コスパ最高!コストコのルイボスティー4箱セット

スポンサードリンク

アンチエイジングに最適!ルイボスティーが奇跡のお茶と言われるゆえん

ルイボスティーの美容効果として有名なのが、ポリフェノールを多く含むということです。

体を酸化させて老化を促す活性酸素を除去してくれる効果が、近年になってどこでも耳にするポリフェノールですが、ルイボスティーには「フラボノイド」という抗酸化成分が豊富に含まれています。

その効能は多岐にわたり、女性に嬉しいお肌の美容効果はもちろんのこと、抜け毛や生活習慣病にも効果のあることが確認されています。

さらに、近年注目されているハーブディーによる花粉症の症状緩和もルイボスティーには当てはまり、辛いアレルギー症状を抑えることが分かってきました。

ルイボスティーはカフェインゼロだから妊婦でも飲める

さらに嬉しいのがカフェインゼロであること。

寝る前にカフェインを摂りたくないときはもちろん、子供や妊婦でも飲めることは嬉しいポイントです。

スポンサードリンク

特に妊娠中は栄養分を胎児に取られることから美容に悩まされたり、腸が圧迫されることで便秘に悩まされる事が多いもの。

ルイボスティーはB1、B2、Cなどのビタミンが豊富で、かつ鉄分も豊富なことから、妊娠時の貧血対策としても積極的に取り入れたいものばかりです。

さらにルイボスティーには便秘解消の効果もあります。

その成分に含まれるマグネシウムが腸内の水分を集めて排便を促すことや、抗酸化作用によって腸内の悪玉菌を除去する効果があるので、妊婦にとっては嬉しいことばかりです。

毎日飲みたいルイボスティー、気になるコストは?

いいことづくしのルイボスティーですが、毎日飲む場合に気になってくるのがそのお値段です。

通常ルイボスティーを日本のスーパーや紅茶専門店で購入すると、25g程で400~500円くらいが相場です。

1つのティーパックが2.5gだとしても10回分しかありません。

400円の商品だったとすると単価にして1つが40円になりますので、家族で毎日飲むとすれば、決して安い金額とは言えません。

夏場などは麦茶の代わりにルイボスティーを冷やして飲めば消費量もずいぶん増えますので、かなりのパックを消費することになってしまいます。

安すぎてもう他では買えない!コストコのルイボスティー

そこで登場するのが「コストコ」のルイボスティーです!

皆さんは「コストコ」ってご存知でしょうか?

アメリカはシアトル発の会員制大型スーパーマーケットです。

1999年に日本に上陸してからよくテレビや雑誌でも取り上げられているので、一度くらい耳にしたことはあるのではないでしょうか。

知っているどころかすでに会員です、という方も多いと思います。

そのコストコユーザーの中でもかなり有名な商品が、「CARMIEN(カーミエン)ルイボスティー400g」です。

コストコが進出してから途中でパッケージが変わったりはしていますが、長年ユーザーに愛され続けているロングセラー商品です。

1箱に40パック入ったものが透明ビニール包装で4箱くっついているのですが、箱を開けると銀色の包装に包まれた茶葉のパックが入っています。

パックは紐がついているタイプではなく、6センチ位の平たい四方形をしています。

よくある麦茶のパックなどを小さくしたようなものです。

注目すべきはそのコストパフォーマンスの良さ。

なんと、100g4箱セットで600円~700円という価格で購入できるのです!

1パック40円の市販品と比べると1パック4円ほどの計算になり、その価格は10分の1となりますからかなりお得なのが分かります。

コストコは海外のスーパーですので、その時々の為替レートによって商品の値段が変わってくるのですが、このルイボスティーは低価格ということもあり基本的に大きな変動もなく比較的安定した価格で購入できるので嬉しい限りです。

一度この値段で購入してしまうと、もう他では購入できないほどのコストパフォーマンスではないでしょうか。

コストコのルイボスティー、気になるお味と飲み方は?

コストコのルイボスティーは海外スーパーの特徴の一つでもある大容量の400gで、回数にすると160パックあります。

一つのパックが2.5gですので、そこは通常の市販品と同じです。

原産は南アフリカ共和国で、商品名が「有機ルイボス茶」となっており、パッケージの表示にはオーガニックの文字が記載されています。

実際に飲んでみると、大容量の商品にありがちな味の悪さもなく、スーパーなどで売っている他のルイボスティーと比べても、香りや味はいたって普通のルイボスティーです。

ルイボスティーの飲み方は一般的にはかなり濃く抽出したほうが良いとされており、通常はティーカップ1杯に対して1パック使用しますが、コストコのルイボスティーは1つのパックでも濃く抽出することができるので、ヤカンに1~1.5Lほどのお湯を沸かし、そこに麦茶パックのように1つ入れて抽出しても充分に濃いルイボスティーが出来上がります。

そのまま麦茶ポットに入れ替えて冷蔵庫で冷やして飲むこともできます。

その際にいちいちパックを取り出さずとも入れっぱなしにしておいても大丈夫です。抽出しすぎて苦味が出るということもありません。

手間もかからない上にコストも良く、さらに健康にいいとなれば、もう手放せない商品なのがお分かりいただけると思います!

SNSでもご購読できます。