手軽に使えるゆたんぽ「ゆたぽん」を愛用中!ゆたぽんのメリットとは?

スポンサードリンク

レンジでチンするお湯いらずのゆたんぽ「ゆたぽん」

私はゆたぽんという商品にはまっています。

以前から使用していたのですが、今はなくてはならないものです。

これはゆたんぽなのですが、お湯を入れるのではなく電子レンジで温めて使うもので、私は寝る際に毎晩使用しています。

最近ではテレビでも紹介され始めたり、ドラッグストアにも売っていたりするのでご存知の方も多くいらっしゃるかと思います。

ここではそのいち愛用者として、ゆたぽんを使うメリットをいくつかご紹介したいと思います。

ゆたぽんのメリット①7時間持続する温かさ!

まず、その効果が長持ちする点です。

7時間持続するとされ、寝るときに使う場合は寝付くまできちんと温めてくれます。

私の場合は極度の冷え性でなかなか寝付くことができなかったのですが、ゆたぽんを使うようになるとかなり寝つきが良くなりました。

スポンサードリンク

カバーも付いているので火傷の心配もなく、自分の冷えた部分を直接温められるのでとても便利です。

さらに途中で寒くて目覚めることもないので、布団の中全体を暖かくしてくれているのだと思います。

どうしても冷え性の方は丸まって寝ていて翌朝身体がガチガチになっているという経験をしがちだと思うのですが、布団全体が暖かいと伸び伸びした姿勢で眠ることができてオススメです。

以前私は電気毛布やこたつでそのまま寝てしまうことが多く、また防寒として靴下を履いたまま寝ることも多かったです。

しかしそういった製品をつけたまま寝るのは危ない上に電気代もかかるので、こちらの方が安心して使えるなと感じています。

靴下を履いたまま寝るのも足の裏から熱を発散できないため体温調節ができず、余計に冷え性を悪化させると聞いたことがあります。

その点で靴下を履かずとも温かく眠れる商品はやはりありがたいです。

ゆたぽんのメリット②何度も使えるコストパフォーマンスの良さ

また、繰り返し手軽に使えることもメリットのひとつです。

カイロだと特に手間もなく便利なのですが使い捨てになってしまうのでもったいないですし、今までのゆたんぽは繰り返し使えるもののお湯を沸かさなければならないので少し面倒でした。

お湯が冷めてしまえばその効果もなくなってしまいますし、その点でもゆたぽんを使ってよかったなと感じます。

中はゲル状のものが入っていて、長い間使っていると固くなってきます。

袋にも細かくシワが入ってきて、特に使用期限があるわけではないと思うのですが「替え時かな」というのが分かります。

ただそれも何年も使ってのことなので、他の温めグッズを使うよりもコストパフォーマンスが良いと断言できます。

匂いもないので、特に飽きがくることもないです。

冷え性の場合は改善できるのが一番理想ですが、お風呂から上がってすぐにゆたぽんを使用すれば夜は冷え知らずだと思います。

ゆたぽんのメリット③サイズやバリエーションが豊富になった

さらに、最近では大きいサイズが発売されたことです。

私が小学生の時に使っていたゆたぽんはオリジナルキャラクターがカバーになっていて、かわいくてお気に入りだったのを覚えています。

今ではそのかわいいカバーバリエーションがあるかは分かりませんが、シンプルなオレンジ色のカバーのものを買ったのですが、サイズ違いが展開され始めたことに驚きました。

大きいものを使ってみましたが、こたつで寝るような気持ち良さがあり大満足でした。

ゆたぽんの上に足を乗せたり抱きまくらのようにして使ったりと、この大きいサイズなりに好きなように使えるので、冷え性のひどさや使う用途によって大きさが選べるのはとても良いなと思います。

複数持っている私は全身暖かくして眠れるのですごく助かっています。

ゆたぽんのメリット④温度はレンジの温め時間で調節できる

温度の調節が自分でできるのもゆたぽんのいいところだと思います。

お湯を入れるとどうしても一定の温度のゆたんぽにしかならず、逆にぬるま湯を入れるとその効果は一時的なものになってしまいます。

しかしゆたんぽは電子レンジで温めるので、その温度を秒ごとに温める長さで調節することができるのです。

実際に書いてある時間通りに温めてもなかなか一部が不十分なこともあるので、その場合は10秒ずつ足して温かさを調節するように書かれています。

大きいサイズの場合は裏表でひっくり返す手間がありますが、その分調節できる幅も広くより自分に合った温度で快適に使えるのではないかと思います。

レンジのある環境ならどこでも使える!冷え性にピッタリのアイテム

ゆたぽん自体お手頃で気軽に買える温めグッズだったのでいくつか購入していますが、これは暖房代やこたつ購入費など防寒のためにかかるお金を総じて考えるとかなりお得に使えるのではないかと思います。

私のように酷く冷え性の方は家にいてもお風呂上がりでもやっぱり寒く感じてしまうので、尚更大助かりです。

寝る際のことを中心にご紹介しましたが、もちろん家の中やオフィスでも、電子レンジのある環境ならどこでも使えるものかなと思います。

冬場寒くてつらい思いをしている人や冷え性になりやすい女性などを中心に、是非多くの方にオススメしたい商品です。

SNSでもご購読できます。