買い物に行かない節約術!お店の戦略に乗らないことが節約に繋がる

スポンサードリンク

節約のためにまず買い物に行かない!

私が最もオススメするのが、寒い冬にこそ試してほしい!!

「買い物に行かない節約」です。

スーパーを何件もハシゴして奮闘しているお母さん、その努力、もしかしたら無駄どころかスーパーの術中にハマっているかもしれません!!

1.スーパーの滞在時間が長いほど、買い物量が多くなる!?

これは心理学で証明されています。

そもそもスーパーやコンビニは全て、プロのコンサルタントなどの手によって「お客様がもっと買い物がしたくなるように」作られているのです。

野菜や肉の並び、特売品の置き場所。

素人の我々がどんなに意識したところで、プロにかなうわけがありません。

よって、

・スーパーに行く回数を減らす(買いたくなるから)

・必要なもののみ買う

この二つは節約にとても重要なことなのです。

2.滞在時間を減らすために買い物のしかたも工夫!

では、具体的な方法を考えます。

スポンサードリンク

私の場合ですが、買い物はこのように分けています。

肉…月1回大量まとめ買い⇒小分けして冷凍

野菜・魚…週一回

なぜ肉は月一回なのか?

実は多くのスーパーでは、まず入り口に野菜が並び、次に魚、そして一番奥に肉があるのです。

これはメインディッシュを奥に置くことで、お客様が野菜に戻ったり調味料を見に行ったり…と滞在時間を長くするためです。

週一回の買い物のときに、「野菜と魚のみ見て帰る」こう徹底するだけでも、余計なものを買わなくなります。

奥の肉売り場まで行かずに引き返す!!

繰り返しますが、プロの「もっと買わせよう」作戦には適わないのですから。

①お肉を月1回!

これは献立を考えず、使いやすいものを選んで買います。

豚の薄切りと厚切り、牛の薄切りと厚切り、鳥モモ、ミンチ など。

家族の人数次第で100~200グラムに小分けして、ジップロックして冷凍。

一ヶ月は軽く持ちます。

子どもの急な「何か食べるものない?」にも、野菜さえあれば対応出来るというのも便利です。

②野菜と魚は週一回!

まずは一週間の献立を考えます。

特売次第で変わっても構わないので、ざっくりと一汁三菜を考えるだけでOK。

これを考えておくだけで無駄なものは買いません。

私は月曜日を魚としていて、種類は決めずに「お刺身」とだけ書いています。

良い魚があれば刺身ではなく焼き魚になることも。

野菜も一週間ほどはちゃんともつので、帰ったら処理をしてジップロックしておくのが良いと思います。

この二つを徹底することで、スーパーの術中にハマった無駄な買い物は減ると考えられます。

無駄遣いは大体スーパーにあります。

3.ネットを活用して買い物の手間を省く

都会暮らしのため車がない生活のため、買い物は全て自転車です。

そのせいか無駄だな、大変だな、と感じたのが、重い・大きい買い物です。

具体的には、調味料やトイレットペーパー。

これらを私はネットスーパーで解決しました。

一見節約とは逆の行為に見えますが、最近のネットスーパーは大変優秀で、安く、2000円ほどで送料無料で届けてくれるのです。

油や醤油にみりん、トイレットペーパーにティッシュ、こういった大きくて重いものはネットスーパーを活用し、少し手の込んだ節約料理でも作ったほうが、ずっと節約になるのではないでしょうか。

また、これも「買い物に行かない節約」と同じで、スーパーに行かないことを目的としています。

とはいえ、スーパーの変わりにネットサーフィンしてしまっては元も子もないので、ネットスーパー利用の前に必要なものはリストアップして、ここでも無駄な買い物はしないようご注意ください。

お店は「もっと買ってもらう工夫」が詰まった場所だからこそ注意!

スーパーやコンビニというのは全て、プロが魂をかけて「お客様にもっともっと買い物をしていただく」ことを目的にさまざまな工夫がされています。

普段気にしていないあれも、これも、あなたが今ふっと自分の意思で手に取ったその商品も、全てプロの計算通りなのです。

もちろんそれは悪いことではありません。プロも「良いものをもっと提供」してくれているのですから。

しかし節約という観点においては、ちょっとプロの作戦からは離れて、本当に自分の必要なものだけを買う方が良いと思います。

もう一つ。

肉は月に一回、魚野菜は週に一回、調味料はネットスーパー。

これらの方法は、「時間を節約」する方法でもあります。

スーパーの滞在時間が長いということは、無駄な買い物を誘発すると同時に、それ自体が「時間の無駄」。

我々は無駄な時間を使って、無駄な買い物をしているともいえます。

それを防ぐためにも、出来るだけ買い物に行かない節約術を実践してみてほしいと思います。

特にネットスーパーはハードルが高そうですが、乳幼児を見ながらでも深夜でも注文できるのでオススメです。

そして節約されたお金だけではなく、節約された時間にも是非目を向けてみてください。

スーパーの特売にばかり目を向けていた分を冷静に振り返ると、もしかしたら、自分、あるいは家族のために使える時間が見るかるかもしれません。

時間でお金を買うような節約だけではなく、お金も時間も節約して、エンジョイ人生!!

SNSでもご購読できます。