結婚をきっかけに住み始めた赤羽!住んで見て分かる赤羽の魅力

スポンサードリンク

結婚とともに赤羽に引っ越した

昨年、赤羽に引っ越してきました。

結婚するタイミングで、お互いの職場に便利なところに引っ越そうということになったからです。

始めは渋谷区や新宿区や中野区辺りを探していましたが、家賃がかなり高く、払っていくのが大変だろうということで諦めました。

都内でも比較的家賃の安い赤羽や王子、上中里などが候補となり、物件を探していました。

家賃が少しでも予算より高ければ住みやすそうでも見送っていたので、なかなか条件に合う物件が見つかりませんでした。

2ヶ月くらい探していましたが、突如湧いた赤羽駅から徒歩圏内の空室に飛びつき、まだ前の方が住んでいる状態で下見をして、即決しました。

その部屋は1LDKで、二人で生活するには自分の部屋も持てないし狭いのではないかという不安もありました。

また、知らない土地で夫以外の知り合いもおらず生活していく不安もありました。

スポンサードリンク

実際に暮らしてみたら赤羽は便利で暮らしやすい街だった

1LDKでふたり暮らしをしてみると、案外狭くて困るということはなくて、同じ空間にいても違うことをしていることが多いです。

大きめなソファーと机を購入したので、同じ机でそれぞれ仕事をしたり趣味活動をしたりしています。

私はパソコンをいじっていることが多いのですが、夫はテレビゲームをしたり仕事で使う資格の勉強をしたりしています。

引っ越してまだ数ヶ月ですが、とても便利な街だなと思っています。

まず気に入っているのは図書館がたくさんあることです。

借りるのにも返すのにも複数の場所が利用できて快適です。

また、大手スーパーがたくさんあるからか、野菜などの生活用品の物価が安くて驚いています。

赤羽駅から徒歩5分圏内でも西友、イトーヨーカドー、ダイエーなどがあります。

23区でもこんなに安いのかと驚きました。

大手スーパーがひしめく一方で、商店街には個人経営のお店もたくさんあります。

八百屋から魚屋、豆腐屋、お菓子屋などそれぞれが素晴らしく、色々な店舗を回ってお買い物を楽しめる街だと思います。

夫も住み始めるまで、こんなに快適な街だとは知らなかったようです。

買い物は基本的に私が担当しているのですが、私の話を聞いて、そんなに快適ならばもっと早く引っ越せばよかったねと話しています。

大きめの家具屋日用品は夫と一緒に休日に買い出しに行きますが、ホームセンターなどでは軽トラックを貸し出して貰える場合もあり、重い思いをせずに持ち帰ることができてとても嬉しいです。

私たちはキャンプやアウトドアをすることが好きなのですが、歩いていける距離にバーベキュー場があることも最近知りました。

タクシーなどで行けば数分ですし、自分たちで持っている道具を持っていけるのではないかと考えています。

とても楽しみです。

おしゃれなカフェもあるという情報を聞いていますが、未だ行ったことはなく、もう少し生活に慣れてきたり余裕が出てきたらカフェ巡りをしたいなと思っています。

赤羽といえば飲屋街!外食好きにはたまらない街

赤羽といえば、飲み屋がたくさんあるというイメージでしたが、引っ越した当初は私が住む周りは住宅地の中なので、あまりそうとは感じませんでした。

最近になって飲屋街の方に行ってみると、その居酒屋の豊富さや、人が多いこと、価格が安いことにまた驚きました。

お店の方に聞いてみると、お昼から飲んでいる人も珍しくないそう。

ただ、終電で帰る人は多いとのことで、赤羽に住んでいるわけではなくてもわざわざ電車に乗ってきている人が多いことがわかりました。

赤羽というと、立ち飲み屋のイメージが強く、実際に飲み屋が家は立ち飲み居酒屋が多いです。

しかしながら、おしゃれなお店もあり、もちろん座ってゆっくりご飯が食べられる店もありました。

外食好きにはたまらない街だろうなと思います。

最近は赤羽を舞台にしたドラマや漫画などもあり、人気になっていると知りました。交通の便もいいし、住みたくなるのは分かるなと思います。

実際に、住みたい街ランキングにも入っているそうで、最近は友人などに赤羽に引っ越したというと羨ましがられることが多いです。

自分の住む街に興味を持つと毎日新しい発見がある

今までは実家暮らしで、郊外に住んでいたのですが、自分の住む街に興味を持つということがありませんでした。

長く住んでいたということもありますが、今のように街を探索することもありませんでした。

いつも同じ道を歩いていたため、ちょっと道が1、2本違う通りには何があるのか全然把握していません。

今新しい街、赤羽に引っ越してみて、自分の住む街に興味を持つと生活が楽しくなるんだなと思いました。

結婚したということもあり、家庭の中でもそうですが、外に出てみても毎日が新しいことの連続です。

少し通勤の道を変えてみるだけでこんなにお店や街の雰囲気が違うのかと驚いています。

まだまだ赤羽の知らないことが山ほどあると思います。

自分の住む街をもっとよく知って、これからも探索をしながら夫とともに赤羽で暮らしていきたいなと思いました。

SNSでもご購読できます。