家計簿が続かない!お金の管理が苦手な専業主婦が節約に成功した方法

スポンサードリンク

貯金が苦手だった専業主婦が必要に迫られて節約生活へ

私は去年の1月から出産のために専業主婦になり、1年が経ちました。

専業主婦になったことで完全に自分の収入が途絶え、旦那の稼ぎのみで生活しなければならなくなりました。

私は小さい頃から’貯金’が苦手で、今までまとまった額を貯金できたことがありませんでした。

どうしても欲しいものが次々出てきて、欲しいものは手に入れないと気が済まないタチで、あればあるだけ使ってしまうので手元にまったく残らないのです。

そんな貯金ゼロのまま結婚するこになり、突然収入がなくなったものだから私としては欲しいものが急に自由に買えなくなってしまった訳です。

死活問題。

残念なことにうちの旦那はかなりのケチなので(付き合っている時は全然わからなかった!騙された!笑)、もちろん専業主婦である私にはおこづかいなどはくれませんし、家計も完璧に旦那が管理しています。

スポンサードリンク

私は毎月、家賃35000円と児童手当15000円と食費35000円を旦那から預かります。

家賃は私が振り込む役目、児童手当は子供の銀行口座にそのまま貯金なので、自分が自由にできるお金は食費として預かった35000円のみです。

夫婦二人(しかも旦那は大食い)分の食費が35000円ですが、赤ちゃんのレトルトベビーフード、トイレットペーパーやサランラップなどの日用品もこの食費からやりくりすることもありますが、

でもどうしてもそのまま35000円をお財布にポンと入れておいたら、ついついあるから使ってしまうんです。

なので今までに何度も、アプリの家計簿やらノートに書き込むタイプの家計簿やらを試してきたのですが、そのうち面倒になってきて続かないんです。

それに加え赤ちゃんが生まれたので子育てをしながら家計簿をつけるだなんて、正直家計簿を出してきてペンを握り書き込むというだけの作業が、なかなかスムーズに行きません。

(だってすぐ赤ちゃん泣くんですもの…)

家計簿に挫折してたどり着いた節約方法が「袋分け」

そこで私が実践し始めたのが、’袋分け’です。

食費を旦那から預かったらとりあえずその一ヶ月の食費を5週分に小分けにし、100均で買ったちゃっく付きのビニール袋に入れておくのです。

私は1週目から4週目までの7日間を、それぞれ週の予算8000円ずつに分けます。

そして残りの5週分(残りの2,3日分)を3000円と振り分けます。

あとはそれぞれ1週目の袋、2週目の袋…とわけていくだけ。

私は月曜から土曜までを1週間とし、その1週間の間に使い切らずにお財布に残ったお金すべてをとりあえず貯金していきます。

小銭は1円玉から100円玉までを空き瓶に、500円は500円玉貯金用の本に貯金し、お札はお札でまた別に封筒に入れてしばらくタンス貯金です。

小瓶はいっぱいになったら銀行のATMに放り込んでしまえば手元が軽くなりますし、お札もある程度まとまった額になれば口座の方へ貯金します。

これを続けること7ヶ月、綺麗に毎月10000円以上貯金できています。

それまでは袋分けなんて面倒でしなかったので、10000円貯金できた月もあれば逆に足りない月もあったり、貯金できたりできなかったりバラバラでした。

その週の食費8000円以外はお財布に入れて持ち歩かないので、無駄な出費が確実に減ります。

まとめ買いは厳禁!余計な物を買わないための方法

そしてこれも実際自分が専業主婦として買い物するようになってやっとわかったことなのですが、私の場合は’まとめ買い’はしない方がお金が手元に残りました。

旦那と買い物に出た時に重いものはかっておいたほうが(一人で赤ちゃんを連れて買い物して帰るより)楽だな、と、旦那と出た時にまとめ買いや、まだなくなっていないけどもうちょっとで切れそうなモノを先回りして買ってストックしておくと、どんどんお金が残りません。

手間はかかりますが、2,3日に一度など、かなりこまめに、その時に必要なモノだけを買うようにしたほうが、私は手元にお金をより残せました。

そして、スーパーでよく賞味期限切れ間近の商品などを安売りしたりしていますが、安いからといって買わない!

これが大事です。

安かったからという理由だけで買っても、結局使わずに腐らせたりダメにしてしまって捨ててしまうこともたくさんありました。

用途がはっきり決まっていないものは買わない!

これは鉄則です。

必ず必要なモノを、必要なときにその都度買いする方が意外とエコにつながることがわかりました。(例え値引きされていない食材でも)

そして、なるべく安いスーパーで買い物をするというのは言うまでもなく、これらのことをコツコツ毎月積み重ねて、週の予算を守っていけば、気づけば毎月10000円ほど食費を浮かせることができます。

あまり細かくこだわって家計簿に記録していくのも、私はガサツなのでできませんでした。

今週はどこどこでいくら何に使ったと、逆にこだわらずに余った分だけ確実に貯金していくことが大切なんだろうと思います。

今までお金のやりくりが下手で管理はできないと思っていましたが、やり方さえ見つけてしまえば誰にでも貯金はできるものなんですね。

SNSでもご購読できます。