事務員の強い味方!コクヨのガバットファイル(中抜き)の優秀な点とは

スポンサードリンク

事務員の悩みを解決してくれるコクヨのガバットファイル(中抜き)

どんな会社でも絶対に必要な仕事、それは事務です。

いくらペーパーレス化が叫ばれていても、現状では紙とインクの事務なしには仕事はまわりません。

紙があれば、ファイリングが必要になります。

毎日行う作業だからこそ、ちょっとした不便が能率に影響するものです。

事務員の悩みを一気に解消する優秀なファイル、コクヨのガバットファイル(中抜き)をご紹介します。

ガバットファイル(中抜き)はその名の通りガバット広がる!

商品の名前そのままに、背幅が豪快にガバット広がってほんの数枚から大量の書類までフレキシブルに収納できます。

最初から書類の枚数が決まっている仕事なら必要ありませんが、納期が延びたり仕様が変わったりして書類がどんどん増えて、ファイルが閉まらないくらいパンパンになることはよくあります。

スポンサードリンク

薄いファイルから中くらいに、さらに分厚いファイルにと入れ替えるのは、書類が多くなればなるほどやりづらいものです。

ガバットファイルなら書類の量が少なくても、どんどん増えていっても同じファイルに重ねていくだけで使い続けられます。

最大でなんと1000枚も閉じられるそうで、紙表紙のファイルとしては驚異的です。

背幅を広げるのも特別な操作は必要なく、表紙をひっぱり出して普通に閉じ具で止めるだけなのも嬉しいです。

1000枚を超えるとファイルとして普通にめくるのはむつかしい厚みなので、最大1000枚というのは必要にして十分な枚数です。

ガバットファイル(中抜き)は書類の中抜きが楽にできる

ガバットファイル(中抜き)の最大の魅力がこれです。

分厚いファイルで面倒なのは、ずっと奥の方の数枚だけを入れ替えたい、という時です。

従来のガバットファイルはいったん閉じ足から手前の書類を全部抜いてしまう必要がありましたが、補助足という名前の中抜き専用パーツが追加されたことで、書類をパーツに通したままで入れ替えができるようになりました。

これで入れ替えの際に書類がばらけてしまったり再度閉じる時に手間取ったりすることがなくなりました。

補助足と閉じ足をつなぐのがちょっと面倒なのですが、いったん抜いてまた閉じて、というやり方に比べたら格段の差です。

仕事によってはA4とB5など異なったサイズの書類をいっしょに閉じたり、資料のパンフレットなど厚みのあるものを閉じたりすることがありますが、そういった時にこの中抜きのシステムは威力を発揮してくれます。

書類の多い会社ほどこの機能の便利さが実感できるでしょう。実際事務をやっている人ならきっと嬉しいと思います。

ガバットファイル(中抜き)の画期的な横入れ閉じ具

事務員というのは、書類をきれいに整理したい欲求があると思います。

チューブファイルなら金属や樹脂のパーツで書類はがっちり固定されるのですが、従来のガバットファイルは閉じ足に樹脂の閉じ具を上から差し込んで固定するやり方で、どうしてもゆるみが出がちでした。

それは閉じ具のコマを片方ずつ止めつける必要があったからで、特に枚数が増えてくると片方を止めている間にもう片方がゆるむことがよくありました。

このガバットファイル(中抜き)の閉じ具は横から差し込むタイプです。

それだけの違いなのですが、片手で書類を押さえつけて厚みを圧縮し、横から閉じ具をスライドさせて止めるので厚みが出にくいのです。

また従来だと背幅をいったん広げてから書類の厚みに合わせて狭める必要がありましたが、横からの差し込みだとその必要がありません。

背幅が余って浮いてしまうことがないので、並べて見てもスッキリしています。

なによりきっちり厚みを押さえつけて閉じたファイルは立ててもくずれず、中の書類も傷みません。これはチューブファイルなどに比べて薄手の紙の表紙では大切なことです。

ガバットファイル(中抜き)はカラーが豊富、かつシリーズで揃えられる

さらに事務員はできるだけ書類をきれいに分類したいと思っているものです。

すべて同じファイルに統一して、背表紙にタイトルを貼ってもいいのですが、色で分類しておけばわかりやすいし、なにより間違った場所にファイルが紛れ込んでも色が違うのですぐに発見できます。

ガバットファイル(中抜き)には5色が用意されています。

どれも目に優しい控えめなブルー、グリーン、ピンク、イエロー、グレーです。さらにいいのはコクヨの他のシリーズと共通の色だということです。

コクヨのファイルでもっともなじみがあるベストセラーと言えばフラットファイルですが、こちらにもまったく同じ5色があります。

さらにチューブファイルにもカラーボードというシリーズにグレーを除く4色が揃っています。

ファイルの種類が違っても同じ色で統一できるので、書類整理の効率がぐっと上がるでしょう。

見た目がキレイな書類キャビネットは事務員のやる気を上げてくれます。

書類がきれいに整理されている会社は、間違いなく仕事のできる、伸びる会社です。

効率の悪い事務用品に手間取るのは時間の無駄であるだけでなく、事務員の能率も落としてしまいます。

事務員の悩みを解消するガバットファイル(中抜き)は、ちょっとした不便を気持ちよく解消できる優秀なグッズだと言えるでしょう。

SNSでもご購読できます。