液晶タブレットCINTIQ13HDを使うともう板タブには戻れない!

スポンサードリンク

趣味で使うのに液晶タブレットはもったいない、と思っていた

wacomから発売された液晶タブレット、CINTIQ13HDを使い始めて約2年になります。

それまでは、普通に学生時代に購入したwacomの板タブレットを使っていました。

液晶タブレットなんて結構高価ですし、仕事で絵を描く人や、専門で学んでいる人が使う仕事道具で自分みたいに趣味で絵を描く人間が買うものでは無いと思っていたのですが、あちこちでレビュー等を見ていると「作業時間がグッと短く出来る」「より繊細な表現も可能」「まるで直接紙に描いているみたい」「アホらしくて板タブには戻れない」等々魅力的な事が沢山書かれていて・・・。

ちょうど育児で自分の時間が全く無い状態でしたので、時短は最高にいいなと思い、独身時代の貯蓄をはたいて購入しました。

ピクシブで公開したり、趣味で出ていた同人イベントで再活動する為です。

スポンサードリンク

液晶タブレットはとにかく高い!でも高いだけの価値はある

私が13HDを購入した時、更にサイズが大きい24HDも販売されていました。

ですが13HDでも約10万円・・・とてもではありませんが24HDには手が出ませんでした。

そもそも専用のPCデスクを持っていませんでしたので、どこにそんなデカイ機器を置くんだという問題もありました。

なので、値段サイズ共になんとかギリギリOKかなという13HDを購入しました。

セルシスから出ているクリップスタジオをインストールし、13HDを使うと、本当に紙に絵を描いている様な感覚になりました。

今まで板タブと画面の誤差のせいで時間がかかっていたイラストが、本当に直接描く様な時間で描き上げる事が出来るので使って10分もすれば「もう絶対板タブなんかには戻れない!!」と思いました。

個人差はあると思いますが、板タブで1時間かかっていたイラストを液タブで描くと、30~40分で仕上げられる感覚でしょうか。

とにかく恐ろしく時短になりました。

液晶タブレットがとくに力を発揮するのは、漫画を描く時

漫画を描く場合は、絵だけではなく、コマの線、吹き出し、効果線、トーン等々、色々な物を描きこまなければいけません。

板タブでもマウスを併用してパパっと出来る人は出来るのでしょうが、液タブだとタブレットに直接ツールバー等が表示されるのでペンでタッチしてツールの切り替えが簡単で、13HDのサイドについているボタンやペンのボタンにショートカットを自由に設定する事が出来るので、サクサク作業が進みます。

漫画を描く時は、ツールの切り替え等が凄く多いので、この機能はとっても助かります。

イラストでも液タブを使うのはかなりの時短になりますが、漫画だともっと時短になると実感しています。

板タブだとどうしても画面と板の上のポインタの調節が毎度発生するのですが、液タブなら全て目で見て触った通りに感覚的に

操作が出来るので、全ての動作が早く行えるので、ストレスが劇的に軽減します。

液晶タブレットなら下書きからデジタル作業でOK

板タブで作業していた時は、まず下絵は必ずアナログで紙とえんぴつで描いて、それをスキャナーでとりこんでそれを下描きとしてデジタルでペン入れ、もしくはアナログでペン入れまで行い、着色や効果のみデジタルで行っていました。

理由は、やはり板タブだと色々と時間がかかるからです。

ですが、液タブなら下絵からペン入れまで、全てデジタルで行う事が出来ます。

というか、わざわざアナログで下絵等を描くメリットがみあたらないというくらい、とにかく楽で描きやすいのが理由です。

アナログだと消しゴムで消したり、左右反転したりして確認したり、顔が大きくなりすぎたから小さく縮小してバランスを見たり・・・といった修正に時間がかかってしまいますが、デジタルならこれらをものの数秒で行えるので、物凄く楽です。

液晶タブレットのデメリットはとにかく置き場所とコードの煩雑さ

13HDでもノートパソコンと同じだけのサイズはありますので、やはり置き場所には若干困ります。

24HDだと更に大きいので、机に液タブと同じ大きさの穴をあけて、そこに液タブをはめ込んでいる人もいる位です。

私はそこまで器用ではありませんし、作業スペースも狭いので、ノートPCのキーボードに若干液タブが被る様に少し重ねて

使用しています。

その上、コードのポート穴がノートPCのものと合わないので、変換器を間にかませており、接続するケーブルがごちゃごちゃになりやすく、ますます作業台のスペースを圧迫しています。

専用のPCデスクを持っていれば問題はないレベルですが、そうでない場合はそこそこ邪魔になってしまいます。

とはいえ、やはりもう便利過ぎて手放す気にはなりません。

同人誌1冊仕上げる時間が劇的に短くなりましたので、育児中でもネタさえあれば、月に1冊位は楽に描ける様になりました。

ただ、よく言われている様に、液タブを買ったからといって絵がうまくなる訳ではないので、そこは努力しないといけないなぁと思っています。

もし今使っているものが壊れたら、また次も同じシリーズの液タブを購入すると思います。

正直お値段はネックですが、迷っている人がいたら「買ってしまえば天国だぞ!」と声を大にしておすすめしたいです。

SNSでもご購読できます。