羊毛フェルト入門編!フェルトボールだけで作れる作品アイデア

スポンサードリンク

ハンドメイド初心者に勧めたいフェルトボールのレシピ

最近はハンドメイドがブームになっていて、手作りをする人が増えていますね。

布を使った洋服や小物、粘土をつかったスイーツなど、ハンドメイド作家によって使う素材は本当に様々です。

中でも羊毛フェルトを使った作品はとても人気がります。

羊毛フェルトとは羊毛をフェルト化したものを、フェルティングニードルという窪みのついた針を使い、自分の好きな形を作ることができるハンドメイドクラフトのひとつです。

最近では百円均一などでも見かけるようになって、お手軽に始められる身近なものになっていますね。

しかし、やってみたもののうまくできなかったり、ちゃんと形になるのか自信がないという方もいらっしゃるかと思います。

そんな初心者の方におすすめしたいレシピが「フェルトボール」です。

フェルトボールとは羊毛フェルトを丸く形成するだけなので簡単にできますし、フェルトボールを使って色々な作品が作れますよ。

スポンサードリンク

1、フェルトボールの基本の作り方

《材料》

・お好きな色の羊毛フェルト 適量

(石鹸水を使う場合)

・ぬるま湯に洗剤やシャンプーなどを1~2滴入れたもの

《作り方》

①羊毛フェルトをくるくると巻いていきます。この時、巻きはじめをなるべくきつく巻いておくと形成しやすくなります。

羊毛の量は作りたいサイズに合わせて調節してください。

②フェルトがほどけないようにフェルティングニードルで何ヵ所か刺し、軽くまとめておきます。

③ニードルで作る場合はそのまま丸くなるように意識しながら色々な方向からまんべんなく刺していきます。

サイズを大きくしたい場合は、羊毛をまわりに巻いて継ぎ足して同じように刺して形成しながら大きくしましょう。

《石鹸水で作る場合》

②まで同じように作ります。

③軽くまとめておいたフェルトボールに石鹸水をかけて、手のひら挟んではじめは軽くコロコロと転がししながら形成していきます。

サイズが小さい場合はニードルで形成する時と同じようにフェルトを巻いて継ぎ足し、転がしながら大きくします。

④だんだんと硬く毛羽立ちが少なくなって形が整ってきたら石鹸を洗い流し、軽く絞ったあとタオルの上などで2~3日しっかりと乾かします。

2、フェルトボールを使ったアクセサリー

フェルトボールに金具をつけることで簡単にアクセサリーを作ることができます。

フェルトボールの色や大きさを変えるだけで印象ががらりと変わる作品ができますよ。

《フェルトボールのピアス》

フェルトボールに金具をつけ、パーツにつけるだけで可愛いピアスが作れます。

パールやビーズなどの違う素材と組み合わせたり、2色以上のフェルトボールを組み合わせて、ポップなものやシックなタイプなどシーンにあわせてつくるようにしても良いですね。

《フェルトボールのバッグチャームやストラップ》こちらもピアスと同じように金具をつけ、パーツに取り付けるだけでできます。

フェルトボールの丸みを生かて、葉っぱの形の金具を着けて果実のようにみせるのも良いですね。

《フェルトボールのヘアゴム》

フェルトボールに目打ちで穴をあけ、ゴムを通し結びます。

アクセサリーなどに使う際は金具がすり抜けるのを防ぐためにしっかりとフェルト化させましょう。

また、フェルトボールに別の色の羊毛フェルトで模様をつければ、また違った雰囲気になりますし、簡単にできるアレンジです。

3、フェルトボールで作れちゃうインテリア雑貨

フェルトボールを使うことでインテリアもフェルトの持つ優しい雰囲気にできます。

《フェルトボールのガーランド》

フェルトボールに紐を通すだけのガーランド。長さや大きさも自分の好みに出来ますし、お部屋に合う色の組み合わせを考えるのも楽しいですね。

《フェルトボールの写真立て》

既成の写真立てのまわりにフェルトボールをグルーガンで張り付けていきます。

出来上がりはとても可愛いく、貼り付けるだけで簡単にオリジナルの作品が作れますので、子供と一緒に作るプレゼントなどにはぴったりですよ。

《フェルトボールのマット》

フェルトボールを糸で隙間なくつなぎ合わせて、マット状にします。

熱すぎるものを乗せるのには向きませんが、ポットマットなどとして使うのはいいですね。カラフルで厚みもしっかりしているのでとても存在感があります。

《カーテンにつける》

フェルトボールをカーテンの裾の部分に縫い付けるだけのアレンジでもお部屋の印象が変わりますよ。

カーテンにつける歳はカーテンを開けたときのことも考慮してフェルトボールの大きさを選ぶのが良いでしょう。

《透明の瓶に入れる》

お気に入りの透明の瓶などに入れて飾るだけでも可愛く飾れます。

隣り合う2つの瓶に補色のフェルトボール入れて飾るととてもきれいなインテリアになります。

羊毛フェルトはコツがつかめるまでは形を作るのが難しい場合もありますよね。

フェルトボールでしたら初心者の方でもとても簡単に作ることができますし、フェルティングの練習にもぴったりですね。

フェルトボールだけでも様々な作品が作れますし、今まで羊毛フェルトは難しいと敬遠していた方もフェルトボールから是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

SNSでもご購読できます。