これぞ神アプリ!音楽好きなら「シャザム」をダウンロードしてみよう!

スポンサードリンク

「Shazam」は無料でダウンロードできるアプリで、使い方も簡単!

街中では様々な音楽が流れています。

テレビやラジオで音楽を耳にするだけでなく、喫茶店や居酒屋、職場、電車、バス、ホテルのロビー、病院…etc。

「あれ?!この音楽昔聴いてた曲だけどなんて曲だっけ?」、「初めて聴く曲だけど、誰が歌ってるか気になる」。

なんて経験をした人はたくさんいるのではないでしょうか。

そんな人にオススメなのが、「Shazam」というアプリ!

「Shazam」のオススメポイントとのひとつとしては、完全無料アプリだということです。

使用中に課金を迫られることだってありませんし、起動時に無駄な広告などが表示されることもなく、イライラすることなく、スマートにアプリを楽しむ事が可能です。

使い方も“超”が付くほど簡単で、気になる曲の音源の前(音が鳴る近く)でアプリを起動して、スマホをかざすだけ。

それだけで「Shazam」が数秒で自動的に音楽を聴き取り、曲名と歌手を表示してくれます。

スポンサードリンク

また、その曲が収録されているアルバムや、アーティストのライブ情報なども教えてくれるので、曲名だけでなく、より詳しく詳細を確認することが可能です。

「Shazam」は気にいった曲の動画だって確認することができる!

「Shazam」で調べた曲は、ほとんどのケースでYouTubeと連動しています。

ワンタップでアーティストの動画もチェックできるので、公式チャンネルを持っているアーティストなどの場合、ライブ動画、プロモーションDVD動画なども確認することが可能です。

もちろん、気に入った曲はその場で購入することも可能!

「Shazam」の良い点として、「iTunes」に完全リンクしていることがあげられます。

この曲をダウンロードしたいと思えば、そのまま「iTunes」に移動して、購入画面に進むことが出来ます。

お気に入りの楽曲をたくさんダウンロードして、お気に入りのプレイリストを作成してください!

もちろん、ここから先は「iTunes」の画面に切り替わりますので、購入には課金が必要になります。

「Shazam」には貴方が検索した曲が自動にストックされる

「Shazam」で検索をした曲はタブに残るので、貴方が過去に調べた曲が簡単に分かります。

聴き直すことも出来るので、ひとまずタブに入れておいて好きな時にダウンロードすることが可能です。

もちろん、ダウンロードしなくてもOKですので、友達に教える時に使ったりすることも可能です。

一度出会った名曲は忘れたくないものですよね。

「Shazam」を上手に活用して、音楽の知識をドンドン増やしていってください。

私は、気になる曲を忘れないように「Shazam」のタブにずっとストックしています。

「Shazam」は洋楽、邦楽を問わない豊富な検索ツールです

「Shazam」は、邦楽だけでなく、洋楽の検索にも優れています。

世界中の音楽を網羅してくれているので、ほぼ100%の確率で楽曲を知ることが可能です。

CDとして発売されていない楽曲だって検索してくれますので、きっと貴方が知らなかったアーティストに出会えることでしょう。

カヴァー曲の検索も忠実で、カヴァーしている側(歌っている側)の曲を教えてくれます。

ですので、オリジナルを知っている曲で、「これ、誰が歌ってるの?」なんて疑問も簡単に解決することでしょう。

もちろん、オリジナル曲を検索したいのであれば、オリジナルの楽曲を「Shazam」で検索する必要があります。

世界中の音楽を数秒で知ることが出来る無料アプリが「Shazam」です。

是非、音楽好きな人はこのアプリをダウンロードされてください。

また、ダウンロードして使用していると、様々な面白いポイントを発見することが出来るでしょう。

例えば、貴方が検索した楽曲を同じように検索した人がどの位いるのか。

どの地域でよく検索されているのか。

こんなユニークでコアな情報を提供してくれるのも「Shazam」の良さだと言えます。

私は、iPhoneを使っていますが、機種変更の度に真っ先にこのアプリをダウンロードしています。

もともとは、友人にオススメされたアプリなんですが、今では無くては困る程に大活躍しています。

主な使い方としては、喫茶店で気になる音楽が流れれば、スピーカーの近くに足を運び、「Shazam」を立ち上げて検索。

ラジオで流れてきた懐かしい音楽を「Shazam」を立ち上げて検索。

という使い方で、気に入った曲をタブに保存して、後日ダウンロードして音楽を楽しむというスタイルで活用しています。

また、こんな曲「Shazam」だって検索不可能だろうと思った曲を検索してみたりもします。

結果的には、殆どのケースで、しっかり検索してくれて曲名を教えてくれるので正直、驚きです。

3年以上使い続けていますが、検索出来なかったけーすは数える程です。

最後に、「Shazam」は鼻歌などでは検索してくれないので、自分で歌って聴かせるという使い方はNGになります。

また、周りの雑音(話し声等)がヒドイと、聴き取れないこともあるので、出来るだけ音源の近くでアプリを起動するのがコツです。

SNSでもご購読できます。