今押さえておきたい&知っておきたい豪華客船情報

スポンサードリンク

1、豪華客船とは?豪華客船の旅の基本情報

日本でも少しずつ認知度が上がってきている豪華客船は一言でいうと「動くホテル」です。

レストランやショップが充実しているほか、本格的なショーや楽しい参加型のイベントを堪能することもできます。

船内は様々なエンターテイメントにあふれているので退屈することはありません。

優雅に楽しく時間を過ごしている間に、目的地に到着してしまうということで、移動中も有効活用できる手段です。

豪華客船というと高級なイメージを持つ方も多いと思いますが、実は予想以上にリーズナブルな値段です。

会社にもよりますが、普通の旅行と比べると、何倍もお得という事例も珍しくありません。

特に外国客船については、かなりお得なプランが多いです。

ちなみに言語についてですが、外国客船であれば、使用される言語は英語であることがほとんどです。

スタッフや乗船するお客様も外国の方が多いことも。

しかし、英語が話せないからと不安に思う必要はありません。

スポンサードリンク

特に、日本発着の船の場合、外国客船であっても、日本のお客様に対応する為の準備が整えられています。

日本語のサインやアナウンスもありますし、日本人のスタッフも多く乗船しています。

たとえ英語が話せなくても全く問題なく船内で過ごすことができます。

2、豪華客船メリットは異動が負担がほとんどないこと

豪華客船の大きな魅力としてあげられるのは、とにかく移動が楽という点です。

特に海外旅行どいうのは、空港での手続きや荷物の持ち運び、現地での交通手段など、負担になることも多くあります。

旅慣れしている方はよいのですが、そうでない方にとっては大きなハードルだと思います。

そんな時におすすめしたいのが、豪華客船の旅です。

例えば、日本の港(横浜港、神戸港など)発着でも、台湾や韓国、ロシアといった海外クルーズの船があります。

空港を介さず海外に行けるというのはとても楽だと思います。

また、寄港地では、船からメインの観光地まで無料シャトルバスが随時出ますので、負担も少なく便利です。

観光に疲れたらいつでも船に戻ってきて休憩することもできます。

必要があれば、自分たちで船内のツアーデスクで、ツアーに申し込むことも可能なので、海外旅行は不安という場合も、安心して観光を楽しめます。

長距離の移動が困難なお年寄りや、外国に行ってみたいけど自信がない…といった方たちが快適に旅行を楽しめる手段ということも、豪華客船の大きな魅力の一つだと思っています。

3、豪華客船とはいえ船だから船酔いが心配!揺れることはないの?

客船と聞くと、揺れるのではないか…という点を心配される方も多いと思いますが、基本的には、そこまで揺れを感じることはありません。

天候や体調によって、酔ってしまう方もいますが、乗船してから下船するまで酔いが続く方というのはほとんどいないようです。

私は、客船で勤務をしていた経験がありますが、たとえ酔ってしまっても数時間で回復し、その後は船の環境に慣れてしまうお客様ばかりでした。

船酔いの対策としては、酔いを感じる前に、酔い止めを服用することがあげられます。

また、ジンジャエールや青りんごを積極的にとるのも効果的です。

その人の体質にもよるので必ずとは言えませんが、船酔いのことは極端に心配する必要はないと思います。

続いて客室についてです。

船内にある客室のことをキャビンと言います。

ホテルと比較すると、シャワーやトイレがやや狭いことが多いですが、それ以外はホテル同様快適に過ごすことができます。

冷蔵庫、テレビ、電話もあります。

テレビでは随時映画を観られるようになっている船がほとんどで、キャビンに戻っても退屈することないよう工夫されています。

ちなみに、インターネット環境ですが、基本的に船内ではインターネットは使用不可です。

インターネットカフェのような場所があり、有料で使用できるサービスはありますが、個人的には、旅の間はインターネットから離れるのもありかな、と思います。

船内は楽しいイベントやショー、レストランやショップといったお楽しみにあふれているので、正直インターネットがなくても気にならないかと思います。

4、豪華客船のなかでの服装は?カジュアルデイとフォーマルデイ

船のランクにもよるかとは思いますが、一般的な豪華客船であれば、そこまでかしこまる必要はありません。

クルーズ中は、カジュアルデイとフォーマルデイというのがあります。

カジュアルデイは、名前の通りカジュアルな服装で過ごしてOKな日です。

デニムやパーカー、スニーカーで過ごしている方も多くいます。

そして、気を付けなければならないのがフォーマルデイです。

基本的に夜の時間帯なので、フォーマルナイトと呼ぶこともあります。

この時は、カジュアルな恰好は認められず、ドレスアップが必要になります。

とはいえ、必要以上にかしこまる必要はありません。

ドレスや着物を着る方もいれば、フォーマルなワンピースに華やかなアクセサリーを身に着けるという方もいます。

男性はタキシードやスーツが一般的です。

フォーマルナイトがあると聞くと、面倒だなとか、場違いかも…と思ってしまう方もいるかもしれませんが、全くかしこまる必要はありません。

せっかくの機会なので、ドレスアップをして華やかな船内の雰囲気を楽しんで欲しいと思います。

SNSでもご購読できます。