「ベルセルク」黄金期編以降の展開はダークファンタジー好きには最高!

スポンサードリンク

多くの人に影響を与えた漫画「ベルセルク」

とてつもない緻密な描写と、いわゆる物語の過去編である「黄金時代編」のラストの余りにショッキングな展開から、今なお漫画界において多大な影響力を持つ漫画・ベルセルク。

あの超メガヒット漫画「進撃の巨人」の諫山創先生も、この漫画から大きな影響を受けている事を公言しています。

そんなすごい漫画なのですが、2ちゃんねるなどの掲示板では半分ネタ混じりに「黄金時代以降はつまらん」などと言われてしまっています。

もちろん「私は今の方が好き」という方も沢山いますし、ネタ的な話を鵜呑みにするのもどうかと思うのですが、一応十数年来のベルセルクファンとしてフォローをしておきたいと思います。

「ベルセルク」の黄金時代編とそれ以降のストーリーを比較

確かに黄金時代編、特に「蝕」のくだりはかなり印象に残っていますし、ベルセルクで一番好きなシーンを聞かれれば、蝕の時のグリフィスの「…げる」までの一連のシーンと答えます。

しかし、私としてはあくまでも黄金時代編は過去編ですし、メインとして楽しむべきは主人公ガッツが「黒い剣士」として旅を始めて以降の話だと思っています。

スポンサードリンク

「じゃあ黄金時代編は嫌いなのか」と問われれば、「黄金時代編が一番好き」と答えますが、今のメルヘンチックなベルセルクも同じ位大好きなんです。

…いやまあダークファンタジーなんですけどね。

第一話のナレーション部分に「それは剣と呼ぶには大き過ぎた~」という文章がありましたが、それが黄金時代編終了後の「ロストチルドレン編」の冒頭に再び出て来た時、正直鳥肌が立ちました。ついにガッツの復讐の旅が再開されるのかと。

そしてガッツのカバンから顔を出す妖精のパックを見て、「ファンタジーしてるな~」と感慨深く思ったものです。

そして再び始まる復讐の旅。

ボロボロになりながら敵を惨殺しまくるガッツ。

子供にも女性にもお坊さんにも全く容赦しないゲス男のガッツ。

それに屈託の無い性格で世話を焼いたり喧嘩したり困らせたりするパック。

…いいコンビですよ、これが見たかったんです。

そんなこんなで「使徒」などの化け物達をバッサバッサと…いうほどは倒して無いですが、黄金時代編では少なかった人vs人外の絶望感たっぷりの戦闘シーンも胸熱です。

こうしてストーリーを思い返してみると、黄金時代編とロストチルドレン編以降のストーリー展開のガッツに近しい部分の話の大筋の流れは同じなんですよね。

孤独に自分の戦場を渡り歩く日々が続くガッツに、ひとり、もうひとりと大切な仲間が増えていって、初めは自分ひとりで戦っているつもりだったガッツも実は仲間に支えられながら生きていて、いつしかその仲間達が掛け替えの無い存在になってゆく…。

そしてまたガッツは仲間のために身を削って戦い続けるんですよね。

つまり一度は最悪の形で終わってしまった人生を再びやり直してるのが黄金時代編以降なんですよ。…多分。

もちろん確証はありませんが、なにぶん伏線が非常に多い漫画ですからね。

あながち間違いとも言い切れないと思います。

そんなガッツの人生のやり直しとしてこのベルセルクを読んでみると、若干ヌルいような気がする展開も許せるような気がします。

ベルセルクの黄金時代編以降が面白い理由①「絵・キャラクター」

まあ私としては、一シーンとして一番面白いところがあったのは黄金時代編ですけど、ダークファンタジー漫画として面白いのはそれ以降の話だと思います。

そしてストーリーもさることながら絵も断然今の方が上手いです。

最近の絵柄なら、躊躇無く女友達にもベルセルクを薦められます。

本当に綺麗で繊細で緻密な絵を描かれますよね、三浦健太朗先生は。

黄金時代編はそれはもうゴリゴリの男だらけ。

たまに女性が出て来たと思ったら大体惨い事になってたりするし、はっきり言ってキャスカとシャルロットの二択でしたからね。

私は大人のお姉さんが好きなのに。

それが黄金時代編以降はじゃんじゃん女キャラクターが増えました(モブばっかりだけど…)。

モズグズ編から出演のジル姐さんとか実際に掲示板でも人気キャラクターですよね。

…モブキャラですけど。

それに魔女っ子シールケも大人気だし、イシドロもパックとのコンビが絶妙。

セルピコは塩顔イケメンだけどすごく強くて格好良いし、ファルネーゼとか…いや、私は好きよ。

一番人間臭くて良いと思います…はい。キャスカも幼児退行はしたけど美人になりました。

もちろん画力の向上という部分もあるんでしょうけど、キャラクターの個性という面から見れば、今の方がバラエティーが豊かで能力も様々。

これぞファンタジーのパーティーって感じです。

ベルセルクの黄金時代編以降が面白い理由②「ファンタジー感」

ストーリーの比較の部分でも触れましたが、とにかく今のベルセルクはファンタジー感が多いです。

黄金時代編はどちらかと言えば「戦争漫画」でしたから、ファンタジー好きとしては嬉しい限りです。

それに色々なファンタジー的武具も登場しましたね。

サラマンダーの短剣にシルフェのマント・剣、狂戦士の甲冑などなど。

やっぱり魔法とか特別なアイテムがあってこそのファンタジーですよ!これまではベヘリットしかなかったですからね。

しかし、この便利アイテムも掲示板では批判の的。

その中でも狂戦士の甲冑はかなり批判の矢が刺さっています。

確かに身に付けるだけで、今まで苦戦しまくっていた使徒達が雑魚扱いされる訳ですから、ちょっと都合良過ぎと感じてしまうのも理解は出来ます。

しかし良く考えてみると、ちょっと位便利なアイテムを持たせてあげないと、仲間パーティー1ページで全滅しちゃいますよ、ガッツと違って普通の人間なんですから。

そのガッツだってあれ位しないとゴッドハンドに一瞬でやられますよ。

掌握っただけで目標を握り潰せてしまうんですから。必要な処置だと思います。

それに私が「…げる」のシーンと同じ位好きなシーンが、狂戦士の甲冑の兜を被った時の「ルロオォ」のシーンなんですよ。

しかも使い続けていくうちに身体が段々ダメージを受けていくとか、憎しみを増幅させるとか、これぞベルセルク(狂戦士)!これぞダークファンタジーです。

ベルセルクファンのひとりとしての批判へのフォロー

ここまで黄金時代編の面白さについて書いて来ましたが、はっきり言って個人的感想ですし、この漫画のどこが面白いとか面白くないなどを他人に強要するものではありません。

そんなことをしなくても、面白いという人は世界中に沢山いるような人気漫画ですし、私がフォローしてもそれは変わらない事です。

言うなればベルセルクファンのひとりとして、批判されたらフォローしたいなという作品への贔屓目ですね。

SNSでもご購読できます。