間つけっぱなしにしていると、思ったより電気代がかかります。

特に古い物件で古い換気扇の場合は、電気代をかなり取られてしまいます。

料理をするときやお風呂に入っているときなどは、換気扇をつけなければなりませんが、外出をしているときなどは、換気扇を切っていても支障はないので、換気扇を切っておくといいです。

次の月の電気代がかなり変わってきます。

6.激安スーパーでは一番安い時間帯を狙うことで食費を節約

節約術6つ目は、買い物に行くときは激安スーパーに行くことと、その店のいちばん安い時間に行くことです。

私がよくいくスーパーは、激安ではないものの、近所のスーパーの中では一番お得に買い物ができます。

週末の朝に行くと、肉などが、30パーセントオフで売られていることが多々あります。

すぐに調理して冷凍してしまうので、30パーセントオフの肉を狙って買っています。

また、ばら売りの野菜などは安く売られていることが多いので、他のお店よりも安そうであれば買いだめしておきます。

玉ねぎやジャガイモは日持ちするので、安売りの時にたくさん買っておくと節約になります。

7.生活雑貨は100均で!欲しいと思った雑貨は似たようなものを探す

節約術7つ目は、生活雑貨は100均でそろえていることです。

百貨店などに入っている大手の雑貨屋にはかわいくて便利なキッチングッズやお風呂グッズなどが売られていますが、結構お値段のするものが多いです。

なので、欲しい商品を覚えておき、100均で同じようなものを見つけて購入するとかなりの節約になります。

100均にないときなどは300均に行って買うといいと思います。

少しでも便利に安くする商品が置いてあるので100均の商品は目をつけておくといいでしょう。

8.洋服は高いものを買って長く使う。コストパフォーマンスを考えて購入する

節約術8つ目は、高い服を購入して長く使うことです。

安い服だとたくさん買っても家計には響かないような気もしますが、シーズンごとに購入していてはかなり費用が掛かってしまいます。

少し高めのブランドの服を購入するときはじっくりと考えて長く使うことを視野に入れて買うはずなので、実は以外にコストパフォーマンスがいいのです。

もちろん、下着やTシャツなど毎日洗うものは安くて品質の良いものを購入しておく方がいいと思いますが、コートやワンピースやスカートなどは、流行に左右されずいつでも着れるものを購入しておくと、お手入れ次第ではかなり長持ちします。

シーズンごとに服を購入しなくなって、かなり節約できましたし、モノを大切に長く使うことができています。

おじさんの節約術!節約は考え方ひとつで生活を楽しくしてくれる

お小遣いは減ることはあっても増えることはない!おじさん流の節約術

57歳 男性 会社員です。

世間はアベノミクス、アベノミクスと騒いでいるようですが、ちっとも景気が良くなりませんね。

大きな会社は儲かっているのかもしれませんが、なかなか小さな会社までは、お金が回ってこないようです。

そんな訳で私が勤めている会社も経費節減の為に残業もできず、お給料はますます減るばかりです。

当然のことながら、お小遣いは減ることはあっても増えることは無い訳で、おじさんとしては自分でお小遣いを確保するための防衛策を考える必要が出てきます。

ちなみに我が家では毎月決まった金額を大蔵省である奥様に上納し、残ったお金がお小遣いとなっています。

それでは、私が実践しているお小遣いの節約術をお話します。

車にかかるお金を節約するために自転車通勤へ

世の中、会社が遠いため電車を使って通勤をしている人が殆どだと思いますが、中には私のように会社が自宅から少しだけ離れた場所に有る人も多いと思います。

斯く言う私も御多分に漏れず以前はお気楽にクルマで通勤をしていましたが、これが意外とお小遣いを圧迫しているに気が付きました。

でも冬の寒い時期や雨の日などは、やっぱりクルマで通勤した方が、おじさん的にはかなり楽なんですよね。

ただ、私が働いている会社の場合はクルマで通勤すると支給される交通費は月額2千円程度(家から会社までのキロ数で計算される)にも関わらず、

会社の駐車場にクルマを停めておくだけで駐車場代として月額5千円も取られてしまいます。

この金額に加え、実際は通勤時のガソリン代がかかるので、毎月赤字が膨らむわけです。

私の場合は思い切ってクルマ通勤を自転車通勤に変えてしまいました。

又、会社がお休みの日もできるだけクルマは使わずに自転車や歩くようにしたところ、一か月当たり約1万円程度はお小遣いが節約できるようになっています。

最初の頃や雨の日などは特に慣れるまでは大変でしたが、今ではあまり自転車通勤も苦痛を感じないようになりました。

「クルマを使わないので、お金も減らない」当たり前と言えば当たり前ですが、健康管理や中年太り防止にも役に立つのでとても良い方法だと思います。

まだ、クルマで通勤している世の中のおじさん達、意外とお勧めですぜ!

お弁当にかかるお金を節約するためにお弁当や飲み物を持参

これは簡単です。家からお弁当やお茶、コーヒーを持参することで、今までお弁当や飲み物代にかかっていたお金を節約します。

今までは何も気にしないでコンビニでお弁当やコーヒーやお茶を買っていたので、1日当たり800円から1,000円程度は知らず知らずにのうちに消えていましたが、

単純にこのお金が節約できました。

仮に1日800円として、会社に1ケ月20日間出勤したとなると

800円 × 20日 = 16,000円

チリも積もればですが、結構な金額が節約できることに気が付きます。

確かにその分、家計を圧迫するのは確かですが、少なくとも自分のお小遣いは節約できます。

世の中の奥様連中はだんなの無駄遣いには目くじらを立てますが、倹約するとなると以外と協力的です。

ただ、たまには奥方様にお土産のケーキかなんかを差し入れしたりして、ご機嫌をキープする必要はありますが・・・。

お小遣いのアプリやアンケートサイトを利用する

今までご紹介した方法は「守りの節約術」ですが、今度は「攻めの節約術」をお話します。

私はお小遣いを増やす為にスマートフォンやタブレット、自宅のパソコンなどを使用してお小遣いアプリやアンケートサイトを使用しています。

私の場合は複数のお小遣いのアプリを、しかも同じアプリをスマートフォンとタブレットの両方にダウンロードしてお小遣いかせぎをしています。

自宅のパソコンでは主にアンケートサイトを使用していますし、スマートフォンにもいくつかのアンケートサイトのアプリがダウンロードされています。

この方法の利点は自分の好きな時間でできること。

いわゆる「すきまの時間」、「手持無沙汰な時間」が活用できることです。

私は電車通勤はしませんが、多くの人は電車の中でコツコツ稼ぐことができると思います。

もう一つの利点は「ながら作業」ができることです。

自宅でテレビを観ながら、湯船に浸かりながら、私の場合などはトイレに座りながら、コツコツ稼いでいます。

ひとつひとつのアプリで稼げる金額(ギフト券を含む)は大した金額ではありませんが、スマートフォンやタブレットを複数使うことで意外とまとまった金額になるので、自分でもびっくりします。

空いた時間に使用するだけですが、多分1ケ月当たり、3,000円~5,000円程度は稼げているのではないかと思います。

これはアマゾンのギフト券であったり、もちろん銀行口座に振り込まれるお金もありますが、意外と重宝するお金です。

元々、暇な時間に元手0円で稼いだお金なので、使う時もあまり抵抗が有りません。

私の場合はアマゾンなどで買い物をすることが多いのでとても重宝していますし、ギフト券を使用できる分とても安く買える感覚がありとてもお得感があります。

節約を「がまん」と捉えずに前向きに考える

以上がわたしが実践しているお小遣いの節約術です。

世間には「節約」と聞くとなんだか「貧乏臭い」、「がまん」、「暗い」といったネガティブなイメージを持つ人も多いと思いますが、

自分の生活をより豊かにするための「前向きな節約」、ポジティブな考え方も有ると思います。要は気持ち次第です。

実際に私の場合はこれらの節約術をすることで、アマゾンなどで自分の趣味などに自由に使えるお金が増えて毎日の生活が楽しくなっています。

皆さんももう一度、自分に合ったお小遣いの節約術を考えてみませんか?”

節約のコツは身近に潜む小さな無駄を省くこと!節約を続けていく方法

①光熱費、水道代の節約!固定化した費用をまずは減らしていく

身近にあることから始める事のできる我が家の節約術をご紹介致します。

まず我が家は夫婦、小学2年生の男の子、2歳の女の子の四人ぐらしです。

一軒家を購入したことを機に小さなことから節約をしてみようと思い経ちました。

節約をしたことのある方ならおわかりかと思いますが、食費などの変動費を抑えるよりも、ある程度出費が固定化している費用を減らしていくほうが効率がいいです。

まずは毎月の光熱費、水道代を削ってみようと思います。

■ガス代

我が家は都市ガス物件です。

冬の暖房もガスなので、冬は夏の約2?3倍の費用がかかります。

夏は暖房を使用しないので純粋に料理やお風呂を沸かす時のみガス代がかかります。

我が家は入浴の際にみんなでお風呂に入ります。

と言っても、主人は朝シャンするので夜は入りません。

以前の主人は夜にシャワーを浴びて、朝もシャワーを浴びる生活をしていました。

結局日に2回入るのではその分のガス代が2倍になってしまいます。

そこで主人と相談し、夜のシャワーを控えてもらうようになりました。

他、お風呂に多めにお湯をためたらシャワーは使わず、お風呂から桶でお湯を汲んで体や頭を洗います。

誰かが入った後だと汚れてしまうので、順番に洗ってから湯船に浸かる方法を徹底しています。

料理に関してですが、こまめに消す方法をとっています。

揚げ物の最中は予熱で温まるだろうと思ったらすぐ火を消します。野菜も茹でるのではなくレンジでチンしています。

物によってはお鍋で茹でますが、極力楽な方法をとります。

また、冬場は暖房をタイマーセットしています。

これだけでも3000円ほどガス代が浮きました。

毎日24時間ついていたガスが、1日7時間ほどついていないので大きな節約になっていると思います。

使用していない部屋はもちろん最低にしています。(北国なので0にしてしまうと冬場は凍結の恐れがあるため完全には切れません)

■電気代

これはもうこまめに消す!に限ります。消すと言っても電源を切るのではなくてコンセントを抜きます。

空気清浄機など常に着けておく物は別として、テレビや電子レンジ等は普段からコンセントが刺さっていません。

テレビに関してい言うと、テレビを見る時間を決めています。ゲームも然りです。

また、空気清浄機はこまめに吸い込み口を清掃することで無駄な電気代を抑えることができます。

炊飯器は炊き上がったらすぐに電源を切ります。

よく忘れて保温したままにしてしまい、ジャーに残ったお米がカピカピに‥なんでこともありました。

今はすぐに食べる分以外は冷凍してしまいます。夜に多めに炊いてい次の日のお昼まで保たせるようにしています。

■水道代

うちのお洗濯は残り湯洗いです。

キレイなった状態で湯船に入るのでお風呂の残り湯はそこまで汚れていません。

髪の毛などの目立つ汚れを軽く除いてからお洗濯に使っています。

(もちろん”洗い”のみにですが)

後は特に汚い油汚れなどは、流す前にスクイージーである程度の汚れを取ってから、他の洗い物と一緒に洗剤を入れたにぬるま湯に浸して桶で浸け置きしておきます。

洗うときにはある程度の汚れが分解されているので割りとスムーズに進みます。

先程のガス代でも少しかぶりますが、入浴時はシャワーを使わないことによって水道代ももちろん節約できます。

②レシピ本っている?レシピサイトを活用すれば本の費用は不要!

よく本屋さんで○○円でできる節約料理?等の本が売っていますよね。

私も以前は見るたび買ってしまっていましたが、今は全く買わなくなりました。

1冊600円可らネットが普及している世の中です。お料理サイトなどで余った食材から簡単に検索できるようになりました。

本代に費やしていたお金が浮きます。

お料理本が欲しいのなら作ってみるのもいいかもしれません。

私はお料理サイトで実際に作った料理が美味しかったり、家族の反応が良かった物のレシピをメモに控えておきます。

時間のある時にそれを清書して自分だけのお料理本を作っています。

これなら興味のないレシピもないし、実際に作ってみて良かったものが残るのです。

また、我が家の味を娘に残して上げることが出来ます。

私もよく母から教わった料理をします。

娘に強いることはする予定もありませんが、献立に困った時の役に立てばいいなと思っています。

③もやしのフル活用&お弁当の工夫で食費は簡単に減らすことができる

一番簡単に削れるものが食費ではないかと思います。

例えばもやしを毎回一品使う。よくかさ増し等でも用いられる万能食品です。

焼くもよし、茹でるもよし、スープにするもよし!我が家の食卓には毎度もやしがあがります。

栄養価も高く、使い勝手が良いので重宝しています。

1品をもやしにしたら後のおかずはいつも通りにしても、日に100円近くは浮きます。

続いて飲み物です。我が家は水出しのお茶をよく飲みます。主にほうじ茶と麦茶です。

毎回ペットボトルで買うのと自分で用意するのでは月に1000円以上お得になります。

ちなみに主人が出勤の際はお金は一切渡さず、お弁当とお茶、コーヒーを持たせています。

最後にお弁当です。毎朝ご主人に持たせる方も多いのではないでしょうか。

我が家もその家庭の一つです。

今は幼稚園に行っている子がいないので主人のみですが、正直毎回面倒くさいです。

だからといって毎回お金を渡すのも嫌だし、どうにか手を抜いて用意できないか考えました。

我が家はおかずを4~5品用意します。

その内の2~3品を前日から用意してしまいます。

むしろ昨晩のおかずを多めに作ってお弁当に忍ばせます。

当日の朝は簡単に出来るものだけ作ってちゃちゃっと入れてお終いです。

例えば、昨晩我が家の献立は 唐揚げ、ポテトサラダ、小松菜のにんにく炒めでした。

さすがにお弁当でにんにくを使ったものを持たせるのは可哀想なので、唐揚げとポテトサラダをお弁当に入れます。

後は卵焼きと、ほうれん草の胡麻和え、常備菜のこんにゃくの甘辛炒めを入れておしまい!15分もしないで出来上がりです。

時短にもなるので空いた時間を休憩に使ったり、他の家事に充てたりしています。

常備菜も冷蔵庫に1?2品置いてあると更に楽になります。

朝はどうしてもバタバタしてしまうのでちょっと余裕が生まれると心にもゆとりが出来てお勧めです。

以上、当たり前のことや実践いていることもあると思いますが、まだやっていないことがあれば是非試してみてください。

最初のうちは意識してやらなくてはいけないので大変かもしれませんが、慣れると無意識に体が動くようになります。

節約に限ったことではありませんが、何事も継続していくことが大事だと思っています。

まずは自分のできることから無理のない範囲で始めて、出来ることが増えたら新しいことにチャレンジしてみてください。

皆様の節約成功をお祈りしております。

買物回数を減らして節約!意志が弱い人におすすめの節約方法

節約のポイントは買物の回数!

共働きではなく専業主婦である我が家にとって節約は絶対に欠かせないものです。

そんな我が家が節約のために行っている事柄として、頻繁に買い物に行かないようにする、ということがあります。

スーパーなどに買い物に行くと、ついつい必要でないものまで欲しくなってしまいます。

そろそろあの日用品の在庫がなくなったから買っておこう、今日はこんな商品が安いのか、いつか使うだろうから買っておこうなど、ついついお財布の紐が緩んでしまいます。

我が家では出来るだけそういった事態を避けるために、食材などの買い物は出来れば週に1から2日に抑えるようにしています。

冬場は食材が腐ることが少ないので週に1回の買い物でも大丈夫ですが、夏場になるとさすがに暑さのために食材が腐ってしまう時があります。

そういった時は仕方がないので、また買い物に行きます。

1度の買い物で野菜などの必要な食材を買いに行き、その中で献立を立てるようにしています。

そのため1週間のだいたいのレシピを考えておくことはとても大切です。

毎日のお弁当作りは節約に必須!

また、我が家では節約のために主人にはお弁当を持たせています。

毎日の昼食を外食で済ませようとすると、1ヶ月換算するとかなりの額になります。

ランチに毎日1000円費やしたとして、20日勤務をするとランチ代だけで2万円の出費になります。

これはとても大きい金額です。

ですから主人にはお弁当を持たせるようにしています。

そのお弁当の献立もだ1週間の間でだいたいイメージしておき、必要なお弁当のおかずも週に1回の買い物で済ますようにしています。

お弁当のおかずは冷凍食品を使えば手間もかからず温めて入れるだけなので簡単ですが、実は結構な量の冷凍食品が必要になります。

それはそれでとても大きな出費につながります。

その対策としては、土日の間にお弁当のおかずを多めに作っておいて冷凍しておくようにしています。

例えば肉団子やきんぴらなど、ちょっとしたお弁当に使えそうなものは土日に大量に作っておきます。

そして平日のお弁当に簡単に詰められるようにしておくのです。

土日の作業がちょっと大変にはなってしまいますが、その分平日の朝にちょっと楽をすることが出来ます。

そしてそれらを冷凍食品として買うよりも格段に少なく額でたくさんの量を作ることが出来ます。

お金があればそんなに気にせずに買い物に行けば良いのでしょうが、我が家はそこまでお金をかけたくないのでちょとしたひと手間を掛けることで節約をしています。

節約のために頻繁に買物に行かない理由

先ほども述べましたが、頻繁に買い物に行ってしまうと本当にありとあらゆるものが欲しくなってしまいます。

特売品があるとお得になった今のうちに買っておこうとか、新商品が出たから試してみたいな、とかどうしても思ってしまうんです。

意志の強い人であれば頻繁に買い物に行っても自分の考えが揺るがず余計な買い物などしないのでしょうけど、

私は元々すごく意志の弱い人です。

意志が弱いからこそたくさんの誘惑に負けそうになってしまうんです。

それを阻止しなきゃと考えた結果があまり頻繁に買い物に行かないという結果にたどり着きました。

しかしあまりにも徹底してやっているとさすがに私も人間ですから、やっぱり息が詰まる時があります。

そういった状況になると今後長く続けていく時にモチベーションの維持が難しくなってしまうので、少しハードルを下げて気持ちがぐらついてきた時は何かご褒美的なものを買って、ストレスを軽減するように努めています。

スーパーに行って甘いものを買ったり、時には食べたいお惣菜を買ってみたりと、あまりしんどくならないように休憩期間を適度に設けるようにしています。

そしてきちんと休憩を取った後はまたあまりスーパーに買い物にいかない期間を設けます。

このペースを保つことで、自分的には上手く買い物が出来ているような気がします。

週ごとに使う金額を決めておくことで節約!達成感も得られる良い方法!

また、買い物をするお金については週にいくらという風に金額を決めて、出来るだけその額の中で抑えるようにしています。

お給料が入った時に週によって封筒を使って、1週目にはこのくらいのお金でやりくりする、2週目にはこのくらいのお金でやりくりする、という風に週に分けてお財布を分けるようにしています。

この目標がうまく達成できた時、本当に自分は頑張ったなと達成感を味わうことも出来ます。

その時注意したいのが予備費を設けるということです。

生活をしていると時として予期しないことがどうしても出てきてしまいます。

この時にプール金がないと使えるお金に余裕がなく慌てふためいてしまう時が出てしまうので、必ずプール金というのを設定して、予期せぬ病院通いや生活費が足りなくなってしまった時はそのプール金からやりくりするようにしています。

週に使えるお金が余ってしまった時は本当に嬉しいものです。

そのお金を次回に回すも良し、好きなものに使うも良しで、そこは自分の裁量で自由にやるようにしています。

節約もやり方次第!浪費に注意すれば有効になる3つの節約方法

1:未開封・未使用品など、様々な商品の取扱がある!リサイクルを活用

ここ数年で自宅の近所にポツポツと開店しているのが、リサイクルショップ。

書籍以外にも衣料品や貴金属・日用雑貨品・家電・家具・スポーツ用品等、多種多様な商品を取扱うので買取でも購入でも利用度が増えつつあります。

リサイクルと言えば中古品、そんな先入観があったのですが、実際に店舗を訪れると未使用品や未開封品の物も意外とあり、価格も新品と変わらない時もあれば、驚きの激安価格で販売をしていたり、ついつい長居をしてアレコレと探したり眺めたりしています。

個人的にリサイクルショップのおかげで助かったことは、家庭内に溢れる書類の山をファイル整理しようとした際に普段利用している某メーカーのファイルが全然足りないことに気付き、文具量販店やネットショップで探したところ、最低でも1冊あたり400円以上すると判明。

10冊は必要だったので4千円以上するのか、と微妙な心境になっていた時にリサイクルショップへ行ってみたら、某メーカーの未使用ファイルが山のようにあるのを発見。安いかなー、安いといいなー、と思いつつ値段を見てみると「3つで100円」の文字!

もちろん、即まとめ買いをしました。全部で12冊、金額は400円(税抜)。約1冊分の金額で希望していた以上の数を購入できたのは、リサイクルショップさまさまです。

他にも、捨てるとしたら粗大ごみ扱いになり出費を伴うような日用品・着なくなった洋服や靴等を買取査定に出したりと、ゴミ捨ては有料の指定袋を使って出さないといけない地域で暮らしているので、たとえ値が付かなくても無料で引取りをしてくれるだけでもありがたいもので、ゴミ袋代の節約にもなります。

また、自治体主催のリサイクルマーケット(フリーマーケット)でも売買を行っています。

売る側の時は、家で誰も使わなかった不要品を、これからも使い続けてくれる人に渡るのは気分が良く、買う側の時は掘出物を見つけたり、終了間際には荷物を持ち帰るのが面倒なのか、大幅割引や無料品も出てきて、楽しい気分になります。

リサイクル品は、お店へ行けば欲しい物が必ず見つかるという訳ではなく、探しても探しても見つからないことは日常茶飯事ですが、状態が良くて格安な商品で、さらに自分の欲しい物を発見できた時の満足度・気分の高揚度・節約度は、かなり高いです。

2:買い過ぎには注意!パターンや時期を見極めてお得なセールを活用

セール品は買いすぎたら節約にならないという面もありますが、でもやはりセール品は安いのです。

偶然立寄ったお店で遭遇したセール品には出来る限り手を出さず、日頃から狙っていた物がセールになった時に購入するよう心掛けると、節約効果が現れます。

また、同じセールでも時期によって割引率が変わってくるので要注意です。セールが始まったばかりの時は割引率が1~2割程度でも、季節商品を一掃させるような時期(例えば冬物ならば春先か春になった頃)になると、割引率も5割かそれ以上になることもあります。

1点もの商品の場合は別ですが、量販品は数の多さから最後まで売れ残る確率も高く、主にインナーシャツや靴下、シンプルなデザインの洋服等は流行に左右されることもないので、そのような商品は翌年用として可能な限りセール品を買うようにしているため、必要な数量を普段から把握して購入に備えています。

日頃から商品価格をチェックし、セールのパターンや時期を見極めることで、節約効果の出る買物が出来ます。

3:クレジットカードは使い方次第!賢くポイントを貯めたり特典を利用する

使い方次第で便利でもあり、危険でもあるのがクレジットカード。

使うからには必ず利用総額を意識して、無計画で無駄な買物をしないよう、注意する必要があります。

今は3枚のカードを所有していますが、カード会社毎の特典で使い分けています。1枚は利用場所に関係なく使う度に一定の割引があり、1枚は特定店舗で利用すると割引額が高く、もう1枚はカードを所有することで利用可能なサービスが多い、以上がそれぞれのカードの主な特典の違いです。

節約関連の記事で「クレジットカードは1枚に絞って集中的に使うことでポイントが貯まりやすくなる」という内容を見かけますが、1枚にするか複数枚にするかは、年間利用金額と特典サービス次第ではないでしょうか?

カード利用頻度が低く年間利用金額も少ない場合は、1枚に絞り集約させる方がポイントを効率よく獲得できて、失効による無駄も防げるかもしれません。

しかし所有している3枚のカードは各々ポイントの付与・交換の条件が設定されておりますが、

1どれも条件内容が類似している点、

2それらの条件をクリアできるくらい頻繁に利用している点、

3ポイントが足りずに交換できないまま失効させた経験は今までに無い点、

以上の3つの点から、ポイントを1枚にまとめるのか、3枚に分散分割させるかの違いだけなのでは?と思うので、1枚に絞る必要性を余り感じていません。

また、いずれのカードも会員限定の割引やポイントアップ期間が年に数回あり、購入のタイミングが上手く合えば、通常よりも安く買物が出来たり、ポイントを多く獲得することも出来るため、1枚の時よりも節約になります。

特に「所有で利用可能なサービスが多いカード」は流通系なので発行会社での買物時の特典以外にも、カード提示のみで駐車場料金が数時間無料になるサービスがあるため月平均で約4千円、年間で5万円近く発生するはずの駐車場料金が無料になり、車で買物へ行く際は助かります。

年会費の支払はありますが、その分を差引いても節約額が大きいので手放せません。

クレジットカードを利用するにあたり、カードのために買物をする・ポイントのために余計な物を買う、という本末転倒な状況にならないよう、あくまでも自分を主体にして生活パターンと合うかを考え、カードは支払手段の1つと見なし補助的なものと捉えて、上手く使うことで節約に繋がります。

クレジットカードを使わずに所有しているだけでは、何の節約にもなりません。

4:節約で大事なのは「無駄に買わない・使わない」ということ

日頃の節約方法を3つ挙げましたが、結局のところ、無駄遣いしないことが1番節約効果が高いです。

シンプルイズベストです。

お店では商品を目の前にして、本当に必要なのか?いますぐ買わないといけないのか?買ったら使い切れるのか?等の自問自答をして、家ではマメな節電・節水を心掛け、物のストックを必要以上にしない。

昔から存在する、お馴染みな節約術ではありますが、効果も顕著に現れます。

5:節約のし過ぎで心が荒むのならリバウンドもありうる!やり過ぎは禁物

節約を意識した生活を送る時は、やり過ぎ禁物です。

節約をするがために、辛く心も荒むような思いをしてしまうと、止めた時のリバウンドで激しい浪費を招くかもしれません。

自分に取り入れ易いものからやり始め、負担に思わないレベルで楽しく気分良く行える、そんな気楽で気長に継続できる事が1番大切です。

京都に行ったら「すてーき丼屋」で和牛を堪能しよう!

京都の隠れた名店・「すてーき丼屋」

京都市左京区元田中にある「すてーき丼屋」。

叡山電鉄「元田中駅」から徒歩5分ほどの場所にあり、開店前から行列ができる人気店です。

黒毛和牛専門店であり、店内では様々なランクの牛肉を堪能することができます。

すてーき丼屋はなぜ行列ができるほどの人気店となったのでしょうか。

今回は、すてーき丼屋の魅力を徹底的に分析していきたいと思います。

コスパ最強!ステーキ丼が1000円未満!

すてーき丼屋のメニューは至ってシンプル。

ステーキ丼、ステーキ膳、すきやき膳、ハンバーグ膳といった牛肉を存分に楽しめるメニューのみが取り揃えられています。

どのメニューでもお肉のランクを選ぶことができ、オーストラリア産の牛肉を選択すると、大ボリュームのステーキ丼がなんと950円で味わえるのです。

まさにコスパ最強と言えます。もちろん、質を追求したい方向けに、A3〜A5ランクの和牛も選択可能です。

「すてーき丼屋」のステーキ丼の魅力とは?

「すてーき丼屋」のステーキ丼の魅力は、なんといっても大ボリュームのステーキです。

盛られた白米の上に「これでもか!」というほどの量の牛肉がたっぷりと載せられています。

牛肉一枚一枚に厚みがあり、食べ応えも充分です。

最初に見たときは、「全部食べきれるだろうか」と不安になりますが、ソースの味が濃すぎず、ちょうどいい塩梅なので、ぱくぱく食べ進めることができました。

お味噌汁とサラダも付いており、大満足のボリュームです。

A5ランクの高級和牛を選択しても、1800円とかなり良心的です。

もちろんオーストラリア産を選択した場合でも美味しくいただけるのですが、やはり国産和牛のステーキ丼は口に入れた瞬間に「質の違い」を感じます。

口触り、香り、脂、肉汁など、はっきりと違いが分かります。

和牛を思う存分堪能したい方には、このステーキ丼はかなりおすすめです。

お肉をじっくり味わいたいなら「ステーキ膳」がおすすめ

すてーき丼屋のもう一つの看板メニューは、ステーキ膳です。

ステーキ、ご飯、スープ、サラダ、漬物、デザートという大ボリュームのメニューになっています。

このメニューは、A4ランクの和牛でなんと1110円なのです。

1日限定20食なので、11時の開店前から並ぶ必要はありますが、これは並ぶ価値のあるメニューと言えるでしょう。

A5ランクでも、1390円で味わうことができます。

こちらも1日限定5食なので、注意が必要です。

程よい厚みにカットされた牛肉は、口の中でとろけ肉汁が溢れ出します。

醤油ベースのたれや、フライドガーリックなどもついており、様々な味で牛肉を楽しむことが出来るのも魅力です。

贅沢な黒毛和牛100%の「ハンバーグ膳」

「すてーき丼屋」では、ステーキ以外のメニューも魅力的です。

黒毛和牛を100%使用したハンバーグ膳は、1日限定10食、700円で味わうことができます。

ご飯、ハンバーグ、サラダ、スープ、漬物、デザート付きで700円という驚愕のメニューになっています。

こちらも並んで食べる価値があると言えます。

ハンバーグは一度箸で切ると肉汁がとめどなく溢れ出し、見ているだけで幸せな気持ちになりました。

たれもあっさりとしていて、ご飯によく合います。

初めてすてーき丼やに来た際にはステーキを注文し、2回目に来た際にはハンバーグ膳を注文するという方が多いようです。

満足度が高くおすすめのメニューです。

肉と具材のうまみを楽しめる「すきやき膳」

最後に、すきやき膳を紹介します。

こちらも1日限定10食で、なんと780円。

もちろん黒毛和牛で、ご飯・サラダ・スープ・漬物・デザート付きです。

お肉だけでなく、豆腐や糸こんにゃく、ねぎなどの様々な具材が入っており、他のメニューとは違った味わいを楽しむことができます。

甘辛く味付けされたお肉はとても柔らかく、口の中でとろけます。

野菜との相性もばっちりです。

寒い季節に食べたくなるメニューです。

「すてーき丼屋」を楽しむための情報

ここまで様々なメニューをご紹介してきましたが、最後にすてーき丼屋をもっと楽しむコツをご紹介きます。

まず、今まで見てきたように、すてーき丼屋には1日の提供数が限定されているメニューが多いです。

すてーき丼屋の開店時間は11時からなので、限定メニューを狙うには開店前から並ぶことが望ましいと言えます。

しかし、店の前の歩道は狭くなっていますので、並ぶ際には交通マナーなどにも気をつけましょう。

また、すてーき丼屋には様々な追加メニューも用意されています。

ステーキのメニューでは、お肉の増量が可能ですし、ご飯の大盛り、さらにはなんとフォアグラの追加まで出来るのです!

黒毛和牛をもっと贅沢に楽しみたいという方は、追加メニューを注文してみてはいかがでしょうか。

最後になりましたが、「すてーき丼屋」は、黒毛和牛が良心価格でいただける素晴らしいお店です。

メニューの魅力ももちろんですが、店員の方も気さくで店内も明るく、一度行けば「もう一度行きたい」と思うこと間違いなしです。

皆さんも、ぜひ一度足を運んでみてください。

リサイクルショップの利用で家計費を大幅に縮小させるオススメの方法

食費や住居費は節約しきった!今度は被服費で家計全体の節約

家計費の内訳は衣食住のうちどこに重きを置いているかによってずいぶんと変わってきます。

私の場合、食費と住居費はある程度まで節約しているので、もう削れる部分もなくなり固定費のようになっていますから今以上の家計の節約の方法を考えるとあとは被服費をどこまで節約できるかにかかってきます。

いまはファストファッションのお店で大量に安価のお洋服が売られていますしデパートなどでもバーゲンの時期には40パーセント引きも当たり前になっています。

それでもTシャツなら千円から二千円、ボトムだと二千円から三千円、コートなど冬物衣料になると五千円から七千円位でしょうか。

お洋服に全く興味がないという人は買わないという選択肢もありますが私はおしゃれを楽しみたいタイプです。

そこで私が足しげく通うお店は近所のリサイクルショップです。

リサイクルショップで服を選ぶポイントは定価からどのくらい安くなっているか

リサイクルショップというのは、都心にお店を構えるようなこだわりの古着屋さんとは違います。

中古の生活用品から家電まで買取りもしてくれるようなお店です。

特に衣料品は売り場の半分の広さを占めていて男性用、女性用、子供用まである充実ぶりです。

目立った汚れや破れなどは無くきれいな状態でハンガーにかけられ販売されています。

特に女性用は男性用に比べてアイテムも多く価格も大変お安いです。

Tシャツやブラウスの平均単価は三百円、ボトムで五百円、ジャケットで五百円から八百円程度です。

でもきれいで目立った汚れがなく安ければ何でもいいのかということですよね。

リサイクルショップは玉石混交です。

お値打ちのものもあればそうでないものもあります。

私のリサイクル商品の購入の基準は元値からの値下げ率の高さです。

つまりその商品がデパートやブティックで売られていた価格からどれくらい安くなっているかということです。

リサイクルショップで掘り出し物を探す!服を買うときのオススメの手順

リサイクルショップでの買い物するときには次のような手順で商品を選びます。

まずはハンガーにかけられバーにぎっしりと吊るされている中から一目見て好みのものをどんどんカゴに入れていきます。

もちろん自分のサイズに合っているか気を付けます。

カゴがいっぱいになったらここからがひと仕事です。

洋服についているタグには全く聞いたこともないようなブランドもありますからそれをスマホで検索します。

サイトでは必ず自社商品の価格が載っていますので同じアイテムなら同程度の価格で販売されていたと推測できます。

自分は知らなかったけれどもとても高級なブランドだったりすることも珍しくありません。

その反対に自分では高級ブランドだと思っていたので掘り出し物のつもりでカゴにいれたけれど意外とお安いブランドだったりということもあります。

サイト載っている今シーズンのコレクションとほとんど変わらないデザインのものもありますのでそういったものを見つけたときはお得ですよね。

また通販専門のブランドであれば口コミ情報も参考にします。

安いからと言って無駄遣いはしたくないのでなるべくたくさんの情報を集めてカゴの中の商品をひとつひとつ精査していきます。

こうして厳しい選択をくぐりに抜けたものは五着のうち一着程度です。

私が購入したものの一例ですが、メーカーの小売価格が三万円のバレンシアガのカシミア100%のセーターに五百円の値札が付いていて値下げ率は九十八パーセント以上になります。

一万二千円のデパートの値札が付いたまま未使用のルチアノソプラーニのカットソーが八百円で売られていて値下げ率は九十二パーセントです。

リサイクルですのでプロパー商品がバーゲンで割引されているのとは違いますが、それでもこの格安の魅力にはかないません。

リサイクル衣料といっても高級ブランドは素材の上質さや縫製にかけては間違いありませんので見つけたら迷わず購入します。

しかし安いからと言って着慣れないテイストのものを買ってしまって一度しか袖を通していないという失敗も経験済みです。

やはりシンプルなデザインでベーシックな色のものは流行に左右されずいつまでも着ることができるので尚更お買い得です。

リサイクルショップといえども季節感を持って陳列されますので夏物シーズンの終わりになるとTシャツからワンピースまですべて百円となる時期もあります。

ここで来年の夏物をまとめ買いしておけばさらに節約できます。

なんといっても百円ですからこの時ばかりは大人買いです。

リサイクルショップを利用するなら売り手より買い手になることで節約に

こんな私ですが以前はワンシーズンごとにデパートやブティックで十万円ほど洋服を購入していました。

年間で約三十万円位使っていたと思います。

洋服はどんどん増えていきますがお財布からお金がどんどん減っていきます。

クローゼットに入りきらないまだ新しい洋服をリサイクルショプに持ち込んでも買取り価格は驚くほど安いのです。

一度でも着用した洋服の市場価値はこんなに低いものなのかとあきれた経験がありました。

ラグジュアリーブランドのジュエリーやバッグはたとえ中古品でもここまで価格は下落しません。

つまりそれだけリサイクル衣料に関しては、たとえブランド物といえども在庫過多なのでしょう。

それなら市場原理を利用して売り手より買い手になればいいのです。

最新のモードや新品にこだわらなくなって被服費は年間三万円に縮小し、九十パーセントのコストダウンとなりました。

渋谷の街の暗闇のオアシス「名曲喫茶ライオン」

渋谷の喧騒にまぎれて存在るする「名曲喫茶ライオン」

それは渋谷の喧騒から少し離れたホテル街に存在します。

渋谷といえば、人混み・109・キャッチ・・・というイメージを持っている方も多いと思います。

渋谷駅前のスクランブル交差点も、人がいっぱいで行くだけでなんだか疲れてしまいますよね。

そんな渋谷の喧騒の中にもまるで時が止まってしまったかの様な場所がある事をご存じでしょうか。

渋谷の道玄坂から怪しげなホテル街に入って、奥に進むと更に怪しげな建物がひっそりと佇んでいます。

それは、「名曲喫茶ライオン」という歴史のある喫茶店です。

名曲喫茶とは?おしゃべり厳禁の静かな雰囲気がいい!

クラシックを専用のスピーカーから大音量で聴く事が出来る喫茶店の事をいいます。

店にもよると思いますが、基本的にはおしゃべり厳禁な場所が多いので、一人で行く方が多いと思います。

流しているクラシック音楽をリクエスト出来るお店もあります。

昔は結構存在していたみたいですが、今はめっぽう数が減ってしまった様です。

名曲喫茶は地方には少ないイメージですが、東京にはまだ比較的他の地方よりは多く存在しています。

入りにくいけど、勇気を出して扉を開けてみましょう。

お店の外観からして、初めて行く場合はすごく入りにくいです。

外からは、店内の様子がまったく見えません。

前情報がなければ絶対に入らない場所だと思います。(笑)

少しだけ漏れて聴こえてくるクラシックの音楽が、更に怪しさを引き立てます。

しかし、入ってしまえばこっちのものなので、勇気を出して入ってみましょう。

オススメの席は2階です。

中に入ると、更に怪しいです。うす暗い店内。

昭和元年創業という事で、店内はまさに昭和レトロ。昭和レトロですが、ゴシック様式になっています。

店内に入ると、現実から一気にその世界観に引きずり込まれます。

ティム・バートンの映画にでも出て来そうな雰囲気です。

お客さんも息を殺してるかの如く、ぽつ・・・ぽつ・・・とひっそり座っています。

初めて行った場合は、その世界観に戸惑うと思いますが、勇気を出してそのまま店の奥まで進みましょう。

お店の奥まで進むと、2階につながる階段がひっそり現れるので、階段をのぼって2階の席に向かいましょう。

2階に上がっていくと、目の前に大きなスピーカーが現れます。

こんなに大きく立派なスピーカーは他の場所では見た事がないので圧倒されます。

そして席は、まるでレトロな電車のシートの様になっています。

私はいつもこちらのお店に行く時は、2階の窓側の席に座ります。

真ん中の席に座ってもいいですが、やっぱり隅っこが落ち着きます。

同じ考えの方が多い様で、2階の窓側の席は人気でお客さんが結構座ってる事が多いです。

2階の席に来ても、ちゃんと店員さんが注文を聞きに来てくれます。

しかし、基本的には店員さんは1階にいるので、注文は最初に店員さんが来てくれた時に1回するくらいです。

2階席は人気なので、新しいお客さんが来た場合は店員さんも2階に上がってくるので、おかわりをしたい場合はその時に声をかけるのがいいかもしれません。

おしゃべり厳禁の為、お客さんはみんなひっそりと思い思いに過ごしています。

ぼーっとするのも良いし、クラシック音楽を楽しむの良いです。

薄暗いですが、本を読んでる方もいます。

私はこちらに行く時は、本屋に寄って本を一冊買って、こちらのお店でのんびり読書をします。

普段の10倍贅沢な読書をする事が出来ます。

今、私も含めて大体の方が、スマホをいじって暇つぶしをする方が多いと思いますが、こちらのお店ではスマホはナンセンスな気がします。

自分の部屋で、ただボーっとしている時間はすごく無駄な気がしますが、こちらのお店で刻まれる時間はとても贅沢なものに感じます。

雨の日は更に雰囲気があります。

暗闇の中、昭和レトロな電車の様な赤いシートに座り、大音量のクラシックを聴きながら、時折窓辺から外の雨を見る・・・。このお店の中だけ、確実に時が昭和で止まっていますが、かすかに時が進んでいるのを感じる事が出来る。

そんな感覚に陥る事が出来るのは、この名曲喫茶ライオンだからこそだと思います。

公式サイトによると、夜の10時半まで営業しているので、夜は更に雰囲気がありそうですね。

一度行ってみると名曲喫茶の独特の雰囲気にハマるはず!

いかがでしたでしょうか?

人混みが苦手で渋谷にあまり来ないという方も、1度こちらのお店に来ると、独特な魅力に憑りつかれて、このお店の為に渋谷に来る。

という方も少なくないと思います。私がその魅力に憑りつかれてしまった一人です。

雰囲気を楽しむ場所なので、じっとしている事が苦手な方には不向きかもしれません。

ゴシック様式や、昭和レトロ、怪しい雰囲気が好きな方にはたまらない場所だと思います。

獄本野ばらさんのエッセイでも出てくるみたいなので、ゴシックファンのお客さんも多いと思います。

ちなみに店内はおしゃべりも厳禁ですが、写真撮影も出来ないのでご注意を。

お店の外観や看板もおしゃれなので、外で写真を撮ってる方はたまに見かけます。

とても特別な場所なので、いつまでも渋谷に健在していてほしいです。

珈琲一杯の値段で、本物の昭和レトロの雰囲気を体感する事が出来るので、まだ行った事のない方は是非そのドアを開いてみてはいかがでしょうか。

電気代を年間10万円も節約することに成功した方法をご紹介!

電気代の節約に一番効果があったのは契約プランと契約アンペアの見直し

電気代が高くて生活費がカツカツで辛いという方は、正しい節約術を知っておくことが大切です。

正しい節約術を使えば年間10万円以上も節約することが可能で、他のことにお金を使えて、日常生活がもっと楽しくなることでしょう。

まず電気代を節約するのに一番効果が大きい方法は、電力の契約を見直すことです。

この方法は簡単でなお且つ電気代を大幅に激減出来ます。

電気料金が高いと思う人は今すぐに電気料金の契約プランを見直して、安くてお得なプランに乗り換えましょう。

プラン選びをしない人と、する人とでは年間で15000円以上も電気代に差があります。

プラン選びはこれぐらい大切な物という訳です。

これからプランを選ぶ機会があったら、その時もじっくりと考えて安いプランを選びましょう。

電気料金プランを見直したら次は契約アンペアを見直しましょう。

契約アンペアを見直すのは従量電灯プランを選んでいる場合だけです。

契約アンペアを下げることが出来たら、その分だけ基本料金が安く出来るので一度下げるべきかどうか確かめてみましょう。

電気代はクレジット払いと口座引落ではどちらがお得?支払い方法を見直そう

電気代を支払う時、クレジットカードで払えばポイントが貯まってお得と思っている人は、一度口座振替割引がないか確かめてみてください。

口座振替割引があれば、クレジットカードのポイントよりも割引額の方がお得になるかもしれません。

口座振替割引がなく、クレジットカードで支払った方がお得だという場合でも、クレジットカードにも公共料金に強いカードとそうでないカードがあるので、公共料金に強いカードがあればそれを支払いに利用するのがいいです。

家電は新しいもののほうが省エネ機能がついていて電気代が安くなる

古い家電は省エネ機能がなく、電気代が高くなってしまう物が多いです。

それだと無駄に電気代を使っていることになるので、高い家電だったとしても省エネ機能があれば、それに買い替えましょう。

高くて損をしたような気分にその時はなっていても、使っている内に電気代の差でお得になります。

古いクーラーを使っている場合は、それを買い変えれば2万円近く年間で安くなる場合もあり、とてもお得です。

家にある家電を片っ端から調べて行って、古い物を全て買い変えてみてはどうでしょうか。

そうすれば電気代は大幅に減るはずです。

家電を新しい物にする他にも、使い方を変えることで安くなることもあるので、一度使い方が正しいか確認しておくことも大切です。

例えばエアコンだと電気代が勿体ないからといって、弱運転にしている人がよくいますが、それだと実は返って電気代が高くなっている場合があります。

弱運転より、自動運転に任せた方が、部屋の温度も常に一定して快適です。

電気代も安くなるので、節約するために弱運転を使っている人は、これからは自動運転に変えることをおすすめします。

エアコンをこまめに切ったり入れたりするのもよくなく、常に入れて置く方が安くなります。

何故かというと、エアコンの電気代はスイッチを入れる時と、止める時が一番かかるからです。

こまめに消すことが節約になると思っている人は、勇気を出してずっとつけたままにしておきましょう。

ただし、テレビの場合はこまめにつけたり消したりする方が電気代を節約出来ます。

夏はクーラーよりも扇風機の方が電気代を節約することが出来ます。

理由は扇風機の電気代がとても安いからで、一時間で0.5円ほどしかかかりません。

クーラーをいつも使っている人は少し暑いかもしれませんが、扇風機だけにしてみてはどうでしょうか。

外が涼しくて中が暑いという場合は、外に扇風機を置いて中に向けて吹かせれば涼しい空気を中に入れることが出来ます。

扇風機だけでも涼しくなるのでおすすめです。

冬の場合はエアコンよりも、こたつの方が安く済みます。

こたつは限られた空間に留めて、そこをあたためることで電気の利用量を少なくしています。

電気代も2円から5円と安いので、エアコンよりもお得です。

こたつにずっと入っていることに耐えられる人は、断然おすすめです。

電気代の節約には生活を見直すことが必要!使用時間帯の料金を知る

電気代は電気料金プランによって、電気の安い時間帯と高い時間帯があります。

そこで、高い時間帯には出来るだけ家にいないようにして、電気代を節約しましょう。

行く場所がないなら、図書館などの公共施設で時間を潰すのがいいです。

夏に暑い日でも図書館に行けばクーラーが効いているので、涼むことが出来ます。

家のクーラーを使わずに済み、時間帯によっても節約出来て一石二鳥です。

窓の断熱対策も大事で、夏は熱を冬は冷気をシャットアウトすることが出来ます。

熱や冷気をシャットアウトすることが出来れば、冷暖房を節約することが出来ます。

電力の使用量を確認することも大切で、電力の使用量を確認する機械を買っておくのがいいです。

電力の使用量を確認することが出来れば、電気を使いすぎずに済み、電気代を節約することが出来ます。