高カカオチョコ「チョコレート効果」でポリフェノールを効率的に摂取!

スポンサードリンク

明治の「チョコレート効果」にハマっている!

今ハマっているのが、高カカオでポリフェノールがたくさん含有しているチョコレート、明治の「チョコレート効果」です。

カカオの含有が72パーセント、86パーセントのアソートタイプでそれぞれ13個入りで、一袋合計26個入りのものをよく購入しています。

もともとチョコレートは好きなほうだったのですが、このカカオのチョコレートが出始めて、ポリフェノールがたくさん含まれていることを知り、試しに食べてみることにしました。

花粉症にも良い!ポリフェノールの驚くべき効果とは?

もともとポリフェノールにはいろんな効果があることを知っていました。

例えば、植物のフキにはたくさんのポリフェノールが含まれていることが知られていますが、あるフキの産地では、日頃からフキをたくさん食べる人が多く、その地域ではほとんど花粉症の人がいないということを知りました。

このようにポリフェノールは花粉症にも良いと言うことが分かっています。

スポンサードリンク

また、カカオ には疲労回復の効果があるとも言われています。

よく昼休みの食事のあとにデザートがわりに、 チョコレートを食べることがあります。

朝とても忙しくて、午後少し疲れたときなどにチョコレートを食べると、疲労が回復したことが何度もありました。

また、カカオ食べると、毎日便通がよくなりました。

朝出勤するときに、適度に歩くなどの運動をしながら、こうしたカカオをとると、体の代謝が促進されて便秘にもなることはあまりなくなりました。

「チョコレート効果」はコストパフォーマンスの良さが魅力

このチョコレート効果のアソートを購入するようになったのは、コストパフォーマンスがいいからという理由もあります。

スーパーで買うことが多いのですが、スーパーによっては非常に安売りをしているところがあります。

さらにお菓子の割引日などに合わせて購入するとよりコストが安くなります。

結果私は200円台で26個入りのチョコレートを購入しています。これは1つ10円のチロルチョコレートに匹敵する安さです。

「チョコレート効果」は甘さ控えめで食べやすい

普通の甘いチョコレートに慣れている人は最初は少し苦く感じるかもしれません。

ただ、血糖値が気になる方や、ダイエットなどを意識している方には、このチョコレートはとてもお勧めです。また、甘いものがあまり得意でない人にもお勧めです。ちなみに、

86パーセントのチョコレートを食べた後に、72パーセントのチョコレートを食べると、少し甘く感じるかもしれません。

私の場合は1日3個から5個 ぐらい食べています。

これぐらいの量でも便通が良くなり、また疲労が回復し、花粉症などの症状も和らいでいます。

周りにも、このチョコレートを食べている人がいました。

私も同じなのですが、チョコレートだけを食べているのではなく、コーヒーや緑茶と一緒に食べていることが多いです。

実はこのコーヒーや緑茶にもポリフェノールがたくさん含まれています。

果物で言えばリンゴにもたくさんのポリフェノールが含まれています。

チョコレートと上手く組み合わせながらいろんなものを通じてポリフェノールを日々とるとなお効果が期待できます。

いつも職場の机にチョコレート効果をストックしている

チョコレートは最近乳酸菌が入ったものやこうしたポリフェノールが入ったものなど、非常に付加価値の高い商品が出回っています。

私の中ではこのチョコレート効果が自分には1番あっているように思います。

安くて、美味しくて、また自分の体にも合っていて非常に助かっています。

スーパーの特売日には必ずお菓子コーナーに足を運んでこのチョコレートか安いかどうかをチェックしています。

そしてアメリカ人のように買いだめをしています。

今の時期はまだ寒いですのでチョコレートの保存は特に問題ありません。

先日買ったチョコレートも今年の12月までが賞味期限になっていました。

このようにチョコレートは日持ちするということも大変助かっています。

このチョコレートを職場の机の中にいつも置いておき、疲れたときなどにすぐに食べることができるようにしています。

もうこのチョコレートを愛用し始めてかれこれ1年以上になります。

味については、全然飽きがこず、今でもおいしく食べ続けています。

チョコレート効果はコーヒーなどと一緒に食べるのがおすすめ

特に私がお気に入りなのは、カフェオーレと86パーセントカカオのチョコレートを一緒に食べるのが好きです。

とてもさっぱりとしたした感じで、後味がとても良く、気持ちの良い午後を迎えることができています。

95パーセントカカオのチョコレートもありますが、これはなかなか苦味が強いです。

アソートタイプが72パーセントと86パーセント合わせて26個で売っているので私は95パーセントよりもこの72パーセントと86パーセントの合わせたチョコを日ごろから食べています。

花粉症対策のためにもチョコレート効果でポリフェノールを摂取

花粉症の季節が続きますが、ポリフェノールを摂取することにより、少しでも軽く済むようにしていきたいと思っています。

私の場合は、午前中は、緑茶をのみながら、午後はコーヒーをのみながらチョコレートと合わせてしっかりとポリフェノールを摂取し、花粉症の季節を乗り越えたいと思います。

SNSでもご購読できます。