MSIゲーミングノートPC(GS60 6QE)のズバ抜けた性能

スポンサードリンク

ゲーミングノートPCならではの性能

最新のインテル第6世代Coreプロセッサーと16Gのメモリでファイナルファンタジーを含む高スペックのゲームでもなんなくこなせています。

特にFPSはPCのスペック次第で勝ち負けが決まりますので、このMSIで遊びだして3年ほどはほとんど負けなしです。

視覚もWideView液晶パネル搭載でとても画面がきれいます。

Wideで170°の視覚があるので、見る角度によって醜かったり色がでなかったりすることはありません。

ゲームだけではなく、もう1つの趣味の映画もこれでみれば十分に楽しめるし、テレビにHDMIで接続すれば4kも楽しむ事ができますのでゲームから映画までなんでも来いのパソコンです。

始めは同じ値段でデスクトップを買えば、さらにいい性能のものが帰るので正直迷いましたが、デスクトップはどうしても場所をとってしまい1ルームのマンションではじゃまになってしまいますのでノートを選択しました。

PCの起動はもちろんのこと各ゲームの起動の早さもずば抜けています。

スポンサードリンク

とくよく遊ぶのはSTEAMのボーダーランズ2やL4D2ですが、どちらゲームを起動まで5秒かかりません。

両方ともFPSですが、友だちと遊ぶ時も各エリアへの移動スピードが全然違うのいつも私が待っている感じですね。

やはりゲーミングノートPCで高価なものですので、選択は重要ですが、MSIをオススメしたいです。

この性能ならばノートPCでも大満足しています。

パフォーマンスでモードを選ぶことができる「SHIFT」が便利!

どんなゲームにも対応できるスペックをもっていますが、常に高パフォーマンスで稼動させるとやっぱりPC本体にも負担がかかりますので、パフォーマンスをさほど必要としないゲームでは性能を抑える事ができる「SHIFT」が超便利です。

Sport・Comfort・Greenの3つから選ぶ事ができそれによって消費電力にも差がでますので、適切なパフォーマンスで遊べるのがとても気に入っています。

このパフォーマンスの選択のおかけでPCも長持ちしますね。

冷却も優れていて、轟音で冷却することもなく静かに言えばクールにPCを冷却してくれます。

ゲームをしている時にファンが周っても気にならないほどの静かさで最初はびっくりました。

今では友達のデスクトップと並んでゲームをする時に友達のPCが急に轟音を鳴らしながら冷却するのにとてもびっくりします。

ゲーミングノートPCですので、持ち運びの時に電源も必須ですがそれでも6時間以上充電なしで遊べるのも魅力です。

GEFORCE GTX 970Mのグラフィックボードを搭載。

1000M以上ないのが少し残念ですが、970Mでも十分に最近のネットゲームに対応できています。

無理して1000M以上のグラフィックボード搭載のノートPCを数万払って買う必要があるのかなというくらいの性能があります。

さらにこの3つのモードによりファンの回転数やスピードを自動で調整してくれるのがとても便利です。

MSIのゲーミングノートPCのスタイリッシュなデザイン

ゲーミングのノートPCのイメージは大きく持ち運びも大変だというイメージをもちますが、MSIのゲーミングノートPCはスリムで持ち運びやすく便利です。

ゲーム専用というだけあって、キーボードの配置やボタンの押し易さがぴか一で同じ性能のゲーミングノートPCであれば断然ゲームの成果にも直結してきます。

MSIといえば「盾形のドラゴン」が有名で好みが真っ二つに分かれています。

どうしても気に入らない人は起動時のロゴを消したりしますが、私はこれがとてもすきなのでMSIをやめれません。

真っ黒なフォルムの上部にポツンと浮かぶ盾形のドラゴンとっても格好がいいと思います。

小まめに吹かないとホコリが目立つのがちょっとマイナス点かな。

最近流行のノートPCと比べれば、断然大きく持ち運びには不向きだと思いますがこの性能を持ち歩けると考えれば全然問題のない大きさだと思います。

バーチャル7.1CHサウランドのすごさを実感!

サウランドはNahimic バーチャルサウンドを搭載していますので、バーチャル7.1CHサウランドのすごさがわかります。

ゲーム中のキャラクターの足あとや、攻撃音など半端ない臨場感でとても楽しめます。

FPSなどによくある、適の足音も「ザッザッ」とよく聞こえ、臨場感満点の上勝ちに繋がります。

この臨場感は友だちに聞かせてもいつもびっくりします。

特にホラーゲームやホラー映画は最高です。

1人で見るが無理になるくらいの3Dサウランドで迫力がありすぎました。

ノートPCにこれだけのサウランドが詰まれていますので外部接続のスピーカーをつける必要もなく配線も入りませんのでとても気に入っています。

低音ブースとの調整も簡単でスライダーを動かすだけなのでゲームをしながら、映画をしながら調整できて便利です。

専用キーボードも不要!ゲーミングノートPCだからキーボードも使いやすい

キーボードにもショートカットを登録できるキーが搭載されていますので

サウンドの設定・ゲームの起動などをあらかじめ登録しておけば、自分だけのおりじなるPCになります。私はボーダーランズ2とL4d2の起動そしてサウンドの設定をショートカットに登録しています。

FPSには欠かせない「w/d/a/z」が押し易い設計になっていますので、一番気に入っています。

専用のキーボードを買う必要もありません。

なんにせよ私はこのMSIのGS60 6QEをおすすめします。

SNSでもご購読できます。