キッチンの掃除にはASTの「キッチンのコゲこすりん棒」がとっても便利!

スポンサードリンク

IHクッキングヒーターならそんなに汚れないと思ったけど現実は違った

我が家を新築して7年、子供が小さいこともあってキッチンはIHにしました。

キッチンと居間がつながっているオープンキッチンなら、子供を見守りながら料理ができるけれど、ガスコンロだと煙が出て部屋全体が汚れやすい・・・そんな情報があったので、家内が「絶対コンロはIHにしたい!」と言って譲らなかったのです。

住宅展示場に行っても、キッチンのほとんどがIHです。

お薦め品らしく、掃除も簡単と教えられました。実際、ガスコンロと違って凹凸がなく、汚れても一拭きすれば、IHクッキングヒーターの表面はすぐにキレイになります。

「汚れが付いた場合は、タオルやスポンジで擦るよりも、ラップやアルミホイルをクシャクシャに丸めて研磨剤を付けて磨けばOKです」こんな裏技も担当の方は教えてくれたので、IHコンロは汚れない・・・そう思っていました。

でも実際使ってみると、汚れが付いてきます。

スポンサードリンク

もちろん、最初の頃は少し拭きこぼれただけでも、一生懸命磨いていました。

でも、だんだん横着になり、気がつくと結構汚れが付き、取れなくなっていったです。

表面が劣化してハゲたのか、汚れがただ付いただけなのか分かりませんが、丸い熱源のところに何か付いてゴワゴワしています。

特に土鍋などIH専用の調理器具でなくても使えるコンロの汚れが酷い!

例のラップの裏ワザをやっても、全然効果がありません。

そもそもIHクッキングヒーターって、何年使えるのでしょう?

そう思って、ネット検索してみると、約10年とあります。

まだ7年目だから、もう少し使えるハズです。

でも、最近汚れが酷いせいか、火力が弱まっている気がすると、家内が言い出しました。

取りあえず、汚れを取ってみよう・・・そう思って、クレンザーを付けてナイロンタワシで擦っても駄目、全然汚れが落ちる気配もありません。

「キッチンのコゲこすりん棒」というIHコンロ専門の清掃用具に出会った!

困っていると、近所のホームセンターの便利コーナーで「キッチンのコゲこすりん棒」というIHコンロ専門の清掃用具を見つけました。

7~8㎝の四角柱、一見大きな消しゴムのようなものです。

砂消しゴムのような感じなのでしょうか?

家に帰ってさっそく試すことにしました。

使い方は「最初に1~2秒、先端を水に付けてから、汚れた箇所に付けて磨く。

水分が飛んだら、水を使いながら擦る」とあります。

ちょっと水に浸してから汚れを擦ってみると、よごれん棒は溶けるように減っていきます。

なんだかセメントのように溶けながら、でも茶色のセメントがコンロの上に広がっていく・・・あっと言う間に乾いてしまうので、水に付けながら擦ること1~2分。

ティッシュで茶色のセメント液を拭きとると、何だか汚れ跡が小さくなってきた気がします。

手でコンロの表面を撫でると、明らかに凹凸が平になってきていました。

「これは効果がある」そう思って、ネットの口コミ欄をチェックしてみたのです。

口コミはすぐに見つかりましたが、反応は意外でした。

どうも以前TVで紹介があったらしく、「番組で宣伝していたから買ったのに残念」「フライパンの汚れが落ちない」「思ったよりも小さな傷がつく」等、100%良いということではないのです。

もちろん、良かったというコメントもありましたが、数は少数派のような気がします。

私の感想は150%良いというのに。

どんな仕組みで汚れが落ちる?「キッチンのコゲこすりん棒」の特徴

今まで使っていたクリームクレンザーの粒子を、さらに細かくしたもの・・・とネットに書いてあります。

そのサイト情報では、ソフトセラミック微粒子研磨材とのことです。

クエン酸が溶けだすことで汚れ付いたコゲをやわらかくするようです。

クエン酸って、色々な作用があるのですね。

実際使っていると溶けるとうい印象なので、使った後は水分をきちんと拭きとらないと、どんどん減ってしまいそうです。

値段も500円弱なのでリーズナブルではありますが、溶けて半分以下の長さになってしまったら、とても使いにくいので困ります。

汚れが簡単に落ちるといっても、結構力を掛けて擦らないといけないのですが、長さが3㎝位になってしまっては、しっかり握ることが出来なくなるからです。

書道の墨だって使いきることが出来ないのと同じ。

もったいないけれど、小さくなったら捨てるしかないのでしょうね。

口コミで不評な理由が判明!こすりん棒は汚れが少ないと効果が出にくい

私の実家でもIHクッキングヒーターを使っています。

母が高齢なので、掃除に困っていると思い、先日「こすりん棒」を持って実家に行きました。

喜んでくれると思ったら「あまり汚れが取れない」と言うのです。まるで、あのネットの口コミのように。

確認のために自分でも磨いてみました。

たしかに、我が家のように「こすりん棒」が溶けてクリーム状になることがありません。

もちろん汚れが取れることもない・・・そもそも、我が家のように汚れがあまりないのですが。

しっかりした汚れがないと、「こすりん棒」が溶けることも無いのですね。

ネットで「効果がない」との書き込みは、そんな理由からかも知れません。

我が家のお気に入り「キッチンのコゲこすりん棒」は、しっかりした汚れがあるからお気に入りになったのかも知れません。

SNSでもご購読できます。