山梨で美味しいものをたべたい時にぜひ足を運んでほしい3つのお店

スポンサードリンク

甲府駅前にあるチリンドロの焼き立てピザ

甲府駅から徒歩5分もかからない場所にあるイタリアンのお店です。

お店の外観もシンプルながらとてもおしゃれで女子は特に喜びそうな外観です。

全面ガラス貼りなのでディナータイムも店内から漏れる照明がいい雰囲気を醸し出しています。

店内はテーブル席がいくつかあるのと、奥に個室がひとつあります。

客席から厨房が見え、大きなピザ釜があって自分がオーダーしたピザが目の前で焼けるのを見ることができます。

子連れランチで利用した際も子供はピザ釜をじ~っと見て、自分のピザが焼けあがった時にはとても嬉しそうな顔をしていました。

お味の方ももちろん美味しくて、正直私はピザをそこまで好まないのですが、ここのピザはまた食べに来たいと思える美味しさです。

ピザ意外のお料理や接客もとてもいいと思います。

スポンサードリンク

週末などは予約がいっぱいになったりするので、もし予定が決まっているなら早めの予約をおすすめします。

イタリアン「イルポッジョ」で最高の景色を見ながらランチ

山梨県の市川三郷町にあるイタリアンのお店、イルポッジョ。

こちらの売りは何と言っても最高の景色です。

もちろんお料理も季節のこだわりが感じられてとても美味しいです。

場所が少し不便なので車は必須ですが、わざわざ行く価値があるお店です。

近くに結構有名な『みたまの湯』があるので、お湯とグルメを楽しむという目的で行くのもいいかと思います。

ランチもディナーもどちらもおすすめです。ランチは1500~2500円と選べ、2500円になると前菜、パスタ等の他にお魚かお肉料理が選べます。

お昼から豪華に行きたい時は2500円のコースを選ぶのもいいかと思います。

このエリアはヤングコーンなども有名で、旬の時期になるとコースの中にヤングコーンの冷製スープなどもメニューに入っていて、旬を感じるランチをいただくことができます。

アラカルトメニューも充実していて、ディナータイムなどはきれいな夜景を眼下に眺めながら、美味しいお酒と美味しいお料理をいただくことができます。

オープンエリアのテーブル席もあり、季節がよければ(勝手に名づけて)天空ランチなんかも楽しめます。

いつもランチタイムはOPEN前からお店の前で待っている人もいたりするので、予約をしていかれることをおすすめします。

「イタリアンダイニング コネル」で気のおけない仲間とディナーを

山梨県の昭和町常永にあるイタリアンダイニング コネル、山梨大学医学部目の前のテナントに入っている小さなお店です。

居ぬき物件をオーナーご自身でリフォームされたそうです

座席数もそんなに多くなく、店員さんもいい意味で気の抜けた感じがあって、肩ひじ張らずにお食事が楽しめます。

カジュアルな雰囲気ながらお料理は本格的で何を食べても、きちんと作られている、盛り付けられている、考えられているといったことを感じることができます。

店員さんも当たり障りない接客ながら、お酒の種類を聞いたり、お料理について質問すると本当に詳しく教えてくださいます。

主人がワインをいただくので、あれこれワインのメニューをみているとワイン飲み比べセットというのがあて、白と赤それぞれ3種類ずつワインの飲み比べを楽しむことができます。

他ではあまりないメニューだなと思います。

自家製ドレッシングも販売されていて、そのラベルの後ろに小さく注意書きで『少なくなりましたら、なるべく早くご来店ください』と書かれていたり、店内のアチコチにオーナーさんのユーモアのセンスが見られて、毎回『クスッ』と笑ってしまいます。

3つの中でも個人的おすすめは「コネル」!その理由は?

3つのお店の中で私は個人的に『コネル』さんをお勧めします。

過剰なサービスもなければ、ぱっと見こじんまりしていて、ぱっと目を引く感じではなく、外観のおしゃれさ、店員さんの愛想の良さで言えば『チリンドロ』景色の良さで言えば断然『イルポッジョ』なんですが、居心地の良さやお料理のこだわりや美味しさ、コスパ、店員さんの愛想のなさ(いい意味で(笑))からちょっと想像つかないユーモアのセンスなどなどトータルでひきつけられるお店です。

(あっ、店員さんの事無愛想と書いてますが、話しかければフランクに話をしてくださいますのでご安心を)

ランチタイム、ディナータイムどちらもおすすめできますが、私はディナータイムに家族でまったり利用させていただいています。

主人はワインを好んでいただくので、ここでいただくお料理とワインのマリアージュを楽しみながら、その雰囲気を楽しむのが好きなようです。

我が家は各地を転々とする転勤族なので、赴任地でお気に入りのお店を見つけると、とてもホッとして自分たちの居場所を見つけたような気持ちになり、何度も通ってしまう傾向にあります。

また次の転勤まで何度行けるかわかりませんが、この地を離れる時には必ず最後に行きたいなと思う思えるお店です。

SNSでもご購読できます。