主婦や主夫の方必見!!残り物を活かした簡単に出来る節約術とは?

スポンサードリンク

捨ててしまいがちな残りものを活用して節約する方法

ご覧頂きありがとうございます。

家事って思っているより意外と大変ですよね…。

節約を上手くしなければ家計に響きますし、かといって家族に貧しい思いをさせたくない…。

そんな方立ち必見の簡単すぐにできる節約術をご紹介します!

①ただ捨てるなんてもったいない!米のとぎ汁の再利用

米のとぎ汁って1日に1回は出てくると思うんですが、皆さんはそのまま捨ててしまっていませんか?

そのとぎ汁、有効に使うことが出来るので捨ててはいけません!!

米のとぎ汁には栄養が沢山あります。

そしてそのリサイクル方法をご紹介します。

その1、コメのとぎ汁で洗顔

えっ?と思った方も少なくないと思います。

ですがこれは美容に使える便利な方法なんです!!

美白、くすみ、しみに効果的だということが証明されています。

方法は簡単です。

米のとぎ汁をペットボトルに保存して、洗顔をする際にとぎ汁と水を1:1?混ぜて、その水で軽く顔を洗うだけでいいんです!!

潜在しみなんかにとても効果がありますので、まずは1ヶ月、お試しすることをおすすめします。

スポンサードリンク

その2、コメのとぎ汁で床や机を拭くとワックス効果

これもまた驚かれる方も多いと思うのですが、とぎ汁にはワックスと同じような

輝きを出す成分が含まれているんです。

食卓のテーブルなんかには特にオススメです。

アルコールとは違い誰が口に入れてしまっても全く無害だからです。

そしてホコリを寄せ付けなくなる効果もあるそうなので、一度試されてみてはいかがでしょうか?

その3、コメのとぎ汁でお皿洗い

よく水道代の節約で、シンクに洗い桶を置いて水を貯め、

そこに使用済み食器を浸け置きして洗う、なんていう方法を耳にしませんか?

その桶に入れる水をとぎ汁に変更するだけでいいんです。

コメのとぎ汁によって汚れが落ちやすくなると共に、無駄に水を貯める必要がなくなるので一石二鳥ですね♪

②野菜の皮は捨てちゃダメ!意外な活用方法がある!

野菜の皮ってなんとなく剥いて捨てたしまう方、結構多いと思うんですよね。

虫がついてたかも知れないとか、土や泥を落とすだけじゃ不安という方もいると思います。

ですがそれ、もったいないです!!

実はほとんどの食べ物には皮や皮に近い部分に栄養が多く含まれているんです。

人参やごぼう、じゃがいもやアスパラなんかは、捨てなくてもそのまま利用してしまってOKなんです。

そしてジャガイモの皮なんですが、これは掃除に使うととてもいいんです!

もし皮を剥いてしか作れないレシピがある際は、余った皮でシンク掃除をすることをおすすめします!

もしくは古くなった揚げ油に入れて素揚げしてしまうことをおすすめします。

古くなった油も少し改善する効果があるんですよ♪

③揚げ物の余りのパン粉や卵液を有効活用!

皆さんはフライなんかを作った際に余ってしまった衣の材料どうしていますか?

私は今まで普通に捨ててしまっていました…。

ですがそれ、もったいないです!!

例えばフライでパン粉、小麦粉、卵が余ったらそれを全て混ぜてしまいます。

そして粉チーズ何かを入れて軽く味付けして、フライと一緒に揚げてしまうなり、

フライパンで焼くなりしてソースをかければちょっと貧乏臭いですが美味しくいただけますよ♪

④ガス代節約のコツ!二人暮らしで1500円にできた秘訣は?

ガス代は毎日料理をしてお風呂に入っていれば当然高くついてしまうものなんですよね。

どうしたら安くなるんだろうと思った方も少なくないと思います。

ですが私はある方法を駆使してふたり暮らしでガス代を一ヶ月1500円にすることが出来ました!

その方法をご紹介します!

その1、ちまちま料理をするよりどかっと1皿料理!

つまり小鉢をたくさん出すより大皿を出そうということです。

小鉢料理を出すということは、それだけガスを使う頻度が高くなるということになります。

もちろん栄養バランスも大切なんですが、野菜炒めを作ったり、サラダでガスを使わなかったりとそこは沢山工夫の使用があるんです。

時間が無い方なんかにも大皿料理はオススメですよね!

その2、時間に余裕がある時は火を止めて加熱!

お味噌汁や煮物ってずーっと弱火で火を通したりと意外とガス代を食うんですよね…。

そして私が編み出したのは、一度沸騰したら火を止めて余熱で加熱する

という方法になります。

そんなんで火が通るのかと思われると思います。

もちろん1度で火が通るものと通らないものがあるのですが、1度で火が通らなければ、火を止めて10分後くらいにまた一度沸騰させ火を消すだけで結構火が通るんです!

無駄に煮汁を多く使う必要もなくなりますし、普通に調理したのとさほど変わりは出ません。

むしろ荷崩れを防げるので是非1度お試しください♪

その3、湯船はいつも半身浴

よくシャワーを30分浴びるのであれば、湯船に湯を張る程の量と変わらないということを聞きますが、湯船に張った湯の量で髪や全身を洗い体を温められるか?

って事になるので余りこの説は節約とは関係ないなとわたしはおもうんですよね…

シャワーなら体を温めながら洗えますから…。

湯船よりシャワーのみの方が安くすみます。

それでもやはり冬場なんかは耐え難いので、湯船には半分程のお湯しか張らずに浸かることをおすすめします。

半身浴は健康や美容にもいいとよく言われるほどで、もちろんきちんと汗もかくので全身浴とさほど大差はないんですよ。

ご家族で一緒に入られる方なんかはお湯の量をもう少し少なくしてもいいですね!

人が浸かればその面積の分だけお湯のかさが増しますので、浸かってみたら溢れちゃった!もったいない!

なんてことを防げるわけです。

いかがでしたか?

参考にしていただけると光栄です。

SNSでもご購読できます。