栄養満点の雑穀!高きびを普段の食生活に取り入れよう!!

スポンサードリンク

栄養満点!雑穀・高きびは「ももたろう」のきびだんごの原料!

海のミルクは、牡蠣。

森のバターは、アボカド。

では、畑のビーフは…?

高きびという雑穀をご存知でしょうか?

高きびはアフリカで栽培されている、赤茶色のお米か、お米より少し大きいくらいの雑穀です。

昔話「ももたろう」に出てくる「きびだんご」は、このきびを粉にして団子にしたもの言われています。

きびだんごは一粒食べると百人力。

それだけ栄養があるという例えでしょうが、実際にこの高きび、ものすごく栄養があります。

白米と比べ、食物繊維は20倍、鉄は10倍。まさに百人力のきびだんご。

私も妊娠中の便秘と貧血対策にお世話になりました。

高きびの購入場所と、料理に使う前の準備について

さてまず高きびですが、スーパーに売っているところは少ないと思います。

インターネットで気軽には買えますが、私は近所に古くからの薬局があり、マクロビの方が求めるような商品が置いてあるコーナーで発見しました。

スポンサードリンク

値段は200gで600円強。

続けるには少し値段が張りますが栄養は抜群。

しかも一つの料理にしか使えないというわけではなく、色々な料理に取り入れることができます。

代表的なものでいうと、ひき肉料理です。

高きびはどの調理をするにも、そのままでは食べることができません。

調理前に一度炊かなければならないのですが、炊いた後は冷凍保存もできるので、何に使うか決めていなくてもとりあえず炊いて保存しておくことをおすすめします。

思い立った時に好きな料理に使うことができ、料理の幅も広がります。

炊き方は何通りかあり、代表的なものを挙げれば何時間か浸水させておいて炊飯器で炊く方法、浸水させずに圧力鍋で炊く方法があります。

私は手軽なので、いつも圧力鍋で時間のある時に炊いてしまいます。

炊いている最中から、大豆を煮ている時に似た、豆のふんわりしたいい香りがします。

高きびの炊き立てもふわっと穀物の香りがして、蓋を開ける瞬間が好きです。

代表的な高きびを使ったメニューをご紹介

上記にひき肉料理が得意と挙げましたが、具体例を挙げるとハンバーグやマーボー豆腐です。

肉の代わりに入れますが、ひき肉と違いつぶれたり粘りが出るわけではないので、つなぎが大切です。

卵やパン粉なども使い、自分の扱いやすい程度にしておかないと、ハンバーグは成型が難しかったです。

くっつかないように卵を多めに入れ成型したのですが、焼くとフライパンにひっついてしまい焦げやすくなるので、成型した後は何時間か冷蔵庫で固めてみました。

元々炊いてある高きびを使ってあるので火の通りはそんなに気にしなくてもいいですし、このやり方ですとハンバーグはうまくいきました。

味ですが、私は完全にひき肉と思って食べてみたのですが、やはり味は違います。

食感も肉と言うよりは雑穀の「キュッ、キュッ」とした食感で、ハンバーグを期待すると違いますが、これはこれで美味しかったです。

満足感もあり、お弁当にもよく使用しています。

ひき肉の様に使いたいのであれば、マーボー豆腐などのとろみのある料理の方が良いと思います。

肉の代わりに炒めて豆腐を入れ味をつけとろみをつけ…とやってみたのですが、美味しかったです。

他にも、カレーにも入れてみました。

見た目は完全にキーマカレーですし、食感も楽しく、満足感がありました。

ハンバーグでは「肉じゃないね」と言っていた家族でしたが、カレーの時は言うまで気付きませんでした。

また、高きびは麹と混ぜて発酵させると、チョコレートのような甘みを持つデザートになります。

ネットではキャロブ粉を纏わせてトリュフの様なスイーツに仕上げる方法が載っていましたが、高きびだけでも十分甘く、美味しく食べられます。

子供はチョコレートが大好きで、親としてはあまり与えたくありませんでしたが、これは味もチョコレートと似ていますし栄養もたっぷり。

今では高きび料理も作りますが、高きびを購入するとほとんど発酵させ、デザートにしてしまいます。

高きびを食べ始めてから便秘や貧血に効果があった!

便秘が治ってきています。

もちろん水分を摂らないなど根本的な原因がある時は出ない時もありますが、高きび料理を取り入れ始めてから明らかに便の出る日が増えました。

元々便秘気味の私にとって高きびはスーパーフードです。

子供を出産して貧血もひどかったのですが、食べ始めて数か月、数値も正常範囲内に収まってきました。

きっと他に食生活を変えたわけではないので、高きびが効いているのだと思います。

私はベジタリアンではありませんので、肉も魚も食べますが、たまにこれも取り入れてみたらどうだろうと色々な食材を検索します。

今回は、それが高きびでした。

これだけにこだわることなく色々な食材を取り入れることで食卓が豊かになり、子供の食育も素晴らしいものになっていきます。

こういった珍しい食材は多少値段が高く躊躇することもあるでしょうが、身体の為を思って取り入れると、健康への新たな道が開けるかもしれません。

この記事を読んで、高きび試してみようかな?と思って頂けたら嬉しく思います。

SNSでもご購読できます。