唯一の愛用化粧品!リペアリキッドファンデーションのカバー力がすごい!

スポンサードリンク

使っている化粧品で唯一愛用といえる「リペアリキッドファンデーション」

化粧品サンプルをもらうのが好きで、スキンケアからメイクものまでいろいろもらうのですが、正直レビューを、と言われても書きづらいものが多いのです。

最近の化粧品は、これといってハズレもないのですが、逆にいうと「まあ、こんなもんかな」という感じで済むものが多く、結局新しいものを、また使ってみる、という繰り返しになっているのです。

しかし、こんな私でも1つ「愛用品」と言われて思い浮かぶものはあります。

それがリソウコーポレーションの「リペアリキッドファンデーション」

塗ってないのに毛穴が消える、という感覚を味わわせてくれる、びっくりな品なんです。

厚塗りとは違う!リペアファンデーションは肌の負担が少ない

最近のファンデーション、よく出来ているものが多く、肌に負担がかかるものも少ないです。

でもエイジングケア世代の私が納得するものというと「塗りました」という感じは、どうしても残るものが多いんですね。

スポンサードリンク

そもそも下地からスタートした時点で「仕込んでいます」という感じになり、重ねると「しっかりです。」となります。

だからといって手を抜いて薄く見せようとすると、文字通りの手抜きになります。

意外に行けるのが、パウダー系、私の場合、乾燥肌ではないので、パウダーを滑らせるという作戦でも、割といい感じになるのですが、この方法のマイナス点は「崩れる」です。重ねておくと、多分大丈夫だと思うのですが、それではくどい、

「まあメイクなんて、こういうものよね。そもそも土台作りが大事だとプロに聞いたし」と思っていたのです。

リペアファンデーションをもらうまでは。

実はもらいものである、リペアファンデーション、出した時の感触は「水っぽい!」。

よく振らないと商品の持つ「潤い」にならず分離するようです。

チューブタイプなのですが(現行品は違うよう)しっかり振って出す、簡単に言うとBBクリーム的なんですが、クリームより塗りやすい!

というより、肌に負担がない、薄いのでムラにもならない、なのに、しっかりヴェールはかかるので、シミ、毛穴は消える、

「メイクの重みが嫌い」だけど、カバーはする、という、まさかのいいとこ取り実現商品だったのです。

「こんなものあるんだ」というのが率直な感想です。

リペアファンデーションは薄くてもしっかりメイクにも対応できる

よくパンフを見ると「100%天然成分由来」というタイプなんです。

こういうのを見ると、まず「優しいだけよね。」と思ってしまうのですが、本来の役目を果たすものがあったんですね。

こういうタイプの商品でありがたいのは、アイメイクやリップをしっかりしようと思うと、やはり負けない下地にしておかなくては何かバランスが悪い、となることが多いんですが、薄くてもしっかりカバーはかかるため、薄く付けて置けばいい点です。

基本的に、私はメイクを「ちょっとおでかけ」「普通の外出」「気合編」と方法を変えて、使用するものも変えており「気合編」では、厚く見えてもいい外資系のファンデーションを使っていたのですが、あんまりその必要も感じず、リソウ1本になっています。

気合編では、クマのカバーにハイライト的なものも使うんですが、その上に塗っても普通に対応するんですね。

はっきり言って、安い乳液より軽いんですけど、ハイライトとも共存するアイテムなんです。

リペアファンデーションは肌の負担も少ないからクレンジングの節約に良い

よく考えてみたら「肌の負担がかかってない」ということは、クレンジングも少なくて済むんです。

というより、天然由来なので、塗っているときはむしろ肌に優しいのだろうか?と思うくらいですけどね。

しっかりメイクをしたときに感じるのが「落とした感」です。

普段はメイクをしないタイプなので、ファンデーションを塗ると、とても顔が重く感じるタイプなんですが、重みがないです。

そうなると「しっかり落とさねば」とはならず、何となくクレンジングもライトなものを買い、少量で済ますことになっています。

気合メイクのときは、アイメイク&リップメイクの2か所をポイントふき取り用クレンジングでしっかり拭くという感じですね。

ポイント部分だけ、きっちり落とすという方法、これでタオルに何もつかないんです。

クレンジングも少なくて済みますが、その後の再ケアもあまり手間がかからず。

面倒くさがりですが、BBクリームよりファンデになってしまっています。

リペアファンデーションは天然由来成分だから使用期限があるから注意

実は天然成分なので、早目に使用しなくてはいけないんですが、やや長めに使ってしまっています。

普段使いに、対応するので日焼け止め感覚で早めに回転させた方がいいかな、と思って、なるべく日常対応に使っています。

どういうシーンでも使えるし、ニキビなどがあっても刺激がほぼないので、迷わず使用できる!というメリットがあるため、意外にすぐ使いきれそうな気はするのですが。

実は、ムラになることがないので「より効果を発揮する」と書かれている添付スポンジを使わないままになっています。

「きっとこれもすごい」と思うと、使うのがもったいなくなるんですが、使わない方が多分損ですね。

でも、指で十分きちんと塗れるんです。

楽にきちんと、を目指したい人、お勧めです。

SNSでもご購読できます。